天然水の非加熱処理とはどんな方法か

天然水の非加熱処理とはどんな方法か

各ウォーターサーバー会社が販売している天然水は、安全な品質を保ったままお客様へ提供するため、必ず殺菌処理が施されています。そのほとんどが高温で菌を撃退する加熱処理方式が取られていますが、中には熱を使用しない「非加熱処理」という手法にこだわっている会社も。

今回は天然水の非加熱処理とは何なのか、掘り下げてみたいと思います。

なぜ非加熱処理が通用するのか

ウォーターサーバーの水に限らず、我々が口にする飲料水というのは何らかの殺菌処理が必ず施されています。

例えば、日常的に使用している水道水も塩素の影響で白く濁ったような色になったり、カルキの影響から少し味にクセが残ったりという痕跡が見受けられますよね。私たちが飲むお水というのは、そのような安全管理のもとに届けられているものなのです。

その中でもっとも一般的な方法が加熱殺菌です。食品衛生法では、ミネラルウォーターの加熱殺菌を行うにあたって「85℃で30分間」という具体的な時間を示しています。

容器包装に充填し、密栓もしくは密封した後殺菌するか、又は自記温度計をつけた殺菌器等で殺菌したもの若しくはろ過器等で除菌したものを自動的に容器包装に充填した後、密栓若しくは密封しなければならない。この場合の殺菌又は除菌は、その中心部の温度を85℃で30分間加熱する方法その他の原料として用いる水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を死滅させ、または除菌するのに充分な効力を有する方法で行わなければならない。

引用 厚生労働省 食品別の規格基準について【清涼飲料水】

このように、国が定める安全基準は非常に厳しいもの。加熱処理はミネラル成分や酵素などが若干失われてしまうという懸念がありつつも、殺菌処理に効果的であるということから、未だ多くの会社が採用している方法です。

では、天然水を非加熱処理で提供できるというのはどういうことなのでしょうか。答えは至ってシンプルです。

それは加熱処理の必要がない天然水を汲み上げているということ。原水の時点で国が定める基準値をクリアしているのです。

非加熱処理で提供しているウォーターサーバーの採水地でも、特に多いのが富士山ですが、主に地下何百メートルといった場所から採水しています。富士山の硬い玄武岩が放射能による土壌汚染や水質汚染を防ぎ、とてもキレイな水質を保っているということですね。

非加熱処理のメリット・デメリット

では、非加熱処理の水を飲む場合、どんなメリットがあるのでしょうか。またデメリットのようなものは存在するのでしょうか。

非加熱処理なら美味しさと栄養分を損なわない

非加熱処理のもっとも大きなメリットは、美味しさを始めとする天然水の特徴が失われにくいという点です。

まずは美味しさについて。お水の味を左右する大きな要素して、「溶存酸素」という概念があります。これは、水の中に溶けている酸素量のことですが、美味しい水ほど酸素量は多く、逆に汚染水などはとても少ないと言われています。加熱処理を行うと、この溶存酸素や二酸化炭素が減少してしまうため、若干ではあるものの品質の低下は否めません。

さらに、本来含まれているミネラル分も、加熱処理で100%残すということは難しいと言われています。非加熱処理は、天然水の美味しさと栄養分を余すところ無く摂取できる特別な加工法なのです。

コストがかかるのが難点

非加熱処理にもさまざまな方法があります。脱臭力や酸化力、殺菌力に優れる「オゾン殺菌」、太陽のエネルギーを利用した「紫外線殺菌」、一般細菌・真菌を完全に無菌濾過することのできる「高性能フィルター殺菌」が有名です。

しかし、加熱処理よりも加工に手間のかかるこれらの非加熱処理は、総じてコストが高くなると言われています。いずれも天然水の持つ特徴は失われにくい素晴らしい手法ではありますが、お水の価格にもしっかりと反映されているのも事実です。

おわりに

今回は天然水の処理方法のひとつである、非加熱処理を取り上げてみました。コスト面でのデメリットについても書きましたが、天然水の美味しさや栄養分を損なわない、素晴らしい加工方法であることに間違いはありません。

興味のある人は一度ぜひ味わってみてください。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP