スポーツ界で話題の水分補給法、「ウォーターローディング」って何?

スポーツ界で話題の水分補給法、「ウォーターローディング」って何?

「水を飲む」ということは、人間が生きていくうえで、絶対に欠かすことのできない行動です。ただ、このようにごくごく当たり前のこと、身近なことであるからこそ、先人は、「よりおいしく」「より便利に」「より効率よく」水を摂取する方法を探ってきたと言えるでしょう。

このような研究は今も続いています。おいしい水はよく取り上げられますし、水分の補給の仕方もいろいろと研究されています。今回はそのなかから、「ウォーターローディング」というものについて取り上げましょう。

 

ウォーターローディングってそもそもどんなもの?

おそらく、多くの人にとって、「ウォーターローディング」という言葉はまったく聞きなじみのないものだと思われます。そのため、ここではまずは「ウォーターローディングとは何か」ということから解説していきましょう。

ウォーターローディングというのは、水分補給の方法のうちの一つです。この手法は、「スポーツ」と切っても切り離せない関係にあります。

スポーツをしているとき、私たちの体は非常に多くの汗を排出します。この汗は体温の調節に役に立つものではありますが、同時に、水分を失うことによって運動能力が低くなってしまうというデメリットもあります。

そこで出たのが、ウォーターローディングという考え方です。

これは、「喉が渇いてから水を飲む」というのではなく、「喉が渇いていないときでも、こまめに水をとる」という手法です。これをすることにより、「体のなかに水分がしっかり満たされた状態」をつくりあげることができます。汗をかいたとしても、「しっかり満たされた水分」から汗が排出されることになるので、運動能力の急激な低下が招きにくくなると考えられているのです。

ただ、「毎日こまめに飲む」といっても、どれくらいが基準かわからない、という人もいるでしょう。これについては、「1日に、1リットル~1・5リットル程度。1回で飲む量は250ミリリットル程度」という基準が出されています。

また、このウォーターローディングは、「試合の1カ月ほど前」から行うことが適当とされています。しかしながら、スポーツの後にも同じような生活をすることが望ましいとする考えもあります。このように考えていくと、ウォーターローディングというのは、スポーツをやる人の水分補給方法であると同時に、ライフスタイルそのものにも影響を与える飲み方だと言えるのかもしれません。

 

ウォーターローディングで摂取すべき水について~ミネラルウォーター

では、このようなウォーターローディングを行う際に、摂取すべき水分について考えていきましょう。

ウォーターローディングを行う際には、どのような水分をとるのが望ましいのでしょうか。

これについては、大きく分けて二つの考え方があります。

まずは、一般的な「水」。ただし、普通の水は、水分こそ補給はできるものの、運動によって失われてしまうミネラルの補給ができません。そのため、ミネラルウォーターのように、ミネラル分が含まれている水を飲むのが望ましいと言われています。

硬度の目安としては、30程度です。「軟水」に分類されているのですがミネラル分も含むため、これくらいがちょうどよいと考えられています。

「サントリー南アルプスの天然水」などが硬度30の水です。このサントリー南アルプスの天然水はウォーターサーバーも打ち出しています。ウォーターサーバーであれば定期的に水を届けてくれるためスーパーやコンビニで買う手間が無く、お水の料金もお得に。

ばやりのマイボトルに入れて持ち運びすれば、会社など外出先でも手軽に水分補給を行うことができますよ。

 

スポーツドリンクをどう考えるか

ウォーターローディングの際に摂取するべき水分について、賛否両論が分かれているのが「スポーツドリンク」です。

スポーツドリンクは効率よく糖分や栄養分を補給することができます。また、運動中に飲む水分として、あくまで主観的なものではありますが、「ミネラルウォーターだけを飲んでいた場合、疲れが強く感じた」という調査結果もあり、ウォーターローディングを扱う多くのところでは、スポーツドリンクを推奨しています。

ただし、これに関しては、警鐘を鳴らす声もあります。なぜなら、スポーツドリンクには大量の砂糖が含まれているからです。特に、その運動が軽微なものであるのなら、スポーツドリンクによる水分の補給は危険である、と指摘する声もあります。

スポーツドリンクについては、いろいろと意見が分かれています。ただ、屋外で激しく動き回るスポーツであるのなら、スポーツドリンクは有用な味方となるでしょう。

 

おわりに

「水分の補給」という、私たちがごく当たり前にやっている行動。これについても、実はさまざまなやり方があるのですね。ウォーターローディングというのはそのやり方の一つではありますが、実はこれは、マラソン選手が給水場で給水しているところからの発想だとも言われています。

運動をするときには水分は欠かせません。脱水症状を防止するためにも、きちんと水分をとっておきたいものですね。また、「どのような水分をとるか」は専門家によって見解がわかれていますから、自分のスポーツの強度とも相談しましょう。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP