天然水を使ったレシピ~カレー編~

天然水を使ったレシピ~カレー編~

簡単に作ることができ、味がよくて栄養価も高く、日持ちもする料理。そんな料理として、カレーはとても愛されています。日本で独自に発達したこのカレーに合うお水にはどんなものがあるのでしょうか?
「カレーに合う水」を、飲料水とレシピ編にわけてしっかりと見ていきましょう。

 

カレーは今や国民食?!

日本の国民食」といえば、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。恐らく多くの人が、「おすし」「おにぎり」「みそ汁」といった、日本食をあげると思われます。ところが、「カレーライス」もここに割って入ろうとしています。

データによって違いはありますが、「国民食は?」と聞かれて、「カレーライス」と答えた人の割合は、約6パーセント。特に40代の男性では、「すし」「おにぎり」を抑えて、3位にランクインしています。(「ネットリサーチディムストライフ」が、2007年の1週間、6537人を対象としたアンケートによる)

このように、大変人気のあるカレー。

ご家庭で作ったことがない、という人はいないのではないでしょうか。定番料理としてよく作るものだからこそ、「お水」にもこだわりたいものです。

 

煮込み料理としての性格を持つカレーには硬水が適している

カレーは「煮込み料理」に属しています。さまざまなカレーがありますが、基本となるのは、やはりお肉と野菜を煮込んでカレールーを溶かす、というものでしょう。このときに使いたいのが、「硬水」です。

カレーのメイン食材であるお肉からは大量のアクが出ます。また、野菜のなかにもアクを持つものがたくさんあります。カレーを作る過程においては、このアクを取り除くアクとりがあります。かなければなりません。

日本の水道水でもアクを発生させることはできるのですが、効率よくアクを出したいと思うのであれば、硬水を使うべきです。硬水の中に含まれているカルシウムが肉に働きかけ、肉のくさみやえぐみといった不快な成分をよく煮出してくれます。

そのため、すっきりとした料理を作り上げることができるのです。特に、「お肉の味が苦手だ」「お肉の血なまぐささが好きではない」という人の場合、硬水で料理をすると、そのマイナス点をクリアできます。

野菜を煮込んだ場合も、野菜のしゃっきりとした歯ごたえを維持することができます。そのため、硬水はカレーを作るのに非常に適した水だと言えるでしょう。

ただし、硬水のなかでもあまりにも硬度が高すぎるもので煮込んでしまった場合、肉が硬くなりがちなのでこの点には注意が必要です。

 

お米は、軟水である天然水を利用したい

もう一つ考えたいのが、「ご飯」です。

本場のインドでは、パンである「ナン」と一緒にカレーを食べることも多いのですが、日本では「カレー」と言えばカレーライスを連想するでしょう。カレーには、カレールーだけではなく、「ご飯」というもう一人の主役がいるのです。

カレールーの方は、たしかに硬水で作った方がおいしく仕上がります。しかしこのもう一人の主役であるご飯の方は、硬水より軟水の方が相性がよいと言われています。硬水に含まれているカルシウムのせいで、本来吸い上げるべき水分がお米のなかに入っていきません。そのため、きしんだようなお米に仕上がることが多く、おいしく食べることができません。

また、お米は水のおいしさに左右されるものでもあります。

そのため、できれば品質のよい天然水を使いたいものです。ウォーターサーバーの会社などが打ち出している、産地を限定した天然水を使うのもよいでしょう。

「おいしいカレーライスが食べたい」ということであれば、カレールーは硬水で、ライスの方はこだわりぬいた天然水で炊くのが理想的です。

なお、軟水はウォーターサーバーや水道から得られますが、硬水の場合はスーパーや通販を利用することになります。

 

一緒に飲む水についてはどうすればいいの?

最後に考えたいのが、「カレーライスと一緒に飲むドリンク」です。

インド料理屋などでは、ラッシーなどがよく出てきますね。これは、本場のカレーは香辛料がよく利いていて辛いからだと言われています。しかし日本のカレーライスには、やはり水がよいでしょう。カレーの辛さをリフレッシュしながら楽しめるという意味では、水はカレーの名脇役と言えるのです。

カレーと一緒に楽しむのであれば、弱アルカリ性の軟水がよいとされています。超軟水や水道水でも悪くはありませんが、料理の味を邪魔せず、飲みやすく、しかも後味をさっぱりさせてくれるという意味で、これが高い評価を得ているようです。

 

料理にもぴったり!天然水が飲める人気のウォーターサーバーはこちらから↓
天然水のウォーターサーバーランキングページへ

 

 

おわりに

国民食として名高い「カレー」。よくよく考えてみれば、カレーは、ルーにもご飯にも水を使い、ドリンクとしても水を利用しますよね。そう考えると、意外にもカレーは「水と関わりが深いメニュー」であると言えるのかもしれません。

甘口・中辛・辛口と変化があり、トッピングや食材でもバリエーションが付けられるカレー。

今日の夕飯にいかがでしょうか。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP