赤ちゃんにはどのくらいの水をあげたらいいの?月齢別まとめ

赤ちゃんにはどのくらいの水をあげたらいいの?月齢別まとめ

赤ちゃんは、新陳代謝が良いため汗をたくさんかいたり、嘔吐(おうと)や下痢を起こしたりしやすい体です。

これらのせいで身体から排出する水分量が多く、すぐに水分不足に陥ってしまうのを知っていますか?ですから、こまめに水分補給をしてあげることが大切になります。

しかし、ただやみくもに与えれば良いというわけではありません。赤ちゃんが必要とする水分量は月齢ごとに異なっているため、適切な量を把握しておくことが大切になります。

一体どのくらいの量の水をあげたらいいのか、これから育児を始めるママさんたちは必ず知っておきたいことですよね。そこで今回は、赤ちゃんに与える水分量について、月齢別の目安や、水分補給に役立つ情報をまとめました。

 

赤ちゃんに必要な水分量はどれくらい?

赤ちゃんに与える水分量は、月齢ごとに大まかに決まっています。しかし、個々の成長スピードや体重、食欲、体格などによって異なることも一緒に覚えておきましょう。

また、その日の体調や気分によっても、飲める量が変化する場合もあるようです。ここでご紹介する水分量はあくまでも目安の量になるので、赤ちゃんの様子を見ながら与えていきましょう。

 

月齢

1回の水分補給で飲ませる水分量の目安

1日に飲ませる回数の目安

退院~生後1カ月

90~120ml

7回

生後1カ月~生後2カ月

120~180ml

6回

生後2カ月~生後3カ月

120~180ml

6回

生後3カ月~生後4カ月

120~180ml

6回

生後4カ月~生後5カ月

120~180ml

6回

生後5カ月~生後6カ月

200~240ml

5回

生後7カ月~生後8カ月

200~240ml

5回

生後9カ月~

200~240ml

5回

 

赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクだけでいい?

離乳食を始める生後5~6カ月くらいまでは、母乳やミルクでの水分補給が基本となります。ただ、お風呂あがりや汗をかきやすい夏場は、母乳やミルクだけでは十分に水分補給できない場合があるため、足りない分の水分を「水」で補ってあげることも1つの方法として覚えておきましょう。

生後3カ月あたりから果汁入りのジュースや麦茶などを飲ませても大丈夫だとも言われていますが、アレルギーや味覚の発達を妨げないよう、味のついていない水を与えたほうが良いそうです。

また、赤ちゃんに水を飲ませる時には、常温、またはミルクと同じくらいのぬるめの温度に調節してあげましょう。冷たい水だと下痢を起こしたり、低体温になって免疫力が落ちたりしてしまうので注意してください。

 

赤ちゃんのミルク作りや水分補給に使う水は水道水でも大丈夫?

赤ちゃんは大人と比べると、身体のさまざまな機能が未発達の状態です。そのため、塩素やカルキなどで消毒された水道水を飲ませると、胃腸に刺激を与えてしまうと言われています。ですから、赤ちゃんのミルク作りや水分補給のために水道水を使う場合は、十分に煮沸し、水道水に含まれる不純物を取り除く必要があります。

 

ウォーターサーバーがあるとミルク作りや離乳食作りが楽になる!

赤ちゃんの水分補給のために、1日におよそ5~6回もお湯を沸かすのはかなり大変なことですよね。かといって、水道水をそのまま使うわけにはいきません。そんな子育てにかかる負担を少しでも減らすためには、ウォーターサーバーが

あると便利ですよ。

ウォーターサーバーはいつでも冷水・温水が出せるため、赤ちゃんがミルクを欲しがって泣き出してもすぐに作ってあげることができますし、離乳食作りも短時間で済ませられるようになります。実際に、ウォーターサーバーを育児に役立てている家庭は多く、コスモウォーターの調査では、全体の90%の方が「ウォーターサーバーを導入してミルク・離乳食作りが楽になった」と答えているようです。

また、コスモウォーターが取り扱っているのはどれも硬度の低い軟水となっています。ミネラルを多く含む水だと、胃に負担がかかって下痢を起こしてしまう恐れがあるようですが、コスモウォーターならその心配も無いので、安心して飲ませることができますよ。

 

コスモウォーターの詳しい情報はこちらから↓
コスモウォーターの詳細ページへ

 

おわりに

いかがでしょうか。赤ちゃんが1日に必要とする水分量は月齢ごとに異なっています。月齢を重ねるごとに1回に飲ませる量は増えていき、1日の水分補給の回数は少なくなる傾向にあるようですね。ただし、その日の体調や成長スピードによって必要な水分量や回数は変化するため、水分不足に陥らないよう、赤ちゃんの様子を見ながら水分補給を行ってあげることが大切です。

また、ミルク作りに使う水や水分補給用の水は、赤ちゃんの身体の健康を考え、必ず煮沸したものを使うようにしましょう。その際、ウォーターサーバーがあれば、適温の水をすぐに用意することができて便利ですよ。なにかと大変な育児ですから少しでも負担を減らすために、ぜひウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP