ウォーターサーバーのお水、選ぶならどっち?天然水とRO水の違いを徹底比較!

ウォーターサーバーのお水、選ぶならどっち?天然水とRO水の違いを徹底比較!

ウォーターサーバーで取り扱われている水は、数多くあります。そのなかでも、「天然水」と「RO水」は明確に区別されて論じられるべきものです。

今回はこの二つの違いについて見ていくとともに、それぞれの特徴や、利用したいシチュエーションなどについて見ていきましょう。

「RO水にしようか、それとも天然水にしようかどちらにしようか迷っている」という人はぜひどうぞ。

 

ウォーターサーバーで取り扱っている「天然水」の魅力と特徴

ウォーターサーバーの会社では、その多くが「天然水」を取り扱っています。

これは文字通り、「天然の水」であり、ミネラル分の調整などのようなかたちでは手を加えていません。おいしい水がとれる採水地からくみ上げた水を使っており、モンド・セレクションなどの受賞歴が多いのもこちらです。(主要なウォーターサーバーのメーカーを比較したときの値です)

天然水は、ミネラル分が入っているため味にうま味があり、飲みやすい味に仕上がっているのが特徴です。それぞれの採水地で微妙に味が異なるので、好みのものを選ぶとよいでしょう。理想的なのは、一度飲み比べをして選ぶという方法です。

日本の主要なウォーターサーバーのメーカーが取り扱っている「天然水」は、その全てが「軟水」に分類されています。軟水というのは、ミネラル含有量が低い水のことを言います。私たちが当たり前に利用している水道水もまた軟水であるため、日本人にとっては極めてなじみ深いものだと言えるでしょう。

このため、この水でも赤ちゃんのミルクをつくることが可能です。また、日本の昔からの料理である「ダシ」を使った料理とも相性がよく、どんな家庭でも取り入れやすいと言われています。

ちなみに、かつては「硬水」を扱ったウォーターサーバーのメーカーもありましたが、現在は市場から駆逐されてしまいました。硬水はお肉を煮込むときなどに効果的な水だったのですが、日本人にとってはやはりなじみがなく、場合によっては腹痛などの原因になってしまうのが、駆逐された理由の一つだと推測されます。

硬水を飲みたい、という人は、スーパーなどで「ミネラルウォーター」を買い求めるとよいでしょう。(ミネラルウォーターのなかにも軟水はあります)

 

 

特殊な水、「RO水」

「RO水」は少し解説が必要でしょう。

これは「Reverse Osmosis」の頭文字をとって名付けられたもので、「ピュアウォーター」「純水」の名称でも呼ばれます。

このRO水は、一般的な天然水とは違い、「RO膜」という特殊な膜を使ってろ過をした水のことを言います。このRO膜は目が非常に細かく、ミネラルウォーターに含まれている不純物を除去します。その除去率は99パーセントとも言われており、水に含まれているあらゆる不純物がほとんど取り去られる、と考えてよいでしょう。

このようにして作られたRO水は、「天然水」が含んでいるミネラル分でさえほとんど存在していません。また、徹底した処理をしているため、細菌類などが存在する可能性も基本的にはなく、まじり気のない、美しい「水」なのです。

ただしこのRO水は、実のところ、あまりおいしいとは言えないと考えられています。もちろん味覚は人それぞれですが、天然水の持つミネラル分は、雑みであると同時に、水に「おいしさ」をもたらすものでもあります。対してRO水はこのミネラル分を含まないため、無味無臭に近く、水としては深みのない味になってしまいます。

RO水は、天然水に比べて値段が安いという特徴があります。「RO膜を使ってわざわざ処理しているのに、いったいなぜ?」と思う人もいるでしょう。RO水は、ろ過をして、その成分のほとんどを取り除くという都合上、「採水地」が問われることはありません。どこの採水地から採取した水なのかを表記していないところが基本なのはそのためでしょう。

ただし、一部例外のウォーターサーバーのメーカーでは、RO水であっても、「どこからとれた水なのか」を明らかにしています。また、たとえ採水地が限られていなかったとしても、上でも述べたように、ろ過をして細菌類も取り除くので安全です。

RO水は、軟水以上に軟らかい水です。そのうえ、不純物も含んでいません。そのため、赤ちゃんのミルクをつくるのに最適な水だと言われています。軟水ならば基本的にはあまり問題はありませんが、赤ちゃんの消化器官というのは非常に不安定なものです。そのため、「純水」であるRO水の方が、安全に使えると考えられているのです。

 

 

おわりに

RO水と天然水は、その特性や特徴、値段に差があるため、「自分の家庭にあうものはどちらなのか」の観点から選ぶようにするとよいでしょう。

「子どもが赤ちゃんで、ミルクを必要としている。ミルクが終わるまではRO水、それ以降は天然水に切り替える」などのように、柔軟に対応するのもよいですね。これが前提となる場合、RO水と天然水の両方を扱っているウォーターサーバーを選んだ方がよいかもしれません。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP