歯の健康にとって、お水による水分補給がとても大切な理由

hydration-and-health-of-teeth_01

人間の体の60%は水分でできていると言われています。それだけに体は常に新鮮な水を取り入れる必要があります。水分補給は健康を維持するためには切っても切れない関係ですが、水分であれば何でも良いというわけではないのです。お茶やコーヒー、ジュースなどで必要な水分を補おうとすると、歯と口の健康を損なう原因を作ってしまう可能性があります。歯の健康と水分補給は深く関わっていると言っても間違いではありません。特に赤ちゃんの場合は歯が弱いことも多いので、飲み物に関してはかなり慎重に管理する必要があります。

ここでは歯の健康と水分補給の関係について説明していきます。

水分補給による色素沈着は虫歯のもと

職場や家庭で、コーヒーや紅茶を水分代わりにたくさん飲む方もいますが、これは口内環境にとって好ましいこととはいえません。「お砂糖は入れてないから大丈夫」というのは実は間違いです。

お茶やコーヒーなどはタンニンという茶渋の成分が歯に色素を沈着させてしまいます。着色は歯の細菌の増殖を促すので注意が必要です。また、歯に沈着した着色物は表面にデコボコとしたおうとつがあり、歯周病や虫歯菌を吸着しやすい状態になってしまいます。水分代わりにこれらをガブガブと飲むと、知らず知らずのうちに歯周病や虫歯を呼び寄せることになりかねません。

お茶やコーヒーは嗜好(しこう)品として楽しみ、日頃の水分補給はあくまでもお水で摂取することが望ましいと言えるでしょう。

 

アルカリ性の水で口内を中性に保つ

歯を痛める原因は虫歯だけではありません。その他の要因のひとつとして、酸蝕歯(さんしょくし)というものが挙げられます。酸蝕歯という症状は、酸性の飲食物が直接歯のエナメル質を溶かすことによって生じます。

酸蝕歯を防ぐためには、歯を中性に保つことが大切です。歯磨きは大きな予防になりますが、酸性の強い飲食物を摂取した後にすぐに歯磨きを行うと、場合によっては柔らかくなっている歯を傷つけてしまう可能性があります。そのため、まずは食事中や食事後に唾液の分泌を促して口内環境を中和することが大切です。唾液の分泌を促すにはこまめな水分補給が良いとされています。また、清涼飲料水などの酸性の強い飲み物は食事中はできるだけ避け、ここでもお水を取るようにしましょう。お水は中性やアルカリ性で着色要素はなく、歯にとってとても優しい飲み物であると言えます。

 

こまめな水分補給で口臭対策

口腔(こうくう)内の水分が少なくなると、雑菌が繁殖しやすい環境になります。よって、唾液の量が少ないとそれだけ口臭が発生するリスクも高くなってしまいます。普段口の中が乾きやすい人や、水分を取る量が少ないという人は注意が必要です。唾液があまり出ないと感じる人は、こまめに水分を補給して、外からの水分を補うようにすると良いでしょう。

近年よく耳にするドライマウスは、唾液の分泌が少なくなり口腔(こうくう)内が乾燥した状態になってしまう症状です。ドライマウスの人は口臭の悩みを持つ場合も多く、やはり口腔(こうくう)内の水分量というのは口臭と密接な関係があると言えます。

また、空腹時や緊張した際も唾液の分泌が通常よりも大幅に減ります。こういった状況の時に口の中がとても乾く感覚を経験したことがある人も多いでしょう。この場合も意識して水を含むようにすると口内が潤い、それだけで口臭対策になります。

 

おわりに

水分補給は歯と口の健康を促すのにとても大切な役割を持っています。水分補給が逆に歯の健康を脅かさないためにも、コーヒーや紅茶、ジュースなどは控えめにして日頃からお水を飲む習慣をつけることが大切です。

こまめにお水を飲んでいれば、知らず知らずのうちに口内環境を整えていることになります。色素沈着や虫歯、酸蝕歯のリスクを持たないお水はまさに水分補給に最適です。自身のお口の健康、そして赤ちゃんのお口の健康を守るためにも、積極的に水を飲むようにしましょう。

 

 

Pocket

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP