RO水のミネラル添加ってどういうこと?

RO水のミネラル添加ってどういうこと?

RO水は、お水に含まれているあらゆる不純物を取り除いた純水です。しかし、ウォーターサーバーで取り扱いのあるRO水のほとんどは、ROろ過の行程を経た後に人工のミネラル分を添加しています。それにはどのような理由があるのでしょうか。

今回はRO水に添加されているミネラルについて触れたいと思います。

なぜRO水にミネラルを添加するのか

RO水の原水となるお水はウォーターサーバーのメーカーによってまちまちですが、もっとも多いのは全国各地にRO水の製造工場を設け、その土地の河川の水、水道水などを使用しているというパターンです。

また、メーカーによってはアルプスの天然水をROろ過するなど、原水に徹底したこだわりを持っているところも見られます。どちらにしても、自然が豊富な土地で採水されているので、原水自体もきれいなものですが、このお水をさらにRO処理しているというわけですね。

答えはROろ過の仕組みにあった!

RO処理とは、通常の浸透圧とは逆の強い圧力を水にかけることにより、逆浸透を発生させ、水分子だけを移動させるという技術です。浸透膜の穴はひとつひとつが0.0001ミクロンという超極小のもので、塩素やカルキはもちろん、ウィルスや放射性物質に至るまでほとんどの有害物質を除去することが出来ます。

ただし、ここで注目したいのは水分子以外を除去してしまうという点です。

つまり、RO処理によって高い安全性を持つ純水になったということは、予め原水に含まれていたミネラル分までもが取りされている状態になります。ミネラルは水本来の味と栄養素を司っているものなので、これを補うためミネラルを添加します。

純水には味がない!?

RO処理によってミネラル分が失われたお水には、普段口にしている水のような味わいが無くなります。

例えば小学校や中学校の時に、理科の実験などでろ過した水を飲んでみたという経験はありませんか?いわゆる完全なH20といった感じで味もなく、普段ミネラルを含んだお水を飲み慣れている分、余計に美味しくないと感じたのではないでしょうか。

これに関しては、元々の水が天然水であろうと、水道水であろうと関係ありません。どんなお水を使っても、ろ過技術が同じであれば、結果も同じになります。

RO水に添加されているさまざまなミネラル

ウォーターサーバーに添加されているミネラルには、さまざまな種類のものがあります。最近ではミネラルが添加されたお水のことを、デザインウォーターなどとも呼ぶようになり、人気になっていますね。

必須ミネラルをバランス良く含ませる

人間の体には、最低限必要な必須ミネラルというものがあります。その代表的なものが4大ミネラルと言われるカルシウムマグネシウムナトリウムカリウムです。これらのミネラルが含まれているかどうかでお水の味は大きく変わります。

天然水を例にとって考えてみると幾分わかりやすいかと思いますが、全国各地で取れる天然水は、それぞれ微妙に味わいが異なるものです。マグネシウムの含有量が少なければ甘みが増したり、多ければ苦味が感じられたりということですね。

つまり、ミネラルを添加する際の配合量のバランスで大きく味わいが変わってくるということになります。

必須ミネラルが添加されているRO水3社をピックアップ!
アクアクララ
コスモウォーター
MCMのめぐみ

海洋深層水はミネラルが豊富でとてもキレイ!

海洋深層水は、その名の通り表層部分の海水ではなく、水深200m以下の海水と定義されています。北海道から沖縄まで幅広く取水場が設置され、日々採水されています。

海洋深層水の特徴は、平均水温が1年を通して約2℃と一定性があり、季節や海域による水質のブレがほとんどありません。水深も深いために、生活排水や産業排水などの影響も受けることなく常にキレイな状態に保たれています。

また、表層部分の海水は、そのミネラル成分が植物性プランクトンによってたくさん食べられてしまうのに対し、海洋深層水はカルシウムやマグネシウムなどの4大ミネラルを始め、およそ60種類以上の豊富なミネラルをそのままに残しています。このミネラルバランスが人間の体液とほぼ同じバランスであると言われ、とても注目されているのです。

海洋深層水の利用用途は、飲料水だけではなく、食品や美容・健康用品など幅広く利用されるようになりました。

海洋深層水のRO水が楽しめる3社をピックアップ!
良水市場おいしい水宅配水
海洋深層水の場所:北海道知床らうす
エフィールウォーター
海洋深層水の場所:北海道知床らうす
AQUAMAGIC(アクアマジック)
海洋深層水の場所:北海道知床半島沖、沖縄県久米島沖

ミネラル調整によって個性豊かなRO水に!

RO水にミネラルを添加するメリットには、ミネラルの量や成分を調整することにより、個性を生み出すことができるということも言えると思います。

先に紹介した海洋深層水のミネラルをブレンドしたお水も、豊富なミネラル分と洗浄性の高さという立派な個性がありますし、極端な話、天然水に近い味を追求しようと思えば、それも実現できるでしょう。

RO技術を使用している時点で、安全性は折り紙つきですから、その上で普段の飲水に何を求めるのか、後は選び手の好みに分かれるところかもしれません。

おわりに

今回は「RO水のミネラルを添加ってどういうこと?」というテーマでお話をしました。RO水を提供している各ウォーターサーバーメーカーは安全性だけではなく、味わいについても深いこだわりを持っています。

この記事を読んでRO水のミネラル成分について興味を持った方がいれば、ぜひ今後のお水選びの参考にしてみてください。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP