赤ちゃんの便秘を解消できる「砂糖水」って何?

赤ちゃんの便秘を解消できる「砂糖水」って何?

大切な赤ちゃんが便秘になった時、どうしたらいいのかわからずあたふたしてしまったママさんも多いのではないでしょうか。そんな時、「砂糖水」が効くのを知っていましたか?

便をやわらかくして便秘解消効果に優れているのですが、家庭でも簡単に作ることができるのです。

そこで今回は、砂糖水が赤ちゃんに効果的な理由と、作り方をご紹介します。赤ちゃんが便秘になったときのために、ぜひ役立ててみてください。

 

砂糖水と便秘解消の関係性

砂糖水とは、読んで字のごとく「砂糖を溶かした水」です。熱するとべっこうあめができるので、理科の授業で実験に使ったことのある方も多いのではないでしょうか?

なぜこの砂糖水が便秘を解消できるのかというと、砂糖水には便を柔らかくする効果があるためです。また、便秘は大腸を通過する途中で水分が足りなくなり、便が硬くなることが原因で起こるのですが、水分補給を行うという意味でも赤ちゃんの便秘には砂糖水が適しています。

さらに、砂糖水は浸透性も高いため、便秘抑制にも効果的。便秘がひどくなると赤ちゃんのおなかはパンパンに張って機嫌が悪くなったり、授乳をしても吐いたりするので、症状が悪化する前に砂糖水を飲ませてあげましょう。

 

砂糖水の作り方

たかが砂糖水といっても、単純に砂糖を水で溶かしたものならなんでも良いというわけではありません。分量が多すぎると、腸内の悪玉菌が増加してしまったり、下痢を引き起こしてしまったりするケースがあるので、砂糖の濃度は5%が望ましいです。ここでは、赤ちゃんの便秘に効く砂糖水の作り方をご紹介します。

準備するもの

  • 60度くらいのさゆ100ml
  • 白砂糖5g
  • 哺乳瓶

作り方

  1. 哺乳びんにさゆに砂糖を入れる
  2. 瓶底に砂糖が見えなくなるまで溶かす
  3. 人肌くらいまで冷ましたら完成

できた砂糖水は、1回あたり30~50mlを目安に赤ちゃんに与えましょう。

ミルクとの区別をつけるため、哺乳瓶ではなく、マグカップに砂糖水を入れてスプーンで飲ませることもおすすめです。

 

水道水で砂糖水やミルクを作るのは危険?

日本の水道水は塩素消毒されたものが各家庭に届く仕組みとなっているので、お水の中には残留した塩素が含まれています。ですから、身体のさまざまな機能が未発達で免疫力の低い赤ちゃんに水道水を与えてしまうと、悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。

また、赤ちゃんにとって、硬水はあまり良いものではありません。赤ちゃんはミネラルをうまく吸収したり消化したりする力が弱いので、ミネラルの多い硬水だと胃腸に負担がかかり、下痢を起こす可能性があります。日本の水道水のほとんどは軟水ですが、地域によっては硬水が出るところもあるので注意が必要です。

そのため、ミルクや砂糖水には軟水を十分煮沸消毒し、不純物を取り除いた状態のものを使いましょう。

 

赤ちゃんも安心して飲めるウォーターサーバーのお水がおすすめ!

赤ちゃんの水分補給のたびにお水を沸騰させたり冷ましたりするのって意外と大変です。それに煮沸させれば大丈夫といわれていても、水道水を使うのに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

そこでご紹介したいのがウォーターサーバー。大手メーカーであるコスモウォーターの調査によると、「サーバーを導入したことでミルク作りや離乳食作りが楽になった」という回答が全体の約90%を占めています。いつでも必要な時にすぐ冷水や温水を使用できるので、赤ちゃんが泣き出してしまってもすぐに対応できることが評価につながっているようです。

そのほかには、お水の安全性が確保されているのがうれしいという声も。サーバーに使用されるお水はどれも徹底された衛生管理を経て各家庭に配送されます。ですから、何かと不安がある水道水よりも、採水地が明確で安心感の高いウォーターサーバーを導入することは、赤ちゃんの健康のためにおすすめといえます。

 

赤ちゃんのいる家庭におすすめのサーバーはコレ!

現在さまざまなタイプのサーバーがリリースされているので、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。そんな方はぜひコスモウォーターの「smartプラス」を検討してみてください。

コスモウォーターは、赤ちゃんでも飲める軟水を提供しています。また、サーバー内を清潔に保つためのクリーンシステムが搭載されているので、ボトルやタンク内はいつでも無菌の状態に。

さらに、赤ちゃんがサーバーに触れてやけどしないように、チャイルドロックの機能もついています。何かといたずらの多い赤ちゃんですから、この機能がついていることで安心してサーバーを使うことができますね。

コスモウォーターの詳しい情報はこちらから↓
コスモウォーターの詳細ページへ

 

おわりに

砂糖水には便を柔らかくする効果があることがわかりました。

作り方を覚えておけば、赤ちゃんが便秘になったときもスムーズに対応することができますね。

砂糖水以外にも、ミルクや離乳食を与えるときにはお水が必要不可欠です。育児の手間を少しでも軽減させる、安全な食育を行うために、ぜひウォーターサーバーの導入も考えてみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP