赤ちゃんの調乳用に安全なミネラルウォーターとは?

safe-mineral-water-for-baby_012

私たち大人に比べて赤ちゃんは免疫力や抵抗力がずっと弱く、内蔵の機能もまだまだデリケートです。

そんな赤ちゃんのからだに入る水はどんなものが良いか、妊娠中やお子さんを持つお母さんなら一度は考えたことがあるでしょう。

一昔前は当たり前のように水道水が使われていましたが、ここ数年はダイオキシンや放射能汚染など、いくら日本の水が安全と言っても、以前よりも水道水に抵抗を感じる家庭は増えているようです。

硬水?軟水?知っておきたいミネラルウォーターの違い

私たちが普段から親しんでいるミネラルウォーターなら安全と考える人も多いのではないかと思います。ところが一口にミネラルウォーターと言っても、いくつかに分かれることをご存じでしょうか。硬水と軟水と言う言葉は聞いたことがある方も多いと思いますが、この違いがどういうものかをわかっている人は意外と少ないかもしれません。

水の硬度は含まれるミネラル成分の量によって決められています。ミネラルが多い水を硬水、少ない水を軟水と言います。このミネラル成分は、カルシウムやマグネシウム、イオンなど、大人にとってはからだのバランスを整えるとても良いものとされています。

ところがこのミネラル成分は赤ちゃんにとっては注意が必要なものなのです。

 

ミルク作りのミネラルウォーターを選ぶときに大切なこと

赤ちゃんの腎臓は大人に比べるとまだまだ未発達なため、必要以上にミネラルを取りすぎてしまうと体の外に排せつすることができません。余分なミネラルは赤ちゃんの身体に負担をかけることになってしまうのです。

粉ミルクには、すでに赤ちゃんが必要なミネラル成分が十分に摂取できるように調整されて作られているため、ミネラル成分の高い水を使ってしまうとその摂取が過剰になってしまうのです。その結果、下痢などの体調不良を起こす原因となってしまうこともあるのです。

そういった理由から、ミネラル成分の多い硬水は赤ちゃんのからだには適していないと言えます。特にヨーロッパ製のミネラルウォーターは硬度がとても高いものが多いので、購入する際は硬度を確認するなどの注意が必要です。

 

赤ちゃんのからだに優しい軟水

赤ちゃんのミルクづくりに適しているのはミネラル成分の低い軟水です。軟水と呼ばれるものにもさまざまなものがあり、日本ではたくさんの銘柄が売られています。その中でも赤ちゃんにとって最適と言えるのはどういった水なのでしょうか。

できる限りミネラル成分が低いもの、硬度が120以下、できれば60以下のものが望ましいと言われています。軟水であればあるほど粉ミルクが溶けやすいという利点もあります。

軟水の中でも「RO水」というのは、ROシステムという特殊な方法で非常に高度なろ過をした水を呼びます。水に溶け込んでいる不純物やミネラルなどのあらゆる成分が除去されています。こういったものや、超軟水と呼ばれているものは、硬度が限りなく低く、純水に非常に近いものなので、赤ちゃんのからだにより安全でおすすめの水と言えるでしょう。

 

おわりに

同じ水でもこんなに違いがあるということがおわかりいただけたでしょうか。

大人にとってはからだに良い水が赤ちゃんにとっても同じように良いものとは言えないということです。赤ちゃんが摂取するミネラルウォーターを選ぶ際には、硬度の表示をチェックすることが選ぶ基準になると言っていいでしょう。

産まれたばかりの赤ちゃんのからだに入るものですから、最適なものを選んであげるのは大事な親の責任です。赤ちゃんにとって優しい水でミルクを作り、たくさん飲んですくすくと育ってもらいたいものです。

 

 

Pocket

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP