なるほど納得、健康のこつはミネラルウォーターとヘルシードリンキング!

healthy-drinking_01

今やミネラルウォーターはおいしくて安全なだけでなく、健康を意識した飲み物としても人々から求められています。ヘルシードリンキングが増える背景には、どんな事情があるのでしょうか?

1. もう水道水は・・・飲めない!?

水道会社は日夜安心と安全、そしておいしのために水道水の改善を続けてはいますが、ここまでミネラルウォーターが一般的になった社会においては、やはりもう水道水は飲用できない、という人も多くなってきています。

理由はさまざまですが、やはりカルキやカビの臭いや味、さらには発がん性物質のトリハロメタンといったものも気になってしまうでしょう。特にマンションに押すまいの方の場合は、共有の受水槽へ異物が混入したり、カビが発生したりすることにも不安を覚えると言います。

こうしたリスクを回避するのであれば、やっぱりミネラルウォーターが一番だ、となったのではないでしょうか?

 

2. ミネラルウォーターを飲み始めるきっかけは「健康」

「ミネラルウォーターはおいしくて安全だ」こうした理由から、ミネラルウォーターを飲み始めたという方は多いでしょう。実際、前述したように水道水に不安を抱えている人のほとんどはこうした理由がきっかけとなっているようです。

しかし最近になって、「ミネラルウォーターは健康に良い」という点に注目をする人が増えているようです。特にその水中にしみこんでいるミネラルへと関心を持ち、自信の健康を保つためにミネラルウォーターを飲み始めた、という人が急増しているそうです。

 

3. ミネラルが健康に与える影響

実際に、ミネラルウォーターには健康になる効果が多分にあると言われています。例えば、アメリカで行われた調査によると、飲料水のミネラル量が、狭心症や心筋梗塞といった循環器疾患の死亡率に対して影響を与えていることがわかりました。ミネラルを多く含んだお水を常飲している人の方が、なんと死亡率が低かったのです。

また、ミネラルウォーターに含まれるミネラルは水に溶けている状態が最も吸収性に優れるという特徴を持っているため、食物意外からミネラルを補給するのであればミネラルウォーターが最適であると言えるのです。

 

おわりに

ミネラルウォーターにはさまざまなタイプがあり、飲用と料理ではそれぞれ違うものを使い分けるなど、さまざまな利用法があります。健康に良いからと言ってミネラルが溶けすぎた硬水を選ぶと、飲み口が合わなくておいしくなかった、というケースも多いようです。

このように、自分に合うミネラルウォーターを見つけ、それぞれの特長を生かした利用法をするのが、これからの正しいミネラルウォーター活用法となるでしょう。健康になれておいしくて安全。まだ試していない方は、ぜひ一度飲んでみましょう。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP