ミネラルウォーターの賞味期限はどのくらい?開封後の賞味期限は?

40871321_35W-600x400

さまざまな種類が販売され、みなさんの生活の一部となっているミネラルウォーター。セールの際に、大量にまとめ買いされている方も多いと思われます。そんなミネラルウォーターの賞味期限は、いったいどれくらいあるのでしょうか。開封前と開封後で、賞味期限に変化はあるのでしょうか。
ここでは、ミネラルウォーターの賞味期限について詳しくご紹介します。

ミネラルウォーターの賞味期限は、「おいしく飲める期間」

そもそも、ミネラルウォーターに賞味期限が設定されているのはなぜでしょうか。それは、ミネラルウォーターを「おいしく」飲める期間には、限度があるからです。
賞味期限をすぎても、ペットボトルの水は衛生面では何ら問題はありません。しかしながら、実はペットボトルにはわずかながら気体透過性があり、長い間保管していると、周囲のものの「におい」が移ってしまう可能性があるのです。
周囲の「におい」が移って風味が変わってしまい、味わいを損ねる可能性があるため、ミネラルウォーターには賞味期限が設定されています。とはいえ、衛生面に問題はないため、飲むこと自体は可能であると言えるでしょう。

開封前の賞味期限

開封前の賞味期限は、常温保存でも冷蔵保存でも変わりありません。パッケージに記載された賞味期限どおり、飲むのに適した状態を保つことができます。賞味期限は、1.5〜2リットルサイズのパッケージで2年、550ミリリットルサイズのパッケージで1年程度となっています。

賞味期限の違いは、「外部からの影響」の差

同じ水であるにも関わらず、なぜサイズによって賞味期限が違うのでしょうか。それは、サイズの大きさによって、外部から受ける影響に違いがあるからです。
サイズが大きければ大きいほど、外部から受ける影響は分散され小さくなります。逆に、サイズが小さければ小さいほど、表面積も小さくなるため、外部から受ける影響は大きくなります。このため、ミネラルウォーターを「おいしく」飲める期間は、パッケージサイズが大きい方が長く設定されています。

開封後のミネラルウォーターは、できるだけ早く飲むこと

ミネラルウォーターを開封してしまうと、その瞬間から空気中の細菌が混入し、腐敗が始まります。特に口をつけて飲むと、唾液や細菌が一気に混入し、腐敗の進行が早くなります。開封した瞬間から、賞味期限は「適用外」となってしまうため、できるだけ早めに飲みきってしまいましょう。
開封後は、常温であれば1日が限界といわれています。沸騰させれば1週間程度なら飲むことができますが、早めに使い切るにこしたことはありません。冷蔵庫で保管すれば細菌の繁殖を抑えることはできますが、それでも1週間以内に使い切るのがベストでしょう。

保管は直射日光を避けて、涼しい場所で

ミネラルウォーターを長期で保存する場合は、きちんとした保管場所を選ばなければなりません。「直射日光」が当たる場所や、「湿度や温度が高い場所」は避けましょう。また、前述のとおり、「におい」が移る可能性があるため、近くに強い「におい」を持つものがない場所を選びましょう。

おわりに

普段の飲料用としてだけではなく、災害があったときのための非常用としても使えるミネラルウォーター。確かに、未開封であれば賞味期限をすぎても飲むことはできるかもしれません。ですが、どうせ飲むのであれば、できるだけおいしく味わえるようにしておきましょう。そのためには、賞味期限の長いものを選び、適切な場所に保管することが重要です。
また、開封後は水が痛まないうちにできるだけ早めに使い切ることを心がけ、「痛んだ水を飲んでおなかを壊した」などということがないように気をつけましょう。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP