藤田先生コラム 記事一覧

「水道水のおいしさは塩素注入量で変わる」【藤田紘一郎先生の水の相談室】

eyechach_faq03

  「水の相談室」は水の権威である藤田紘一郎先生に、 水に関する疑問や悩みを相談ができます! 【登場人物】 水色ママ ウォーターサーバーやお水が大好き!もっとウォーターサーバーやお水について詳しく知りたいと思っています。 藤田紘一郎先生 東京医科歯科大学卒。東京大学医学部系大学院修了、医学…

水を飲んではいけない時がある「熱中症」にはスポーツドリンク【藤田紘一郎先生の水と美容VOL.3】

eyechach_water-beauty03

 水を飲んではいけない時があります。それは熱中症や脱水症状になってしまったときです。私もかつて、ひどい熱中症を経験したことがありました。それは、湾岸戦争の十数年前のことでした。 私たちは、イラクからクゥエートに向かい、砂漠を車で走っていました。焼け付くような日差しのもと、車外の気温は50度近くになっ…

毛髪力を高め、肌をきれいにするシリカ水【藤田紘一郎先生の水と美容VOL.2】

eyechach_water-beauty02

毛髪力を高めるには食べ物や飲み物が非常に重要です。第一に、腸に良い食事をして腸内環境を整えることが必要です。そして、健康な腸を持って、天然のミネラルが含まれた水を飲むことで、毛髪力を高める作用を実感することができます。それでは毛髪力をよみがえらせる水とはどんな水でしょうか。   毛髪を守る…

「水素水は「ただの水」ではありません。」【藤田紘一郎先生の水の相談室】

藤田先生の水の相談室vol.2

  「水の相談室」は水の権威である藤田紘一郎先生に、 水に関する疑問や悩みを相談ができます! 【登場人物】 水色ママ ウォーターサーバーやお水が大好き!もっとウォーターサーバーやお水について詳しく知りたいと思っています。 藤田紘一郎先生 東京医科歯科大学卒。東京大学医学部系大学院修了、医学…

ヒトと水の不思議【藤田紘一郎先生の水と美容VOL.1】

eyechach_water-beauty01

私は50年近く、水の研究をしてきました。健康、美容、老化防止、そして長寿までもが水によって左右されることを知りました。水の不思議な力にはいつも驚かされます。今では、自分の命の源を知り、飲み水ですこやかな体を育てることができると確信しています。   水について40年以上の調査研究活動 また、…

お酒と水の良い関係、お茶と水の効果の違い【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.22】

お酒と水の良い関係、お茶と水の効果の違い

健康や長寿のために水分を取りましょう、と毎回お話をしています。また、私はいろいろなところで講演をしていますが、「水」をテーマで講演をすると、決まって中年男性の中に、自分はビールやウイスキーで水分はおなかが出るほどとっている、という人がいます。 冗談半分なのでしょうが、健康や長寿にプラスになる水という…

いのちの水を求めて 生きとし生けるものすべて水の現成【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.29】

29-1

私はかつて三日三晩飲まず食わずの状態で海上を漂流したことがあります。インドネシアのアンポンという街からブル島へ、インドネシア軍が使っていた陸軍上陸用舟艇を借りて渡ろうとしたのですが、暴風雨にあって方向がわからなくなってしまいました。 アイスボックスにはビールやジュースがたくさん入っていましたが、水は…

ミネラルが不足すると心の病が引き寄せられる【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.28】

28-1

イライラや不安、怒り、悩みなど、現代社会に生きていると、ストレスを感じさせることが次から次に襲いかかってくるものです。私はストレスによって大事な免疫力を落としてしまうのが嫌なので、なるべくストレスを回避しながら生きているつもりですが、それでもストレスの原因となる出来事は起こってきます。 ストレスが引…

便秘、冷え症、そして腰痛を水の秘められた力で改善する【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.19】

便秘、冷え症、そして腰痛を水の秘められた力で改善する

近年、寿命と腸の関係がますますクローズアップされています。私も腸の研究、特に腸内細菌の研究を長年にわたりいたしております。水と同様に腸、腸内細菌の奥の深さは人の生命を左右するだけあり、大変に神秘であることに驚かされています。腸はもともと栄養や水分を吸収し、老廃物を排出する重要な内臓器官とだけ見られて…

天然水を飲み、体を潤し、風邪をひきにくい体にしよう【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.27】

27-1

インフルエンザなど、人に感染して風邪症状を引き起こす病原菌は、気温20度、湿度65%の環境では活動力を弱めることが知られています。高温、高湿度のもとでは死んでしまうのに、低温、低湿度のもとでは長時間生き残り、空気中を浮遊し続けるのが風邪ウイルスの特徴です。 冬に風邪が流行しやすいのはこのためで、冬に…

カリウム不足は疲労感が増す。海洋深層水に期待。【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.26】

26-1

水のミネラル含有量を表す硬度は、カルシウムとマグネシウムの量から計算されます。天然水にはほかにもミネラルが含まれます。カルシウムとマグネシウムのほかに、特に大切なミネラルはナトリウムとカリウムです。ペットボトルのラベルにこの四つが主に記載されているのは、人の体に特に重要なミネラルだからです。 ナトリ…

純水は「体を壊す水」、続けて飲むと、体調を壊す【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.25】

25-1

水道水が「体を壊す水」であることは、広く知られるようになりました。体を壊す水など、みすみす飲むわけにはいかないと、ペットボトル詰めの水を購入する人も多くなりました。とても良いことだと思います。ところが近年、困ったことが起こっています。スーパーなどで、純水を無料で配るようになったのです。また、数十万円…

水素水が記憶力の低下やボケ防止に役立つ【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.24】

24-1

人は、記憶力低下から自分の老化を悟るものです。 「あの女優の名前、なんだったかな。ほらあれ、あの映画に出ていたあの人だよ」 といったことが、40歳を過ぎると多くなってきます。 「前日に食べたものを思い出せないのは、記憶力低下の『軽症』。食べたことも覚えていないのは『重症』」ともよく言われます。 コッ…

食べ物が栄養になる水選び・軟水と硬水の使い分け【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.23】

食べ物が栄養になる水選び・軟水と硬水の使い分け

健康で長生きをするために、生水の飲用をおすすめしていますが、ミネラルウォーターは飲むだけではなく、料理にもさまざまなメリットを発揮します。 日本茶やコーヒーにミネラルウォーターを使うと、安いお茶の葉やコーヒーもおいしくなると言われていますが、料理も水を使い分けることで一段とおいしくなります。食事を楽…

運動と水で長寿遺伝子を活発にする【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.21】

運動と水で長寿遺伝子を活発にする

人は誰でもが体の細胞内に「長寿遺伝子」を持っています。ただし、残念なことにこの遺伝子はふだん眠っているような状態で働いていません。“能あるタカは爪を隠す”とは少々意味合いが違うかもしれませんが、いずれにしても優秀かつ貴重な遺伝子を眠らせておくのは実にもったいない話です。 眠っている長寿遺伝子ですが、…

がんを予防する水の飲み方がある【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.20】

がんを予防する水の飲み方がある

現在、がんで亡くなる人は年間に30万人を超えています。また、数字だけのことを言うと、その数は年々増える傾向にあります。亡くなる人以外でもがんと現在、闘っている人の数は、日本中で数十万人の規模に達すると思われます。 がんにはいろいろな原因が指摘されています。中には「がん家系」が存在していることを信じ、…

寝る前の一杯の水は宝水・目覚めの水は生命の源【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.18】

寝る前の一杯の水は宝水・目覚めの水は生命の源

水を飲むタイミングとして、忘れてはいけないのが就寝前です。寝る前には必ずコップ一杯の水を飲んでください。 睡眠中、人は自分で感じている以上の汗をかきます。呼吸による水分の放出も含めれば、就寝後に失われる水分量は約500ml、多いときには1ℓにもなります。これだけ水分量が減れば、起床時には体はカラカラ…

肌のアンチエイジングに役立つ、美肌づくりの水2 ~雪どけ水・氷結水が細胞を若返らせる~【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.17】

肌のアンチエイジングに役立つ、美肌づくりの水2-~雪どけ水・氷結水が細胞を若返らせる~

さて、前回美肌をつくる水について、お話ししました。四つの条件、「カルシウムの豊富な水」、「還元力のある水」、「若返りの水」、「疲れをとる炭酸水」のお話です。 今回はその中の「若返りの水」について、さらに詳しくお話ししたいと思います。前回少しお伝えしましたが、土地によって住む人のかたぎは違うものです。…

肌のアンチエイジングに役立つ、美肌作りの水【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.16】

肌のアンチエイジングに役立つ、美肌作りの水

美肌を作る水には、四つの条件があります。「カルシウムの豊富な水」「還元力のある水」「若返りの水」「疲れをとる炭酸水」です。この四つの水を上手に飲むことが肌のアンチエイジング(抗加齢)に役立ちます。 美肌をつくる四つの水 カルシウムは、細胞の活動に不可欠なミネラルです。その役割とは、骨の細胞の生成だけ…

「むくみ」の解消にはカルシウムとサルフェート入りの水【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.15】

「むくみ」の解消にはカルシウムとサルフェート入りの水

「水を飲むと太る」と考えている人が多いと思います。しかし、水のカロリーは0です。やせることはあっても、太ることはありません。 太るとは、無駄な脂肪が体につくことです。水が脂肪になることなど、ありえません。また、水を飲んで「むくむ」と思っている人も多いと思います。確かに腎臓の悪い人が一度に多量に水を飲…

熱中症対策のスポーツドリンクが急性の糖尿病を発症させる【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.14】

熱中症対策のスポーツドリンクが急性の糖尿病を発症させる

蒸し暑い日が続いており、熱中症になる人が増えてきました。熱中症になった時、普通の水を飲んでも熱中症の症状は改善しません。体液の浸透圧と同じ、スポーツドリンクを飲まないといけないのです。しかし、スポーツドリンクを飲み続けると糖尿病を発症させる危険があることも知ってほしいと思います。 スポーツドリンクの…

カルシウムとマグネシウムが豊富な天然水は、腸を元気にし病気になりにくい体をつくる【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.13】

カルシウムとマグネシウムが豊富な天然水は、腸を元気にし病気になりにくい体をつくる

「良い水を求める世界の旅」と名付けて、いろいろな国の飲料水を調査したところ、長寿者が多いヒマラヤの高原地域に暮らすフンザ族や南米の奥深い高原地域に住むビルカバンバの人たちは、カルシウムを多く含む、弱アルカリ性の水を飲んでいたという話を以前しました。また、前号ではマグネシウムを含む天然水が心臓病になる…

マグネシウムを含む天然水を飲んでいると心臓病になるリスクが低下する【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.12】

マグネシウムを含む天然水を飲んでいると心臓病になるリスクが低下する

健康で長寿を保つには飲料水中のカルシウムが大切であることを前に述べました。カルシウムをたっぷりに含む水を毎日飲んでいると、血管が丈夫になり、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐことができることを解説しました。 しかし、健康を向上させるには、カルシウムだけではダメだということを知る必要があります。「カルシウムが健康…

サルフェート入りの水でデトックス(毒だし)効果【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.11】

サルフェート入りの水でデトックス(毒だし)効果

水の中にカルシウムやマグネシウムを多量に含む「超硬水」はダイエット効果があることを前に述べました。しかし、超硬水はダイエット効果ばかりでなく、他にいろいろ健康効果のある水であることが知られています。その理由の一つの「サルフェート」が超硬水に多量に含まれていることがあります。 サルフェートはミネラルの…

新陳代謝を活発にする抗酸化水【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.10】

新陳代謝を活発にする抗酸化水

体によい水の条件として「水がアルカリ性」であることを述べました。アルカリ性の水がヒトの体に適していることは、理論的にも納得できます。なぜなら、人間の体はpH7.4前後の弱アルカリ性で保たれていますから、アルカリ性の水を飲んで体液や血液などが弱アルカリ性に保たれていると、新陳代謝が活発になるからです。…

痛風と結石はアルカリ性の軟水で予防・改善できる【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.9】

9-1

私はかつて何度も痛風発作に悩んだことがあります。初めのうち効いていた痛風の薬もだんだん効果がなくなってきて、困ったことがあります。 私は体をアルカリ性にすれば、痛風の原因物質である尿酸の排せつが高まるのではないかと考え、食品用の天然の重曹を水に溶かして飲み続けたところ、薬では全く効果のなかった痛風発…

炭酸水には疲労物質を取り除き、血流をよくする効果がある【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.8】

8_bana

1日の仕事を終えた後のビールは格別な味がします。プシューと栓を開け、グラスに注ぎ、白い泡を感じながらのどを潤した瞬間、「この一口のために、今日も頑張ったのだな」などと思うものです。 私は糖質制限食を初めて長くなりますが、仕事終わりのビール一杯だけは、自分へのご褒美として「よし」としています。ビールが…

アトピーやぜん息などアレルギー体質の改善に ウォーターローディング【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.7】

7-1

  免疫力が低下しますと、がんばかりでなく、アレルギー性疾患まで引き起こすことがわかっています。アレルギー性疾患とは、スギ花粉症をはじめとする、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支ぜん息、食物アレルギーなどの総称です。   アレルギーのメカニズムは次の通りです。アレルギーを…

超硬水はダイエットウオーター【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.6】

6

「肥満は万病のもと」とよく言います。太りすぎると、活性酸素が体内に充満した状態になるため、身体各部の細胞が傷つき、そこから病気を発症しやすくなるためです。 だからと言って、やせ過ぎが良いわけではありません。無理な食事制限や激しい運動など過剰な負荷をかければ、やはり活性酸素が大量に発生してしまうからで…

糖尿病を改善する水【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.5】

5-1

加齢とともに新陳代謝の力が衰えてきて、老化や病気が増えてくることを前号で述べました。加齢とともに増えてくる病気に糖尿病があり、現在日本人の5人に1人が糖尿病もしくはその予備軍となっております。糖尿病にならないために、あるいはなっていても糖尿病を改善するためにはどんな水を飲めば良いのでしょうか。 糖尿…

美しさと若さを保つシリカ水【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.4】

4-1

この40年間、70カ国以上の国を旅する中で、私は多くの水と出会い、水がヒトや環境に与える影響の大きさを知りました。 カルシウムの豊富な弱アルカリ性の水は、健康寿命の長い民族を作りました。ミネラルが少なくて飲み心地の良い軟水は、勤勉でやさしい農耕民族を作りました。 酸性の水が流れる土壌では、真っ青なア…

硬度の高い水は心筋梗塞や脳梗塞を予防する【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.3】

3-1-728x220

「良い水を求める世界の旅」と名付けていろいろな国の飲料水を調査したことを前に述べました。ヒマラヤの高原地域に暮らすフンザ族や南米の奥深い高原地域に住むビルカバンバの人たちは長寿で有名でした。彼らが飲んでいる水は「カルシウムを多く含み、弱アルカリ性の水」でした。 なぜ、カルシウムを多く含む弱アルカリ性…

体をつくる水と壊す水があるのを知っていますか?【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.2】

89d1f8784d9adefc77807a7f82320510-728x220

 私たちには、毎日必ず口にするものがあります。それが水です。 食事も毎日とりますが、理論上、ものを食べなくても数週間は生き続けられます。しかし、水をとらなければ、わずか10日間で死んでしまうことになります。 水か食事か、究極の選択をするならば、体にとって不可欠なのは水です。水は体をめぐりながら、生命…

【コラム】水で健やか!VOL.1

f-column_main-visual

私の専門は、ウイルス、細菌、寄生虫などの微生物による感染症です。 これらの病気は飲料水が媒介していることが多く、私は世界70カ国以上の飲料水を40年前から調査研究してきました。その調査の結果、体によい水がたくさんあることがわかりました。 今回「水で健やか」というテーマで、世界各地にある「健康に良い水…

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP