今日から実践できる!二日酔いを防ぐお水の飲み方

今日から実践できる!二日酔いを防ぐお水の飲み方

新年会や忘年会の季節になると、お酒を飲む機会が増えますよね。つい飲みすぎて、頭痛や吐き気に襲われた経験がある方は多いのではないでしょうか。

そんな厄介な二日酔いに対して有効な対策方法の一つが水分補給です。お酒を飲む時にお水も一緒に摂取することで、二日酔いの症状を緩和させたり、予防したりすることができますよ。

ここではお水が二日酔いを防げる理由や効果的な飲み方などをご紹介します。いつも二日酔いに悩まされている方は、ぜひ読んでみてください。

 

どうしてお水で二日酔いを防げるの?

お酒を飲むと血中のアルコール濃度が上昇していき、体内のアルコールを分解するために肝臓が活発に働きだします。この活動によって、アルコールは次第に中性脂肪などへ変化。身体に必要なエネルギー源となります。この時、不要な成分は水や炭酸ガスに分かれて体外に排出されていくのです。

しかし、肝臓が処理できるアルコールの量には限度があり、それを超えると肝臓は上手く機能することができなくなってしまいます。すると、分解しきれなかったアルコールがどんどん体内に蓄積していき、やがて水分不足となって吐き気や頭痛などの二日酔いの症状が出ます。

これらのことから、お酒を飲む時には適度に水分補給をし、血中のアルコール濃度の上昇を抑制すれば、二日酔いを防ぎやすくなるというわけです。

 

二日酔いを防ぐお水の飲み方

二日酔いを予防するために欠かせない水分補給。なるべく身体に負担をかけないようにするには、「お酒を飲む直前にお水を飲む」、「お酒を水やお湯で割って飲む」ことがおすすめです。

このほかにも、お酒の合間にお水を飲むのも効果的。そして、お水はお酒と同じ量、もしくはそれ以上飲むといいと言われています。

体内のアルコール濃度を下げてくれるため、酔いが回るスピードが緩やかになりますよ。この時、「1杯飲み終えたら水を飲む」のではなく、「お酒とお水を交互に少しずつ飲む」ことを心がけると良いでしょう。また、飲酒中の排尿によって体内の水分が不足する場合もあるので、お酒の場が終わった後にもお水を飲んでおくのを忘れないようにしてください。

 

不足したミネラル天然水で補いましょう

二日酔いになってもならなくても、飲酒によって排尿すると、体内からは多くのミネラルが失われていきます。ミネラルは身体にとって必要不可欠な要素であるので、不足した分はしっかり補わなければなりません。そのため、飲酒した際にはミネラルを豊富に含んだ天然水を飲むようにしましょう。

とはいえ、水道水と違って天然水はお店で購入しなければならないという手間がありますよね。自宅でもお酒を頻繁に飲む方にとっては少し面倒に感じるかと思います。

そんな方におすすめしたいのが、ウォーターサーバーの導入です。自宅にウォーターサーバーがあれば、新鮮な天然水を手軽に飲むことができますし、宅配業者が定期的に配送してくれるため、お酒を飲むたびにお水を買う手間が省けますよ。

ミネラル豊富でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバーは?

天然水がおいしいメーカーといえば、サントリー南アルプスの天然水のウォーターサーバー。誰もが知るお水の名産地である南アルプスから汲み上げられた天然水には、ミネラルが豊富に含まれており、口当たりはまろやかでとても飲みやすいと評判です。

ウォーターサーバーは「温水」「冷水」が出るものが一般的ですが、サントリーのサーバーはなんと4段階の温度設定が可能。暑い日には通常モードでキンキンに冷えたお水をお酒のお供にしたり、寒さを感じる日には、弱温モードのお湯でお酒を割ったり。お酒を飲む時の気分や季節に合った温度のお水がすぐに利用できるのは嬉しいポイントです。

 

サントリー南アルプスの天然水の詳しい情報はこちらから↓
サントリー南アルプスの天然水の詳細ページへ

 

おわりに

二日酔いを予防するには、飲酒前にお水を飲んだり、合間に水分補給したりすると効果的ということがわかりました。

適度に適量のお水を摂取すれば、血中のアルコール濃度の上昇を抑制でき、酔うスピードも緩やかにできます。二日酔いに悩まされないために、お酒を飲む時にはお水も一緒に飲む習慣を付けておくと良いですね。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP