発泡水と炭酸水、どんな違いがあるの?

発泡水と炭酸水、どんな違いがあるの?

健康志向の人が増えてきている近年ですが、持ち歩きのペットボトルなども糖分が多いものでなく、無糖のお茶や水に切り替えている人が多く見られます。あわせて炭酸水も無糖のものが多く出回るようになり、食事の際に飲んでも甘さがないため食事の味を邪魔しないとして愛飲者がたくさんいます。

実は炭酸水は、「発泡水」と「炭酸水」の大きく二つに分けられますが、これらの違いについてご存じでしょうか?意外と知らない炭酸水について、調べてみました。

 

発泡水と炭酸水の違いは「水に含まれている炭酸が天然か、人工か」

シュワシュワとした口当たりが楽しい炭酸水ですが、炭酸水は「発泡水」と「炭酸水」に分けられ、大きな違いがあることをご存じでしょうか?

同じもののように思っている人も多いのですが、発泡水は、ミネラルウォーターの原料となる水に採水の時点から天然の炭酸が含まれている水のこと。一方の炭酸水は、二酸化炭素を加えて人工的に気泡を立たせた水のことをいいます。

人工的に気泡を立たせた炭酸水の場合は炭酸飲料として売られていますが、発泡水は天然の炭酸の性質をもった水、ということで、ミネラルウォーターなどの形で販売されることが多いです。

炭酸水には、さまざまな種類があります。例えば、ろ過、沈殿および加熱殺菌だけの処理をされた地下水が天然水と呼ばれますが、その天然水に炭酸を加えたものや、純水というミネラル分など不純物をほとんど含まない、純度の高い水に炭酸を加えたものなどがあります。

天然水の場合は自然由来のミネラル分が含まれており、味の違いが楽しめるという特長があり、純水の場合は不純物のないクリアな味が楽しめます。

最近では、自宅で水に炭酸を加えることができるグッズが販売されていますので、自宅のミネラルウォーターサーバーからおいしい炭酸水を作ることも可能です。また、水にクエン酸と重曹を加えることで、炭酸水が簡単に作れますので、手軽にミネラルウォーターサーバーから作った炭酸水を楽しむことができます。

無味無臭の炭酸水が苦手、という人は、レモンやグレープフルーツの果汁をプラスすると飲みやすくなります。

 

炭酸水のメリットは、血行促進とダイエット効果

炭酸水には、たくさんのメリットがあります。例えば、疲れを取るという働き。炭酸水には血管を広げ、血行を促進する作用があるといわれています。そのため肩こりなど血流の悪化によって起こる不調を軽減させてくれるという、うれしい効果が期待できるのです。

最近は炭酸系の入浴剤が多く見られますが、炭酸に血行を促進するという効果が見込まれるためです。ほかにも、炭酸水には腸の動きを活発にさせる作用があることから、お通じに効果的だといわれています。さらに、炭酸水を飲むと満腹感が感じられますので、食前や食事中に飲むことで、過剰な食欲が抑えられて食べすぎを抑制でき、ダイエット効果にもつながります。

無糖の炭酸水なら、多めに飲んだとしてもカロリーのとり過ぎにはなりませんので、気になる人は一度、試してみてはいかがでしょうか。

 

海外では、ミネラルウォーターというと炭酸入りが一般的

私たち日本人は、炭酸水というと、シュワシュワと炭酸がはじける甘い飲み物、というイメージがありますが、ヨーロッパなど海外では昔から無糖が定着しています。これは、海外の採水地には発泡水が湧いている場所が多いためです。炭酸水は後味がスッキリしているため、海外の味付けの濃い料理や肉料理などと相性がいいとされています。

特にミネラルウォーターは炭酸入りの発泡水が多く、「ミネラルウォーターはガス(炭酸)が入っているもの」と認識している人が大半です。ミネラルウォーターの中には、発泡水から炭酸を抜く工程を加えるものもありますが、基本的には炭酸入りが広く認知されています。

炭酸入りのミネラルウォーターを「sparkling water(スパークリングウォーター)」「with gas(ウィズガス)」、炭酸なしのミネラルウォーターを「still water(スティルウォーター)」「no gas(ノーガス)」などと呼んで区別しています。海外ではレストランに入ると、大抵スパークリングウォーターが提供されますので、炭酸なしがよければ事前に伝えるようにしましょう。

海外のミネラルウォーターは硬水(カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多く含まれている水)が多いので、個性のある味わいですが、さらに炭酸が加わることで、軟水に慣れ親しんでいる日本人からすると独特のクセがあって飲みづらいと感じることもあります。

ですが海外のレストランで出される食事とスパークリングウォーターの相性はとてもよく、お酒などの飲み物を割るのにも便利なことから、愛飲されていると考えられます。

 

おわりに

血行促進やダイエット効果のある炭酸水ですが、最近では発泡水や無糖の炭酸水が増えてきたため、カロリーを気にせずに楽しむことができるようになりました。

自宅のウォーターサーバーなら、自分好みの味のミネラルウォーターから炭酸水を簡単に作ることも可能ですので、気になる方はぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP