料理に合わせたミネラルウォーターの活用方法:炊飯・野菜をゆでる・煮物編

料理と水の画像

おいしいご飯を毎日食べたいでと思いますよね?では自分で料理をする時、お水にどれくらい気を使っていますか?
最近ではミネラルウォーターをお料理に利用される方が増えてきました。ミネラルウォーターを上手に使えば素材のうま味がぐっと引き立ちます。

ここでは日本人なら抑えておきたい「お米の炊き方」と「野菜の煮物」についてご紹介します。

 

1.ミネラルウォーターを使った、ワンランク上のおいしいご飯の炊き方

お米を研ぐ画像

水道水で気になるカルキ臭

お米をとぐ時、水道水などではお米にカルキ臭などが移ってしまっておいしくないと感じてしまうかもしれません。そのため近年では、ミネラルウォーターでお米を炊くのが一般家庭にも浸透してきました。

もちろんにおいだけではなく、ふっくらおいしく炊きあがるこという点も好評で、炊きあがりの味という点にも多くの人が満足をしているようです。

 

ミネラルウォーターでご飯をおいしく炊くコツ

実は、さらにおいしくご飯を炊く方法があることをご存じでしょうか?ここで大切になるのが「洗米」です。お米というのは、米びつから出された時は乾燥しきっています。そのため、最初に触れたお水の水分を一気に吸収します。

つまり、お米を洗う際に一番初めのお水が水道水だと、その味や臭いが吸収されてしまう可能性が高いといるのです。このため、お米をとぐ最初のお水をミネラルウォーターにすると、よりおいしいご飯を炊くことができます。

※2回目以降は普通の水道水でといでもらって大丈夫です。

もしくは、洗米を行う10分前にお米をミネラルウォーターに浸し、給水させるという方法もあります。これであれば、洗米はすべて水道水を使っていただいて構いません。

日本のお米に合うお水、合わないお水

ちなみに、欧州などのミネラルウォーターは硬度が高く、お米にしっかりと浸透しないためにパサパサな炊きあがりとなることが多いです。やはり日本のお米には軟水である日本のお水が1番、といえるでしょう。

 

2.煮物にもミネラルウォーターは最適!

おいしい煮物の画像

軟らかく仕上げたいなら軟水を使おう

野菜の調理にもミネラルウォーターは適しています。しっかりと火が通りクタクタになるまで煮込むのであれば軟水を使用しましょう。非常に軟らかい仕上がりとなるはずです。

煮崩れがない程度に煮込む場合は、硬度が少しだけ高いものを使うのがオススメです。しゃきしゃきの歯ごたえは残しつつ、おいしく仕上がります。ただし硬度300以上のお水と洋風野菜の組み合わせは、あくが出やすくなってしまいますので注意が必要です。

経済的なミネラルウォーターの使い方

ちなみに、鍋一杯にミネラルウォーターを注ぎ、煮るのが終わったあとにすべて捨ててしまうというのはさすがにもったいない・・・と考える方も少なくないでしょう。そんな時は、落としぶたをし、野菜がひたひたになるようにして蒸しゆでを行えば、経済的に安心といます。

 

おわりに

このように、ミネラルウォーターには素材の味をよりいっそう高めてくれる効果があります。飲用だけでなく、お料理に使うことで利用の幅が広がり、よりいっそうミネラルが身近なものとなるでしょう。

素材の味をしっかりと引き出してワンランク上の食生活をおくりたいと考えているなら、この記事を参考に効果的にミネラルウォーターを使ってみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP