自分で作れる!簡易経口補水液の作り方

自分で作れる!簡易経口補水液の作り方

毎年、夏になると熱中症で倒れる人が続出します。

熱中症とまではいかずとも、夏バテで食欲がなくなってしまったり、外出していると日差しの強さにクラッとして倒れそうになってしまったりなど、経験のある人も多いのではないでしょうか。

夏はたくさん汗をかきますが、かいた汗の分だけ水分を補給することが大切です。とはいえジュースなどをガブ飲みするのは糖分のとり過ぎになり、健康によくありません。夏の疲れたからだにおすすめなのは経口補水液です。からだが疲弊していても効率的に水分を吸収できるとして、認知が広まってきています。

この経口補水液、実は簡単に自分で作れることをご存じでしょうか?簡易経口補水液の作り方をご紹介します。

経口補水液は、食塩とブドウ糖を混ぜた水のこと

最近、CMなどでも流れている経口補水液ですが、どんなものかご存じでしょうか?

経口補水液は、簡単に言うと水に食塩とブドウ糖を混ぜた飲料水のことです。食塩由来のナトリウムイオンとブドウ糖が小腸で吸収される際に、同時に水分も吸収されることが分かり、熱中症など脱水症状でうまく水分が吸収できない際に効率的に水分が吸収されるとして、認知が広まってきています。

脱水症状とまではいかずとも、夏バテで食欲がなくて栄養が満足にとれていないときや、からだが疲れているときなどに飲むことで、水分のほかにも汗で失われた塩分を補給し、ブドウ糖をエネルギーに変えることができるのでおすすめです。

スポーツドリンクとの違いは、塩分濃度と糖分量

コンビニやスーパーなどで手軽に購入できるスポーツドリンクは、運動で汗をかいた際の水分補給として飲まれているイメージがありますが、経口補水液とは内容が少し異なります。

一般的なスポーツドリンクは、経口補水液よりも塩分量が少ないため電解質濃度が低く、逆に砂糖を多く使っています。スポーツドリンクは味や飲みやすさを考えて作られていますので、からだを動かした後にゴクゴク飲むものとしては爽快感や満足感があり、スポーツドリンクを好んで飲むことにはまったく問題ありません。

夏バテなどからだが疲れ、脱水症状が出ているような状態であれば、スポーツドリンクよりも経口補水液のほうが効率的に水分やエネルギーが摂取できるかもしれません。

体調や好みにあわせて選ぶことをおすすめします。

作り方は簡単、自宅でも経口補水液は作れる

経口補水液は、自宅で簡単に手作りできることをご存じでしょうか?家にあるものだけで作れるうえ、作り方もとても簡単です。

用意するものは三つだけ、「水」「塩」「砂糖」です。自宅でまったく料理をしない人は買ってこなくてはなりませんが、どの家にもあるものだけで作れます。

塩と砂糖の配合量ですが、水500mlに対して塩は小さじ1/4杯ほど、砂糖は大さじ2杯ほどが目安です。

コップやボウルなどでも作れますが、じゅうぶんに溶かすことを考えるとペットボトルで作るほうがフタをして振って混ぜやすいので、おすすめです。ペットボトルに塩と砂糖を入れる際は、紙をじょうごのように円すい状に丸めてペットボトルの飲み口に当てると、こぼさずに上手に入れることができます。

砂糖の量が気になる人もいるかもしれませんが、ペットボトル飲料500mlあたりに含まれている砂糖の量はもっと多いので、市販のスポーツドリンクに抵抗がある場合は手作りのほうがおすすめです。

また、飲んでみると分かりますが、味がうすいと感じるかもしれません。その場合は、レモンなどのかんきつ類をうすく切ったものやミントの葉を入れてみると、すっきりした味わいになって飲みやすくなりますよ。

経口補水液作りには、水の質も大切

経口補水液を作るには、水の質も大切です。水道水でもじゅうぶんですが、夏場になると細菌が混入するなどの恐れがある場合もありますし、カルキの臭いや味が気になることも。せっかく手作りしても、何となく飲む気になれない、となってしまうのはもったいないことです。

経口補水液を作るときは、できればミネラルウォーターを使用するほうが安心です。ミネラルウォーターには、汗をかくことで失いがちなミネラルが含まれていますので、水道水よりも経口補水液づくりに向いています。

経口補水液を毎日作って持ち歩くことを考えると、手軽においしい水が用意できるミネラルウォーターサーバーがおすすめ。少量のお湯で砂糖と塩を溶かしてから冷たい水を注げば、しっかり砂糖と塩が溶けた経口補水液を手軽に作ることができるのもポイントです。

おわりに

自宅で簡単に手作りできる経口補水液を持ち歩けば、外で少し体調が気になったりした際に手軽に水分を補給できるほか、汗で失われた塩分もとることができます。

味もレモンやミントなどを加えたり、ハチミツで風味を変えてみたりなど、自分好みにカスタマイズすることができます。

この夏は、経口補水液を手作りして外出時に持ち歩いてみてはいかがでしょうか?

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP