ミネラルウォーターを使ったフレーバーウォーターのおすすめレシピ

ミネラルウォーターを使ったフレーバーウォーターのおすすめレシピ

最近話題のフレーバーウォーターは市販されているものも多いですが、自宅でも簡単に手作りできることをご存じですか?栄養のあるミネラルウォーターに、いろいろな栄養素が含まれた野菜や果物、ハーブを入れることで、おいしさも栄養もさらにアップします。
ここでは、ミネラルウォーターを使ったフレーバーウォーターの、おすすめレシピを紹介していきます。

 

【用意するもの】保存瓶・ミネラルウォーター・新鮮な食材

フレーバーウォーターを作る前に準備しておくものは、瓶やピッチャー、水筒などの保存できる入れ物と、ミネラルウォーター、そしてフレーバーとして使いたい新鮮な食材です。
フタ付きで密閉可能な保存瓶は、香りが逃げにくいためおすすめです。ミネラルウォーターは軟水でも硬水でもいいですが、まろやかでクセのない軟水を使った方がフレーバーを楽しめるでしょう。食材はオーガニックが望ましいですが、入手できない場合は農薬除去できるパウダーなどを使い、有害物質を落としてから使うと安心です。
ちなみに、使い終わった食材はそのまま食べたり、スープに使ったりできるものもあります。状態を確認して活用してください。

 

【レシピ1】シナモンウォーター

準備する材料はシナモン2〜3本とミネラルウォーター1000mlです。シナモンを保存瓶に入れ、水を注ぎます。フタをしたら冷蔵庫で1日冷やして完成です。
シナモンウォーターはスパイシーな風味があり、エスニック料理にピッタリのフレーバーウォーターです。
シナモンの香りを嗅ぐことで、記憶力を高める効果が期待できるとされています。痛みを緩和する働きもあるため、頭痛などで悩んでいる女性にピッタリです。酸化を防ぎ、抗菌作用もあるため、吹き出物などにも効果的でしょう。

 

【レシピ2】オレンジ+ローズマリー+タイムのハーブウォーター

材料はオレンジ1/2〜1個とローズマリー3本、タイム3本にミネラルウォーター1000mlです。オレンジの皮をむいてくし型に切り、保存瓶に全ての材料と水を入れます。冷蔵庫で半日冷やせば完成です。
オレンジはビタミンCが豊富で、フラボノイドの一種も含まれています。血管が丈夫になる上、美肌効果も期待できます。
ローズマリーの香りは頭をすっきりさせる効果があり、美容のハーブとしても知られています。タイムは風邪予防に役立つとされており、のどが痛いときに飲むとすっきりします。

 

【レシピ3】脂肪撃退フレーバーウォーター

ダイエットしたい女性にピッタリのフレーバーウォーターがあります。ビタミンC、脂肪分解酵素が含まれた食材を使ったウォーターです。
材料はオレンジ(みかんでも可)一つにグレープフルーツ一つ、きゅうり1/2本、ペパーミント2枚にミネラルウォーター1500〜2000mlです。
作り方は、まずオレンジとグレープフルーツを1/8程度にカットします。皮ごとでもいいですが、気になる方は外皮をむいてください。きゅうりは薄切りにします。
全ての材料を保存瓶に入れ、水を注いだら冷蔵庫へ入れます。最低2時間は冷やしましょう。時間を置くほど濃いフレーバーになります。

 

【レシピ4】便秘解消フレーバーウォーター

多くの女性が悩んでいる便秘に効果的なフレーバーウォーターがあります。おなかのハリが気になる人にも飲んでほしいレシピです。
材料はレモン一つにきゅうり1本、ミント12枚におろししょうが大さじ1、ミネラルウォーター1500〜2000mlです。
作り方は、まずレモンときゅうりを輪切りにします。それをミント・おろししょうがと一緒に保存瓶に入れ、水を注ぎます。丸1日寝かせたら、翌日から飲めます。
ポイントは、途中で水を足すのではなく、1日で飲みきることです。一般的なフレーバーウォーターは継ぎ足して使うことができますが、このフレーバーウォーターは新鮮な状態を保った方が効果的です。

 

おわりに

簡単に手に入る材料で作れる、フレーバーウォーターのレシピを四つ紹介しました。フレーバーウォーターはおいしいだけでなく、ヘルスケアに役立つすてきな飲み物です。砂糖を入れないため、ヘルシーな点も魅力です。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP