ウォーターサーバーの失敗しない選び方

ウォーターサーバーの失敗しない選び方

 

市場規模が1000億円を超え、オフィスやご家庭に設置される機会も多くなったウォーターサーバーですが、初めてレンタル・購入される場合は、何を基準にしてどのウォーターサーバーにすれば良いのか分からないのが本音ではないでしょうか。そんなウォーターサーバー選びで失敗しない方法をご紹介していきます。

 

失敗しないポイント

 

1. 目的をもってウォーターサーバーを選ぶ

目的をもってウォーターサーバーを選ぶ

  • 「残留塩素がきつい水道水とは違うおいしい水を飲みたい」
  • 「飲料ではなく料理用としても使いたい」
  • 「赤ちゃんの授乳用のミルクや離乳食用に使いたい」
  • 「ダイエットや健康に良いと聞いたのでミネラルウォーターが飲みたい」

などなど、・・・いろいろな目的があると思いますが、ウォーターサーバーを設置する目的を明確にして、目的にあったウォーターサーバーを選んでください。

 

おいしい水が飲みたい
硬度が30mg /L前後より少なくミネラル成分のバランスが良いものを選ぶ。
※個人差があるので市販のミネラルウォーターを飲んで、お口に合う硬度やミネラル成分のバランスなどを目安にするとなお良い。
料理用に使用したい
和食がメインであれば軟水。洋食がメインであれば硬水などの、普段食べられる料理によって選ぶ水が変わってきます。また、水の消費量が上がるので、水の値段が安い方が良い。
赤ちゃんに飲ませたい
赤ちゃんの腎機には硬度の高いミネラルウォーターでは負担が大きすぎますので、ミネラル成分が多くないもの(バナジウムなども含む)を選んでください。妊娠中や授乳中は問題ありません。
ペットの飲み水として使いたい
赤ちゃんと同じく硬度が低い軟水で、ミネラル成分が多くないもの(バナジウムなども含む)を選んでください。

 

2. ライフスタイルにあったウォーターサーバーを選ぶ

ライフスタイルにあったウォーターサーバーを選ぶ

外出することが多くて家を留守にすることが多い場合や、環境に配慮してウォーターサーバーを利用したいなど、ライフスタイルに合わせてウォーターサーバーを選ぶことも重要です。

 

家を留守にすることが多い
リターナブル方式(回収)の配送よりもワンウェイ方式(使い捨て)を選ぶ。
環境に配慮して使用したい
省電力型のエコサーバーやリターナブル(回収)方式のガロンボトル(再利用)のウォーターサーバーを選ぶ。
※使い捨てと言っても資源ごみとして処理ができます。
インテリアにも気を使いたい
色の選択肢が多いものや、おしゃれなデザインのものを選ぶ。

 

3. おおよその相場を知る

お茶やコーヒー、お酒の水割りなど、飲料用だけではなく、料理用にもご使用される場合は、水の消費量が多くなり月額料金も上がってしまいます。まずはどんな用途に利用してどれくらいの月額料金になるか相場を知っておきましょう。

 

月額料金の目安

ボトル容量が12Lで1890円のお水を利用している場合をシミュレーションしてみましょう。

 

2人家族の場合
主に飲料水として利用した時の目安は、ボトルの消費量が2本、月額料金は3780円です。
3人家族の場合
主に飲料水、お茶、コーヒーなどに利用した時の目安は、ボトルの消費量が3本、月額料金は5670円です。
4人家族の場合
主に飲料水、お茶、水割りなどに利用した時の目安は、ボトルの消費量が4本、月額料金は7560円です。

利用本数はあくまで目安本数になります。実際のご利用人数、利用目的に応じて変化しますのでご注意ください。

 

4. ノルマと契約期間を確認する

ノルマとは、ウォーターサーバー会社が設定している、月々における水の最低購入ノルマです。サーバーレンタル料を無料にしている場合は購入ノルマがある事が多く、レンタル料が有料の場合は購入ノルマが無い事が多いようです。

また、購入ノルマがある場合でも1カ月程度であれば配送を止めることができる、いわゆる「スキップ」できるサービスもありますので、しっかりと確認してください。

契約期間(拘束期間)は、設定されていないころから最長で2年に設定されているところまでいろいろです。平均すると1年が目安ですが、契約期間中に解約する場合は、違約金(サーバー引き取り料)を請求されるのでこちらもしっかりと確認してください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP