ウォーターサーバーの衛生面ってどうなっているか知っていますか?

for-hygiene-of-water-server-728x384

小さなお子さんがいる家庭では、おいしく安全な水を飲んでもらうためにウォーターサーバーを利用している人や、これから利用を考えている人は多いのではないでしょうか。そのような方で、ふとウォーターサーバーの衛生面について心配に思ったことはありませんか。

天然水やRO水など、ウォーターサーバーの水は水道水と違い消毒を行う必要が無いため、塩素を含んでいません。水本来のピュアなおいしさを味わうことができますが、それだけに雑菌が繁殖しやすいとも言えます。

ここでは、ウォーターサーバーの衛生面における工夫についてご紹介します。

 

【衛生面での工夫1】空気との接触による雑菌の繁殖防止

無菌状態のきれいな水でも、外の雑菌を含んだ空気に触れることで水の中に菌が取り込まれてしまうことがあります。例えば、ガロンタイプと呼ばれるボトルの場合、水を使うごとに水が出るコック部分からボトル内に空気が逆流する構造になっています。外の空気と接することで、消毒作用のある塩素が入っていない水は雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

これを防ぐために、外の空気がボトル内に侵入しても雑菌が入り込まないように、空気を無菌化するフィルターを取り付けたウォーターサーバーが普及しています。

また、できるだけ外の空気と水が接触しないように作られているサーバーも出ています。どちらにしてもボトル内で雑菌が繁殖することが無いように設計されているため、いつでも清潔な水がキープされています。

 

【衛生面での工夫2】使い捨てタイプのボトルでいつでも清潔

フィルムタイプと呼ばれるサーバーは、ボトルの返品が不要な使い捨てタイプになっています。こちらのものは水を使用する際にボトル内に空気が入ることはなく、水の入った容器自体がどんどん圧縮されて小さくなっていきます。素材も薄く、水を使い終わると小さく折りたたんでそのまま破棄することができるため、ボトルを業者に返す必要もありません。

使い捨てのためボトルはいつでも新品です。ゆえにボトル内はいつでも清潔で、中の水の衛生面も心配ありません。

 

【衛生面での工夫3】定期的なメンテナンス

業者によっては2年に1度や、1年に1、2度の定期的なウォーターサーバーのメンテナンスを行っています。その際は専用の工場に運ばれ、機械の内部まで分解して点検した上で洗浄を行っています。中には定期メンテナンスの際に本体自体を新品に交換する業者もあります。

メンテナンス費用は毎月のサーバーレンタル料に上乗せして含まれている場合と、含まれてなく別途費用が発生する場合もあります。

清潔な水を保つためにもメンテナンスは大切です。ウォーターサーバーの利用を考えている場合はメンテナンス費用についても事前に確認しておくといいでしょう。

 

ウォーターサーバーを清潔に保つために自分でもできるお手入れ方法

いつでも衛生面で安心な水を利用するために、家庭でもできる簡単なお手入れ方法があります。アルコールを付けた布やアルコールティッシュで拭き取るだけであり、手間も時間もかからず簡単です。

ボトルの交換の際に、ボトルの差し込み部分を拭き取るようにしましょう。また、水が出てくるコック部分は日常で手が触れやすい部分になるため、1日1回程度拭き取るとよいでしょう。水受け皿も水がたまったまま放っておくとカビが生えやすいため、気がついた際に掃除をするときれいな状態を保つことができます。

 

おわりに

いかがでしたか?
いつでもおいしく安全な水を飲むために、ウォーターサーバーの衛生面を考える人は少なくないでしょう。小さなお子さまが毎日飲む水となればなおさらです。一般的にはどこの業者もそれぞれ工夫がされ、いつでも清潔な水を利用することができるようになっています。加えて家庭でもできるお手入れをこまめに行っていれば心配はいりません。安心してウォーターサーバーを利用してください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP