【徹底解説】ウォーターサーバーの魅力と導入までの知識総まとめ

ウォーターサーバーについて知る
 
水の安全性への関心が高まってからというもの、ウォーターサーバーを導入する家庭が増えてきました
自宅にいながら安心・安全な水を飲める、冷水と温水がすぐに使えるというのが最大のメリットではありますが、まだまだウォーターサーバーにはさまざまな魅力があります。
興味があるけど、よく知らないから導入するのは迷っている、という方は、ここでウォーターサーバーへの疑問を解消して、自分に合った最適なウォーターサーバーを見つけてください。

 

この記事で分かること(目次)

1. ウォーターサーバーを導入するメリット

「ウォーターサーバーって何が良いの?」という方のために、ウォーターサーバーを導入する六つのメリットをご紹介いたします。

2. ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーを導入するにあたって知っておきたい、水とウォーターサーバーそれぞれについての基礎知識をまとめました。

3. ウォーターサーバーの費用まとめ

ウォーターサーバーを利用するのにかかる費用を、「お水の料金」「サーバーレンタル料」「電気代」の三つのポイントから解説しています。

4. 家族構成別、おすすめウォーターサーバー

どのようなライフスタイルかによっても、最適なウォーターサーバーは違います。ここでは、家族構成別におすすめのウォーターサーバーをご紹介いたします。

ウォーターサーバーはなぜ人気?導入する六つのメリット

導入前に確認!ウォーターサーバーを使う目的は?

ウォーターサーバーの普及が進んでいる理由は、水の質が良いから、ウォーターサーバーが便利だから、というだけではありません。
では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではウォーターサーバーを導入する六つのメリットについて見ていきましょう。

1.安全でおいしい水を飲める

ウォーターサーバーを導入するキッカケとしては、安全性が高い水を飲めるから、というのがもっとも多いかと思われます。特に、お子さまのいるご家庭や妊婦さんなどは、口に入れるものには気を使いたいですよね。

ウォーターサーバーがあれば、自宅にいながらおいしくて安全なお水を飲むことができます。ウォーターサーバー会社では定期的に水質検査を行い、ホームページ(HP)上で検査結果を公開しているところもありますので、ご家族みんなで安心して飲むことができるでしょう。

 

2.水を買いにいく手間や負担が無くなる

飲用水として、スーパーやコンビニで売られているミネラルウォーターを購入している方も多いのではないでしょうか。 男手があればまだしも、女性が何本ものペットボトルを持ち運ぶのは重労働です。重たいものを持つのが危険な妊婦さんならなおさらですね。

その点、ウォーターサーバーはお水のボトルを自宅まで届けてもらえるのでこういった負担や手間がかかりません。 定期的に届けてもらうこともできるので、「買い忘れてしまって足りない!」なんてことも
残りの量を気にする必要も無くなります。

3.赤ちゃんの調乳にも役立つ

ウォーターサーバーが赤ちゃんの調乳に適しているといわれる理由は、水とウォーターサーバー、両方の視点からいうことができます。

日本のウォーターサーバーがお届けしている水は、軟水がほとんどです。硬水は赤ちゃんにとって負担になってしまいますが、軟水であれば問題なく使うことができます。より純度の高い水を使いたい方であれば、RO膜というフィルターを通して不純物をカットしたRO水を選ぶと良いでしょう

ウォーターサーバーが調乳に役立つのは、お湯を沸かす手間が省けるという点です。泣いている赤ちゃんを待たせること無く、温水を少し冷ますだけですぐにミルクが作れます。

 

4.コーヒーや紅茶、料理にも活躍する

すぐにお湯が使えるメリットは赤ちゃんのミルク作りだけに限られません。大人も、コーヒーや紅茶を飲むとき、お茶を淹れるとき、お酒をお湯割りで飲むときにも大活躍します。

コーヒーを飲もうと思ったとき、その一杯のためにわざわざお湯を沸かすのが面倒に思ったことのある方も多いはず。ウォーターサーバーなら、必要なときに必要な分だけお湯を使えます。新鮮な天然水や純度の高いRO水で作れば、ワンランク違うティータイムを過ごせるはずです。

また、軟水は日本食との相性が抜群。炊飯に使うとお米がふっくらと炊きあがり、だしをとれば甘みが強く濃厚なうま味を引き出してくれます。料理に使うのはもったいないと思うかもしれませんが、たまにはぜいたくに使ってみてください。普段とはまったく違う味わいに驚くかもしれません。

 

5.万が一のための備蓄水として

ウォーターサーバーの水ボトルは、災害時などいざという時のために備蓄水としてもぴったりです。 備蓄用として用意するべき水の量は、1日分で約3Lといわれています。これは、飲料用だけでなく、手を洗ったり、トイレを利用したり、レトルト食品を温めたりなど他の用途にも使うことを想定しての量です。

ライフラインが止まってしまうと1日で復旧できるとも限らないので、最低でも3日分の水を用意しておくことが推奨されています。これが、ご家族4人の場合となると3L×3日×4人で36L。市販で売られている2Lのペットボトルを備蓄しておくとなると、18本もの量を置いておかなくてはなりません。

これがウォーターサーバーの12Lボトルであれば、3本でOKです。家のスペースを取らないだけでなく、賞味期限の管理も簡単になります。 また、停電時でも水の供給ができるウォーターサーバーもあるので、導入の目的を備蓄用にと考えている方は、そういったサーバーを選ぶと良いでしょう。

 

 

6.お水を飲むことで健康・美容効果も

成人が1日に摂取するべき水分補給量は、約1.5Lとされていますが、現代人は適切な量の水分補給ができていない人が多いといわれています。
水分不足が続いてしまうと、身体にさまざまな不調が出てしまいます。

例えば、

  • ・疲労感が抜けない
  • ・便秘になる
  • ・肝臓機能が落ちる
  • ・生活習慣病にかかりやすくなる

などです。健康と水分補給は、密接に関係していることがわかりますね。

また、血流が悪くなることで新陳代謝が低下し、シミやくすみの原因になることもあります。美容のためにも、水分補給は欠かせないものなのです。

水を飲む習慣が無い方も、目に入るところにウォーターサーバーがあれば、意識して水分補給を行うことができるのではないでしょうか。 起床後、お風呂上がり、運動後、就寝前は身体が特に水分を必要としています。このタイミングには、積極的に水分補給をするようにしましょう。

 

 

導入前に確認!ウォーターサーバーを使う目的は?

一口にウォーターサーバーといっても、実にさまざまな種類があります。お水の種類、ウォーターサーバーの機能やデザイン、費用、配送システムなど、それぞれで異なります。あまりに種類が多いので、どれを選んだらいいのかわからなくなりますよね。

まずは、ウォーターサーバーを何に使いたいのかをはっきりさせることが、ウォーターサーバー選びの際にもっとも大切なことです。

  • ・おいしい天然水が飲みたい。
  • ・赤ちゃんの調乳、離乳食に使いたい
  • ・家族でたくさん飲むので、市販で買うのが面倒
  • ・健康のために良いお水を飲みたい。
  • ・オシャレなインテリアとして部屋に置きたい

このように、導入する目的は人それぞれです。目的によって、最適なウォーターサーバーも違います。
曖昧なままなんとなく選んでしまっては、導入後に後悔してしまうかもしれません。
「たくさん飲むから、できるだけ安いお水がいい」「赤ちゃんにも安心のお水があるウォーターサーバーにしよう」など、目的がはっきりとしていれば、どのようなウォーターサーバーを選ぶべきかがおのずとわかってくるはずです。

 

 

ウォーターサーバーの基礎知識-比較検討の際におさえておきたい六つのポイント

ウォーターサーバーの基礎知識-比較検討の際におさえておきたい六つのポイント

 

目的がはっきりしたところで、お水やウォーターサーバー、月額費用などウォーターサーバーの基本的な知識を知って、自分に合ったウォーターサーバーを絞っていきましょう。

 

1.ウォーターサーバーのお水が安全と言われる理由

家族で安全なお水を飲みたい、と考えている人にとって、ウォーターサーバーのお水が本当に安全なのかというのは重要なポイントかと思います。

各メーカーではそんな利用者の不安を解消するため、定期的に水質検査を行っています。 また、ボトルの洗浄や水をボトリングする工場においても、雑菌が混入しないよう徹底した衛生管理のもと、厳しい品質基準が設けられています。 こうした取り組みによって、おいしいだけじゃなく高品質なお水を提供できているのです。

2011年の震災以降は、放射能検査にも力を入れており、公式サイト上で検査結果を載せているメーカーもありますので、1度目を通してみてください。

 

 

2.お水の種類の違い

ウォーターサーバーが扱っているお水には、大きく分けて「天然水」「RO水」の2種類があります。

 

天然水

日本各地の名水地から採水したお水に最低限の殺菌処理を施し、天然ミネラルをそのままに自然本来のおいしさを味わえる水です。

コスモウォーターやフレシャス、プレミアムウォーターなどが提供しているお水がこの天然水で、採水地は「富士山」「南阿蘇」「日田」「京都」「島根」などがあります。それぞれで含有しているミネラル量が異なるので、その分味わいも違います。

1種類のお水を扱っているところもあれば、数種類の採水地の天然水を扱っていて好きなものを都度選べる、というところもあります。飲み比べをして、好みの水を見つけるのを楽しむのも良いでしょう。

 

 

RO水

RO水とは、RO膜(逆浸透膜)という0・0001ミクロンのフィルターを通して処理をしたお水のことを指します。 一般の浄水器では処理できないような、空気中の小さいゴミや粉じん、環境ホルモンまでも除去することが可能なので、とても純度の高いお水です。

ミネラルも一緒にろ過されてしまうため、天然水のような味わいではありませんが、その分まだ内臓が発達していない赤ちゃんの飲み水としてぴったりです。

また、クリクラやアクアクララなどは、RO水に後からミネラルを配合しています。純度の高さもおいしさもどちらも譲れない、という方は、そういったRO水を選ぶといいかもしれません。

 

 

3.ボトルの種類の違い

宅配水はワンウェイボトルかリターナブルボトル、もしくはパックに入ってお届けしています。それぞれにどんな違いがあるのでしょうか。

 

ワンウェイボトル

ワンウェイボトル
特徴 ・使い切りボトルなので衛生的
・水が減ると同時に圧縮されていくので、空気が入りにくい
・リサイクルゴミとして処分できるので回収まで保管する必要が無い
・基本的に運送会社による配達なので、日時指定ができる雑菌が繁殖しにくい

主なウォーターサーバー:コスモウォーターフレシャスプレミアムウォーター

リターナブルボトル(ガロンボトル)

リターナブルボトル
特徴
・ボトルを洗浄して再利用するので、環境に優しい
ゴミが出ない
・基本的に自社配送なので、不在時は指定の場所に置いておいてもらえる
・ワンウェイボトルよりもリーズナブル

主なウォーターサーバー:クリクラアルピナウォーターアクアクララ

ウォーターパック

ウォーターパック
特徴
軽量なので交換時の負担が少ない
ゴミがかさばらない
・真空パックは空気が入らないため水の鮮度を保つ

主なウォーターサーバー:フレシャス

リターナブルボトルは空ボトルを保管しておく場所が必要です。家のスペースを圧迫してしまうので、保管場所が確保できない場合はワンウェイボトルを選んだ方がいいかもしれません。

また、ワンウェイボトルは配送業者が、リターナブルボトルは自社配送の傾向が強いようなので、リターナブルの場合、宅配地域が限られていることがあります。自分の住んでいる地域が配送可能地域かどうかも忘れずにチェックしましょう。

4.ウォーターサーバーはどこに置けばいい?

ウォーターサーバーを選ぶときに重要なのは、まずは家のどこに置くかを決めることです。

料理にも使うならキッチンに、家族で使うなら共有スペースであるリビングに、健康を意識して就寝前や起床時に飲みたいのなら寝室になど、使う目的を考えながら場所を決めましょう。

また、設置する場所について、三つの注意点があります。 ・壁から10~15cmあける ・窓際や水槽の近くには置かない ・直射日光が当たらない場所にする 壁にくっつけて配置してしまうと、ウォーターサーバーに熱がこもり、故障の原因となります。壁から10~15cmは離しておきましょう。水がかかる可能性のある場所も同様です。

また、水ボトルに直射日光が当たると、雑菌が内部に繁殖しやすくなるようですので避けください。以上の点を考慮したスペースを確保しましょう。

 

5. ウォーターサーバーはどんなデザインがある?

 

床置き型と卓上型

ウォーターサーバーには床置き型卓上型があります。

どの部屋に置くかを決めたら、設置できるスペースに収まるサイズのウォーターサーバーを選びましょう。お部屋の雰囲気やインテリアの色とマッチするデザインのものを選ぶと良いですね。

ここで注意なのが、床置きと卓上のサイズの大きな違いは「高さ」であり、横幅や奥行きにそれほどの違いは無いということ。

例えば、フレシャスの「SIPHON+(サイフォン プラス)」を見てみると

床置き型 (幅)30cm(奥)34cm(高)122・5cm
卓上型 (幅)30cm(奥)34cm(高)77・5cm

と、横幅と奥行きに関してはまったく一緒のサイズです。 床置き型を置けるスペースが確保できない、といった方は、棚やテーブルの上に置ける卓上型が良いと思います。ただし、そうなると水ボトルをセットする際に高く持ち上げなくてはならないので、女性が交換するとなると負担が大きいかもしれません。

 

女性に優しいウォーターサーバー

女性が扱いやすいサーバーを探すのであれば、お水のボトルをセットする位置がサーバーの下部にあるデザインのものがおすすめです。

重たいボトルを持ち上げる負担が無いので、ストレス無く交換することができます。

 

メーカー名・ウォーターサーバー名 レンタル料
コスモウォーター

無料
フレシャス

900円 / 月
(購入:1388円 / 月(36回分割払い)
5万円(一括払い))
プレミアムウォーター

1000円 / 月

 

 

6.ウォーターサーバーにはどんな機能がある?

ウォーターサーバーは冷水と温水を出せるだけと思っていませんか?最近は、暮らしに便利なさまざまな機能が搭載されたウォーターサーバーもたくさんあります。

ウォーターサーバーをデザインで選ぶのも良いですが、機能にも注目してみてください。

ここで、ウォーターサーバーにはどのような機能があるのかを見てみましょう。

 

冷水・温水機能

どのウォーターサーバーにもある、もっとも基本的な機能がこれです。

冷たい水と温かいお湯がすぐに出るので、水分補給はもちろん、コーヒーや紅茶を飲むとき、カップラーメンを作るとき、赤ちゃんのミルクを作るときなど、日常のさまざまな場面で活躍してくれるはず。この便利さが、一度ウォーターサーバーを使い始めたら手放せないといわれるもっとも大きな理由でしょう。

 

お子さまがいるご家庭でも安心の「チャイルドロック」

ほとんどのウォーターサーバーは、小さいお子さまが簡単にお湯を出す操作ができないようチャイルドロックが装備されています。

ウォーターサーバーが家に導入されれば、どうしてもお子さまの興味を引いてしまいます。いろいろと触っているうちにお湯が出てしまい、やけどを負ってしまったら大変ですよね。お子さまのいるご家庭であれば、チャイルドロック機能は不可欠です。

コスモウォーターの場合、ボタンを押しながらのみ温水が出せるようにできたり、全操作がロックできたりと、利用シーンに合わせて種類を変えられるのチャイルドロック機能が搭載されています。従来の温水チャイルドロックでは不安が残る方は、こういったウォーターサーバーを選べば安心して使えるかと思います。

 

電気代を節約できる「節電機能」

電気代は、ウォーターサーバーを利用するうえで毎月必ず必要になるコストです。一般的に、ウォーターサーバーの電気代はだいたい1カ月に800円~1000円程度。これが1年にもなると8000円になるわけですから、軽視できませんよね。

そこで家計の負担を減らしてくれるのが、各ウォーターサーバーに搭載された節電機能です。エコ機能、エコモードなど、各メーカーで呼び方が異なります。

ボタンを押してエコモードにすると、温水の設定温度が弱温モードになり、消費電力を抑えてくれるものや、部屋が暗くなるとセンサーが反応して自動で節電モードに切り替えてくれるものなどがあります。
電気代が気になる方は節電機能の搭載されたウォーターサーバーを選びましょう。

 

 

衛生面を保つ「クリーン機能」

毎日にように使うとなれば、ウォーターサーバーの衛生面も気になるところです。 サーバーを清潔に保ち、最後まで新鮮なお水を飲むために、各ウォーターサーバーに搭載されているクリーン機能があります。

人気のウォーターサーバーを例に見てみましょう。

 

メーカー名・ウォーターサーバー名 クリーン機能
コスモウォーター

「クリーンエアシステム」サーバー内部に取り込む外気をクリーン処理する。
フレシャス

「エアレス構造」 外気の侵入を極力防ぐ「フレッシュ機能」
定期的に温水を循環させ、水の滞留を防ぐ
プレミアムウォーター

「加熱クリーンシステム」 ボタンを押すことで冷水タンクの水を加熱し、サーバー内部をクリーンな状態に保つ
クリクラ

「HEPAフィルター」 サーバー内に入った空気のゴミや粉じんをこのフィルターで除去

 

ウォーターサーバー内の水は、上記のような機能を搭載することで衛生面を保っています。

また、1~3年に1回程度、メンテナンス済みのウォーターサーバーと交換をしてくれるメーカーがあります。長く使い続けていくとなると、いくらクリーン機能があっても内部の衛生面が心配になりますが、こうしたサービスがあればより安心ですね。

 

 

ウォーターサーバーの費用まとめ

ウォーターサーバーの費用まとめ

導入にあたってもっとも気になるのは、結局トータルでどれくらいの費用がかかるのか?という点だと思います。

ウォーターサーバーを使用するうえで発生するお水の料金、サーバーレンタル料、電気代、そして見落としがちな「解約金」に関する情報についてもまとめました。

 

1.お水の料金

ウォーターサーバーの宅配水は、各メーカーでボトルの大きさ、料金が異なります。

ここで、当サイト人気のウォーターサーバーの料金を見てみましょう。

 

メーカー名 水の種類 料金 / 容量・最低注文本数
コスモウォーター 天然水 料金 / 容量1900円~ / 12L
最低注文本数2本~
RO水 料金 / 容量1250円 / 12L
最低注文本数3本~
フレシャス 天然水 料金 / 容量1140円~ / 7.2L
最低注文本数1箱(4パック)~
料金 / 容量1506円 / 9.3L
最低注文本数1箱(2本)~
料金 / 容量925円 / 4.7L
最低注文本数1箱(4パック)~
プレミアムウォーター 天然水 料金 / 容量1640円 / 7L
最低注文本数2本~
料金 / 容量1840円~ / 12L
最低注文本数2本~
クリクラ RO水 料金 / 容量800円 / 6L
最低注文本数3本~
料金 / 容量1250円 / 12L
最低注文本数2本~

コスモウォーターやクリクラを見るとわかりますが、天然水よりも、RO水の方が比較的リーズナブルな料金設定になっているようです。

安全性に関してはどちらかが劣るということは無いので、味わいにこだわりが無く、費用を抑えたいのであればRO水がおすすめです。

 

※購入ノルマについて

お水については「1カ月に必ずこの本数を注文しなければならない」という購入ノルマがあるウォーターサーバーが多くあります。 定期的に水ボトルが届けられるというのは、買い忘れを防ぐという意味でも非常に便利ですが、消費できなければどんどんたまっていってしまうデメリットもあります。

対して購入ノルマが無いメーカーであれば、必要なタイミングで必要な本数を都度注文できるため、お水がたまっていくというリスクは避けられます。ただしノルマ無しのメーカーの場合、ウォーターサーバーのレンタル料が有料のことが多いようです。

ノルマが無いとは言え、「1回の注文は◯本以上」という決まりがあるのがほとんどで、1本から注文できる、ということではないので注意しておきましょう。

 

 

2.サーバーレンタル料

ウォーターサーバーは、レンタル料が無料のもの有料のもの、そして買い取りのものがあります。

現在は多くのメーカーでレンタル料を無料で提供しているので、ほとんどの場合レンタル料はかからないかと思います。

そのため、有料のウォーターサーバーは余計な費用がかかる、と思うかもしれませんが、多くのメーカーには、水の購入ノルマがありません。 先に述べた通り、購入ノルマがあると不便な点もあるので、レンタル無料でも購入ノルマのあるメーカーを選ぶか、有料サーバーでも購入ノルマが無いサーバーを選ぶかは、各ご家庭で月にどのくらいの水を消費できるかで検討する必要があります。 買い取りのウォーターサーバーについては、各商品で料金は異なります。

買い取ることに多少抵抗があるかもしれませんが、長く使用していくつもりであるなら、自分だけのウォーターサーバーを購入しても良いですね。

 

 

3.電気代

月に1000円程度でも、長い間使っていくとなると、電気代が家計の負担となってしまう可能性もあります。

そうならないためにも、できるだけ安く済ませたいですね。省エネ機能の搭載されたウォーターサーバーなら、その負担を少しでも減らしてくれるはずです。

節電機能が搭載されたウォーターサーバーから人気のサーバーをピックアップしました。月々の電気代の目安はこちらです。

 

メーカー名・ 節電機能 電気代
フレシャス

SLEEP機能
エコモード
約330円~
アクアクララ

ダブル省エネモード 約350円~
うるのん

ECOモード
ライトセンサー
約390円~
コスモウォーター

エコモード 約465円~

 

 

もっとも安い電気代を提示しているのはフレシャスの「FRECIOUS dewo」です。

センサーが明るさを感知し、夜間は自動でヒーターのスイッチがOFFになる「SLEEP機能」、ボタンを押すことで温水温度を15℃低くし、電力を抑える「エコモード機能」の二つに加え、サーバー内部を「デュアルタンク構造」にした三つの省エネ機能を搭載しています。

デュアルタンクというのは、温水のタンクと冷水のタンクをそれぞれ分けた構造のことです。従来のタンクは、一度冷却したお水を温めて温水にしているので、消費電力が無駄になってしまっていましたが、デュアルタンクにしたことで最大70%以上の電気代カットが実現しました。

330円程度で使用できれば、年間で考えてもかなりの電気代が抑えられますよね。月額のコストを極力抑えたい方は、省エネ機能が搭載されているウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

4.解約金と条件を知っておく

多くの場合、ウォーターサーバーは解約金とその条件が設定されています。 例えば、1年未満の利用で1万円、2年未満の利用で5000円といったように、利用期間によって支払う解約金も違うようです。

解約金については契約の前に、しっかりと確認しておきましょう。 いきなり契約することに不安な方は、無料お試し期間があるウォーターサーバーを利用して、本契約の前に体験してみると良いかと思います。

 

無料お試しができるウォーターサーバー

メーカー名 お試し内容 お試し期間
クリクラ ウォーターサーバー+ウォーターボトル(12L)1本 1週間
クリクラママ ※妊産婦~1歳未満のお子さまを持つ方限定 ウォーターサーバー+ウォーターボトル(12L)×最大9本 2カ月以内
アクアクララ ウォーターサーバー+ウォーターボトル(12L)1本 1週間

 

5.月額費用まとめ

お水の料金、サーバーレンタル料、電気代を足した月額費用がいくらになるのか、人気のウォーターサーバーでまとめました。 どのくらいの費用が必要になるのか、目安として見てみてください。

 

メーカー名 お水の料金 レンタル料・電気代 月額費用
【天然水】
1900円(12L)×2本~
【RO水】
1250円(12L)×3本~
レンタル料0円 電気代465円~ 4265円~
・1506円(9.3L)×1箱(2本)~
・1140円(7.2L)×1箱(4パック)~
・925円(4.7L)×1箱(4パック)~
レンタル料0円~ 電気代330円~ 4292円~
1840円(12L)×2本~ レンタル料0円~ 電気代620円~ 4300円~
・1250円(12L)×2本~
・800円(6L)×3本~
レンタル料0円 電気代523円~ 3023円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

 

 

家族構成に合わせて最適なウォーターサーバーを考えよう

家族構成に合わせて最適なウォーターサーバーを考えよう

ウォーターサーバーを使用する人数や、どんな家族構成かによって、おすすめのウォーターサーバーは異なります。

それぞれのご家庭で選ぶ際に注目すべきポイントをまとめました。どのウォーターサーバーにしようか検討する際にぜひお役立てください。

 

1.ひとり暮らしの方におすすめのウォーターサーバー

ひとり暮らし

チェックポイント

  • ・購入ノルマが無い
  • ・省スペース設計のウォーターサーバー
  • ・軽量ボトル
  • ・宅配業者が水を届けている

ひとり暮らしの方であれば、あまりサイズの大きいウォーターサーバーだと部屋のスペースを圧迫してしまうかもしれないので、コンパクトサイズのウォーターサーバーがおすすめです。

また、ひとりではなかなかお水を消費するのが大変です。購入ノルマが無く、お水のボトル容量も少なめのものを選ぶと良いでしょう。定期配送だと、水が消費しきれなくても次々と届いてしまいますが、都度配送であればそれを防ぐことができます。

宅配業者が配達していると受取日時も自由に指定できるので、平日の日中はお仕事で留守にしていることが多い方でもストレス無く利用できるかと思います。

 

軽量ボトルで使いやすい「アルピナウォーター」

アルピナウォーター アルピナウォーターも、購入ノルマのないウォーターサーバーの一つです。
ボトルのサイズは8L、12L、18.9Lがありますが、ひとり暮らしの方におすすめなのは8Lボトル。このサイズのみワンウェイボトルを採用していて、全国に配送しています。お水の価格も1本780円ととてもリーズナブルなので、ひとり暮らしで極力費用を抑えたい方にもピッタリです。
水の料金 【RO水】780円(8L)×3本~、1050円(12L)×3本~、1640円(18.9L)×2本~
サーバーレンタル料 572円
電気代 約800円~
月額費用 3436円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

アルピナウォーターの口コミ

ひとり暮らしにピッタリ …杏 (女性)

女性のひとり暮らしなので、安く利用できるウォーターサーバーを探してアルピナ8を見つけました。
8Lで686円と低価格ですし、ひとり暮らしであれば8Lはじゅうぶんな大きさです。
私のようにコスト重視で探しているひとり暮らしの方や初めてウォーターサーバーを買う方にオススメです。
安いとはいえ、99・9%の不純物が取り除かれているので安全面も申し分ないですし、コーヒーや紅茶を飲むときにもこの水で作るとおいしいので活躍しています!
サーバーの大きさもそれほど部屋のじゃまにならないので安心しました。

軽量ボトルで交換らくらくな「クリクラミオ」

クリクラミオ
宅配水シェアNO.1のクリクラから誕生した、天然水のウォーターサーバー「クリクラミオ」は、8Lの軽量ボトルなので女性でも交換が簡単です。
お届けペースは好きな間隔から選べるため、自分にぴったりの天然水生活を送れるはず。また、レンタル料や送料、メンテナンス料も無料なので、月々の最低コストが安いのでと一人暮らしの方にも負担なく利用することができます。
水の料金 【天然水】1400円(8L)×2本~
サーバーレンタル料 0円
電気代 約700円~
月額費用 3,500円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

クリクラミオの口コミ

低コストで利用できて◯ …yu-ko (女性)

クリクラミオの水は天然水なのに価格が安いので、コスト重視の私はそこが決めてでした。
配送のペースも簡単に変更できるので、たくさん消費した時も追加で頼むとすぐに届けてもらえて便利です。
サーバーのレンタル料などは無料なので、最低限の費用で利用できます。思ったよりコンパクトサイズだったので、リビングにおいてもそこまで場所を占領されませんでした。
わざわざ水を買いに行く手間や、冷水と温水がすぐに使える利便性を考えると安いと思います。

 

2.夫婦共働きの方におすすめのウォーターサーバー

夫婦共働き

チェックポイント

  • ・節電機能がある
  • ・宅配業者が水を届けている

夫婦共働きの場合、家を長時間留守にします。その間もずっとフルパワーで稼働していては、電気代がもったいなく思いますよね。

節電機能があれば、使わない時間帯の消費電力を最小限に抑えることができるので、コストの削減にもつながります。

また、1人暮らしの方と同じで、夫婦共働きの方も日時指定が可能な宅配業者による配送を行っているメーカーがおすすめです。自社配送の場合、不在時は玄関前にボトルを置いていってくれるのですが、誰でも行き来できる通路に置いておくのは不安ですし、万が一盗難に遭った場合は責任を負う必要があります。

また、オートロックのマンションの場合はエントランスを開ける必要があるので、留守だと配達してもらうことができません。利用しやすさを考えたら、日時指定のできるウォーターサーバーを選ぶのがベストです。

 

水温のバリエーションが充実している「フレシャス:FRECIOUS dewo」

FRECIOUS dewo グッドデザインを受賞した「FRECIOUS dewo(フレシャス デュオ)」は日本の住環境を意識した柔らかく淡いカラーバリエーションが人気です。
お部屋の明るさをセンサーで感知し、夜間は自動で温水ヒーターをオフにしてくれます。電気代も月々330円~と、お財布に優しいですよね。他にも二つの省エネ機能が搭載されています。
このFRECIOUS dewoはレンタルの他にも購入プランがあり、こちらの場合天然水が毎回20%OFFに。長く使えば使うほどお得に利用できます。
水の料金 【天然水】1140円(7.2L)×1箱(4パック)~
サーバーレンタル料 0円(前月2箱以上の利用で)
電気代 330円~
月額費用 4890円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

FRECIOUS dewoの口コミ

すごくオシャレだった …かなぽん (女性)

とにかくデザインが気に入っている。他社のウォーターサーバーもいろいろ調べてみたが、ここまでおしゃれなものはなかった。水を入れる時も、大きなボトルではなくビニールタイプなので簡単にできる。飲み終わったビニールの処理も楽だった。次回の配達まで空のボトルをため込む必要がないのもいい。ほかのウォーターサーバーを試したことがないので、味についてはよく分からないが、甘みがあっておいしい。デザインも使いやすさも味も気に入っている。

モンドセレクション、iTQiを4年連続受賞「プレミアムウォーター」

プレミアムウォーター プレミアムウォーターのお水は富士吉田・南阿蘇・金城の三つの採水地から選べます。どのお水も天然水本来のおいしさにこだわり、非加熱処理で産地から直送しています。人気の富士吉田はモンドセレクション金賞、「iTQi優秀味覚賞」を4年連続受賞している、品質の高さも認められた天然水。健康志向の高い方に注目されている成分のバナジウムが含まれているので、ご夫婦2人の健康サポートとしてもぴったりのお水です。
水の料金 【天然水】1840円(12L)×2本~1640円 / 7L~
サーバーレンタル料 0円~
電気代 約620円~
月額費用 4300円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

プレミアムウォーターの口コミ

全てにおいて便利 …家政婦主婦 (女性)

主に主人が使っていますが、何回か水を飲みましたがとてもおいしくとても冷たくて良かったです。お湯もかなりの高温が出るので、おなかがすいた時に軽く食べられるカップ麺や身体を温められるスープなどを作るのに便利です。水のボトルは水がなくなるにしたがって徐々に圧縮されペタンコになってしまうので、ボトルの中の水が空気に触れることなく使い切ることができ、使い終わったボトルも小さくなってゴミとして捨てられるのでとても便利です。

 

3.お子さまのいるご家庭の方におすすめのウォーターサーバー

お子さまのいるご家庭

チェックポイント

  • ・チャイルドロックがある
  • ・お水の料金が安い
  • ・安定感がある

お子さまのいるご家庭であれば、やはりイタズラが気になります。ちょっと目を離した瞬間にやけどをしてしまったなんてことになっては大変ですから、温水にはチャイルドロックが不可欠です。また、部屋を走り回っているときにウォーターサーバーにぶつかると、倒れてしまうことも無いとは言い切れません。安定感のあるウォーターサーバーを選ぶと安心です。

小さいお子さまを入れてご家族の人数が3~4人以上になる場合は、お水の消費量も多くなります。できるだけ水が安いところを選ぶと、家計を圧迫せずに利用できるかと思います。

 

八つの安心機能!転倒防止機能付きの「クリクラ」

クリクラ クレヨンしんちゃんのCMでおなじみのクリクラ。入会金や解約金、サーバーレンタル料が無料なので、お水の料金だけで利用できます。
お水のプラントは、食品の衛生管理方式として厚生労働大臣に承認された「HACCP」認証を業界で初めて取得しています。
ウォーターサーバーには「転倒防止機能」「安全チャイルドロック機能」「空だき防止機能」ほか8つの安心機能が搭載されているため、小さいお子さまがいるご家庭でも安心して利用していただけます。
水の料金 【RO水】1250円(12L)×2本~、800円(6L)×3本~
サーバーレンタル料 0円
電気代 約523円~
月額費用 3023円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

クリクラの口コミ

邪魔になることがありません。 …生き生きした生活を送りたい (男性)

地域のお祭りに行った時にウォーターサーバーの業者が来ていて話を伺って利用を開始しました。サーバー本体は床置き型タイプを使用していましたが、ちょっとしたスペースに置けるので邪魔になることなく利用できました。熱いお湯と冷たい水が利用できるので、お風呂上がりには冷たい水、すぐに汁物を作りたいときには熱いお湯と使い分けができるのが良いです。それに、お湯を出すレバーには、誤作動防止のための工夫がされているので、小さい子供にも安心して使用させることができました。ただ悪い点というか欠点を挙げるとすると、水のボトルが12L容器なので水が入っているとボトルが重く、交換するときには女性だとちょっと大変かなと思いました。それに、ボトルを回収日までしまっておく必要があるので、その分場所を取ってしまうのが困ります。

最高レベルの富士山の天然水が飲める「富士の湧水」

富士の湧水
富士の湧水は国際規格の厳しい衛生管理のもとでボトリングされた最高品質の富士山の天然水をお届けしています。
ウォーターサーバーは国内で生産された安心の国産サーバーです。小さいお子さまには手が届かない高さにチャイルドロックのボタンがあるため、いたずらで解除されることもありません。
利用シーンに合わせて使い分けられる便利な4段階温度調節機能付きです。
水の料金 【天然水】1524円(12L)×2本~
※3本以上送料無料
サーバーレンタル料 762円
電気代 約1000円~
月額費用 4810円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

富士の湧水の口コミ

料理によって使い分け …人生を謳歌しよう (女性)

ウォーターサーバーの本体は大きいというイメージがありましたが、床に置くタイプでも全然スペースを取ることなく置けたので邪魔になりませんでした。それに、赤ちゃんのいる家庭や仕事などから帰ってきてすぐに食事を取りたい時でも、冷たい水や熱いお湯が出るので料理によって使い分けができ時間の短縮にもなります。水やお湯を出すボタンにはチャイルドロックがついているので、子供が遊んでも無駄に水を出すことがなく、やけどの心配もないので安心できます。小さい子供でも気軽に利用できますが、ボタンの位置がちょっと高いところにあり小さい子供には踏み台がないと届かないのがちょっと不便でした。それに水のボトルを交換するときにやはり水の入っているほうは重たいので、男性の力が必要かなと思います。

 

4.妊婦さん・赤ちゃんがいるご家庭の方におすすめのウォーターサーバー

妊婦さん・赤ちゃんがいるご家庭

チェックポイント

  • ・ミネラルの少ない軟水やRO水
  • ・容量が少ないワンウェイボトル
  • ・水の設置場所がサーバー下部にある

大切な赤ちゃんのためにより良い品質のお水を摂取したいと、妊娠中からウォーターサーバーを導入する家庭が増えています。
妊婦さんにおすすめのお水は、赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りにも利用できる、ミネラルの少ない軟水やRO水です。
特にRO水は不純物を徹底的にカットしているので、安全性としては申し分ありません。妊娠中は重たいものを持てないので、容量の少ないものを選ぶと良いでしょう。リターナブルボトルは重さがあるので、使い切ったらつぶして捨てられるワンウェイボトルがおすすめです。
また、ボトル交換も負担無くできるよう、サーバーの上部ではなく下にお水をセットするタイプのウォーターサーバーを選びましょう。

 

足元交換タイプで女性も簡単に設置できる「コスモウォーター:smartプラス」

コスモウォーターsmartプラス コスモウォーターでダントツNo.1人気のウォーターサーバーが「smartプラス」です。 足元交換タイプで、女性でも交換が簡単。稼働音を軽減した静音設計になっているので、寝室に置いても快適に過ごせます。
お水は天然水とRO水があり、どちらも赤ちゃんにぴったりの軟水です。好きなお水を選択できるので、赤ちゃんのうちはRO水を、成長したら天然水を、とするのも良いですね。
水の料金 【天然水】1900円(12L)×2本~
【RO水】1250円(12L)×3本~
サーバーレンタル料 0円
電気代 約465円~
月額費用 4265円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

コスモウォーターの口コミ

女性でも楽に交換できて便利。 …ぽんでらいおん (女性)

ウォーターサーバーの利用は初めてなのでいろいろ迷った結果、知名度が高くて安心感のあったコスモウォーターに。
smartサーバーはお水を持ち上げなくていいので、女性の私でも問題なく交換できそうだと思って決めました。
よく見かけるほかのウォーターサーバーはボトルを上に設置してますが、12Lサイズのボトルってかなり重たいのでこのサーバーにして正解だったと思います。
小さい子供がいるのでやけどが心配でしたが、チャイルドロックだけじゃなくカバーが付いているので、イタズラ防止になって助かります。
何もしなくてもサーバーの中をキレイに保ってくれるようなので、衛生面がしっかりされているのもうれしいですね。
子供はサーバーを触りたいのもあってジュースではなく水をよく飲んでくれるようになりました。天然水のおいしさがわかるようで、ゴクゴク飲んでます。

ミルク作りにピッタリの70度温水機能付き!「FRECIOUS slat」

FRECIOUSslat FRECIOUS slatも、サーバー下部にボトルを収納するタイプのウォーターサーバーです。軽量ボトルで交換が簡単なだけでなく、給水口を高くしたことでかがむことなくお水を注ぐことができるなど、「使いやすさ」にこだわって作られています。さらに、お水の温度は通常の冷水・温水の他に「高温水」「常温水」「70度温水」が使えます。この70度の温水が、赤ちゃんのミルク作りに最適な温度とされているのでお母さんの負担を軽くしてくれることでしょう。
水の料金 【天然水】1506円(9.3L)×2本~
サーバーレンタル料 900円(前月3箱以上の利用で0円)
電気代 約380円~
月額費用 4292円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

FRECIOUS slatの口コミ

オシャレで機能性も良いです。 …ako (女性)

下置きタイプのウォーターサーバーを探していたのですが、正直どれもデザインがいまいち・・・と思っていたところ、フレシャスのslatを見つけました。
グッドデザイン賞を取っているだけあって、オシャレです。全体がマット加工されているから、ホワイトでも無機質で安っぽい印象がなく、上品な質感で気に入っています。
また、冷水・温水だけじゃなくて常温や高温も出るので、カップラーメンを作るときや、朝起きて常温水を飲みたい時に便利だし、お水もおいしいです。

日中の家に誰もいない時間に自動で節電機能が働いてくれるから、電気代の節約になってとても助かります。

お得なキャンペーンを実施中のおすすめウォーターサーバーはこちら!

いくつか気になるウォーターサーバーを見つけたら、最後はキャンペーン内容で決めるのも一つの手です。

各ウォーターサーバー会社では新規入会の方にお得なキャンペーンを開催していますので、魅力的な特典があるウォーターサーバーを選んではいかがでしょうか。

 

メーカー名 キャンペーン内容
期間中にコスモウォーターを新規ご契約いただくと、初回お届け分の「お水ボトル2本」がもれなく無料!さらに全員に「座れる収納ボックス」をプレゼント!

期間:2017年11月30日まで

期間限定でWEBからの新規お申し込みの場合、QUOカード2,000円分をプレゼントいたします!
さらに他社からの乗り換えで最大16,000円(税込)をキャッシュバック!

期間:2018年1月15日まで

対象ウォーターサーバー新規お申し込みいただいた方全員に、初回の天然水を1箱無料でプレゼント!

期間:2017年12月3日まで

スタート0円キャンペーン実施中!新規お申し込みで初回お届けボトル(12L/4本)&開始月のサーバーレンタル料無料!さらに、WEB限定、オリジナル「特大ビーチタオル」をプレゼント!

期間:2017年12月31日まで

新規お申し込みで新規お申し込みで当サイト限定、人気のスーパーフードスムージー1800円相当をプレゼント!

期間:指定なし

新規ご利用の方限定でクリクラボトル1本(12L/1250円分)無料お試し実施中!

期間:指定なし

 

編集部おすすめ!ウォーターサーバーランキング

最後に、当サイトおすすめのウォーターサーバーランキングをご紹介いたします。
ウォーターサーバー選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1位:コスモウォーター

コスモウォーター
宅配エリア 全国(沖縄県・離島を除く)
注文単位
(1回の配送)
1900円(12L)×2本~
水の価格
(500ml換算)
天然水 79円
RO水 52円
サーバーレンタル料 0円
電気代 465円~
月額費用 4265円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

2位:プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
宅配エリア 全国
注文単位
(1回の配送)
1840円(12L)×2本~
水の価格
(500ml換算)
天然水 76円~
サーバーレンタル料 0円~
電気代 620円~
月額費用 4300円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

3位:フレシャス

フレシャス
宅配エリア 全国(沖縄県を除く)
注文単位
(1回の配送)
1140円(7.2L)×1箱(4パック)~
水の価格
(500ml換算)
天然水 79円~
サーバーレンタル料 0円~
電気代 330円~
月額費用 4890円~

※月額費用=お水の料金+レンタル料+電気代

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP