赤ちゃんのミルク作りはミネラルウォーターそのままでOK?沸騰するべき?

af9930029422w-598x400

赤ちゃんが口に入れるものには、できるだけ気を使いたいと思う方も多いのではないでしょうか。一般的に、赤ちゃんが口にする粉ミルクを作る際、ミネラルウォーターは使わない方が良いとされています。では、なぜミネラルウォーターは使用できないのでしょうか。
ここでは、赤ちゃん用ミルクとミネラルウォーターの関係についてご紹介します。

ミネラルウォーターでのミルク作りがNGといわれる理由

ミネラルウォーターがミルク作には不向きといわれる理由は、その成分にあります。ミネラルウォーターに含まれるマグネシウムなどのミネラル成分が、赤ちゃんの胃や腸、腎臓に負担をかけてしまうからです。ミネラル成分を過剰に摂取した赤ちゃんは、下痢になってしまうこともあります。

ミネラルウォーターを沸騰させても、ミネラル分はなくならない

ミルク作に水道水を使用する際には、カルキを取り除くために沸騰させるのが一般的です。では、ミネラルウォーターも、そのまま使用するのではなく、沸騰させれば問題なく使えるのでしょうか。答えは「NO」です。
ミネラルウォーターを沸騰させることで、殺菌効果は期待できるかもしれません。ですが、日本製のミネラルウォーターは元々殺菌処理が義務付けられているため、そういった目的ではあまり効果がありません。(開封後、数日経過したミネラルウォーターを沸騰させる場合は効果的です)
また、ミネラルウォーターに含まれるミネラル分は沸騰させても残ってしまいます。そのため、赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまうことには変わりありません。

ミルク作りに使えるミネラルウォーター、それは「軟水」のもの

ただし、すべてのミネラルウォーターがミルク作に不向きかというと、そういうわけではありません。中には、ミルク作に使えるミネラルウォーターも存在します。それが、「軟水」と呼ばれるタイプのミネラルウォーターです。
ミネラルウォーターは「硬度」によって、「軟水」と「硬水」の2種類に分けられています。「硬度」とは、水1リットルの中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表したものです。これが、120ミリグラムを超えると「硬水」、それ未満のものだと「軟水」と呼ばれます。
ミルク作に使用するミネラルウォーターを選ぶ際は、この「硬度」ができるだけ低いものを選びましょう。硬度が300ミリグラム以上のミネラルウォーターは、絶対に使用しないでください。
また、最近では「純水」や「超軟水」といわれる、不純物をほぼ含まない水も注目を浴びてきています。これらの水は、軟水からさらに電解質などを取り除いているため、ミルク作により適しているといえます。

軟水の入手先や注意点

通常の軟水であれば、スーパーやコンビニでペットボトルとして販売されています。純水や超軟水は、いくつかのメーカーからベビー用品として販売されているほか、薬局でも「精製水」として取り扱いがある場合があります。また最近では、買いに行く手間を省くためにウォーターサーバーを導入するご家庭も増えているようです。
注意していただきたいのが、スーパーなどでペットボトルを購入したユーザーを対象に提供されている純水です。あのような形式で提供されているものは、純水ではなく「アルカリイオン」のものもあれば、「単に水道水をろ過したもの」である場合もあります。ミルク作に使うのは控えた方がいいでしょう。

おわりに

以上をまとめると、「ミルク作に使うミネラルウォーターは、できるだけ硬度の低い軟水のものを選ぶのが良い」、「使用の際には沸騰させずにそのままでOK」ということになります。
赤ちゃんが健やかに育つには、育児に関する正しい知識を身につけておかなければなりません。特に、口にするものに関してはなおさらです。今回ご紹介させていただいたことが、みなさんの育児にお役に立てれば幸いです。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP