ウォーターサーバーの水でアトピーの改善が期待できるって本当?

ウォーターサーバーの水でアトピーの改善が期待できるって本当?

アトピーは子どもから大人まで発症する病気で、年々医療機関を受診する方が増えているそうです。(参考資料:厚生労働省資料 アレルギー疾患の現状等

アトピーの治療には、主に薬の服用や、生活習慣・食生活の改善などが効果的だと言われています。

とはいえ、普段の生活や食事を改めることってなかなか難しいですよね。そんな方に試してみてもらいたいのが、ウォーターサーバーの水でアトピーの改善を試みる方法です。

「本当にそれで治るの?」と疑問に思った方も多いでしょう。そこで今回は、気になるその真相に迫りたいと思います。アトピーに悩まされている方は、ぜひ読んでみてください。

 

水道水を飲むとアトピーを悪化させる危険性がある

普段、料理や水分補給に水道水を使っている方は多いですよね。日本の水道水がそのまま飲めるのは、「塩素」によって殺菌処理が行われているおかげというのを知っていますか?

この塩素は、水道水1Lあたり0・1mg以上の濃度を保つように水道法で規定されていますが、人体にはさほど影響は無いと言われています。

しかし、害が無いレベルの塩素濃度とは言え、実はアトピーの方にとってはかなり危険です。

アトピーは何らかの物質が体内に取り込まれ、アレルギー反応を起こすことで発症します。塩素はその原因となる物質の一つ。そのため、水道水を飲むと身体が塩素に反応してしまい、症状が悪化したり、回復が遅くなったりといった恐れがあると言われているのです。

また、塩素を摂取し続けると、腸内の善玉菌の数が減少し、次第にバリアー機能も低下していきます。すると、食物アレルギーを発症しやすくなる、免疫力が落ちるといったリスクも高まるようです。

 

なぜウォーターサーバーの水でアトピーの改善が期待できるのか

それでは、同じ水なのになぜ、ウォーターサーバーの水ならアトピーの改善が期待できると言われているのでしょうか。結論から言うと、ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていないからです。

「塩素で殺菌処理されていないなら、安全性が低いのでは?」と思われるかもしれませんが、心配ありません。各地から採水してきた水は、ろ過や加熱によって品質が保たれており、身体に害が及ぶ可能性がある塩素を使用していない分、水道水よりも安心度が高いと言えるでしょう。

 

ペットボトルの水ではダメなの?

「塩素が含まれていなければ、市販されているペットボトルの水でも良いのではないか」と思う方もいますよね。ですが、飲料としてならともかく、料理にも使うとなると500mlや2Lのペットボトルだとすぐになくなってしまいます。それに、いちいち購入するのは面倒ですし、自宅まで運ぶのも大変です。

しかし、ウォーターサーバーならボトル1本の水容量が7Lや12Lといった大容量のものが多いため、すぐに空になってしまうことはありませんよ。業者によって定期的に宅配してもらえるので、わざわざお店まで買いに行く手間も省けます。

そういったことを考えると、ペットボトルよりもウォーターサーバーを導入した方が何かと便利だと言えるのではないでしょうか。

 

日本人が飲みやすい軟水のウォーターサーバーがおすすめ!

水分補給や料理などで毎日利用するものですから、なるべくおいしくて飲みやすい水を選びたいものですよね。各メーカーが提供している水にはさまざまなタイプがありますが、比較的日本人の口に合うとされているのは、硬度の低い「軟水」のようです。

そして、そんな軟水を取り扱うメーカーでおすすめなのが「コスモウォーター」です。なんと、コスモウォーターは、「富士の響き」「日田の誉」「古都の天然水」の3種類の水から好きなものを選択することが可能。特に、「富士の響き」は2015年度にモンドセレクションの金賞を受賞したことがある栄誉ある水なので、申し分ないおいしさを堪能できることでしょう。

 

コスモウォーターの詳しい情報はこちらから↓
コスモウォーターの詳細ページへ

 

おわりに

いかがでしょうか。私たちが普段口にしている水道水には、ごくわずかな塩素が混入していることがわかりました。そして、アトピーの方は身体が塩素に反応してしまうので、症状が悪化したり、治るまでに時間がかかったりするようです。一方、ウォーターサーバーの水は、塩素を用いない方法で殺菌されているため、塩素による影響を受ける恐れがありません。

「アトピーを持っているけど、食生活や生活習慣を改善するのは難しい」という方は、ウォーターサーバーの水に変えることでアトピーの症状が緩和するかもしれません。今回のコラムを参考に、ぜひウォーターサーバーを導入してみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP