水に関する自由研究テーマを紹介

水に関する自由研究テーマを紹介

小学生の夏休みの宿題として出される自由研究。ほとんどどこの小学校でも、宿題の中に含まれているのではないでしょうか。

アサガオの発育記録や貯金箱の工作などの定番もありますが、毎年のこととなると、だんだんテーマを探すのも大変になってきてしまいます。「今年はどんな自由研究にしよう…」とお悩みのお子さまにおすすめなのが、「水」に関する自由研究です。

毎日何気なく飲んでいる水ですが、実はさまざまなテーマで自由研究ができる、興味深いトピックです。暑い夏休みにおすすめの、涼しげな水の自由研究テーマについて、難易度別にご紹介します。

 

低学年のお子さまにおすすめの、水の自由研究テーマ

低学年のお子さまでも簡単にできて楽しく調べられる、水に関する自由研究のテーマをご紹介します。

水性ペンのマジック

水ににじみやすい水性ペンの特性を生かしたテーマです。

ペーパーコーヒーフィルターをはさみで短冊状や円形に切り、水性ペンで点や線を描きます。何色かの水性ペンで同様に印をつけ、印部分を水につけます。するとインクが水に溶け出し、さまざまな色がグラデーションのように浮き出ます。

これは、水性ペンが複数の色を混ぜたインクによって作られていることによるもの。同じ色でも、メーカーによってグラデーションの出方が変わってきますので、いろいろ試してみると楽しい実験です。

1日に使う水の量を調べよう

1日にどのくらい水を使っているかを調べることで、水が人の生活に必要不可欠であることを知るというテーマです。

1日に飲む水の量を調べるほか、食事やトイレ、お風呂で使用する水の量も調べます。トイレやお風呂に使う水の量は、平均値がインターネットなどから検索することができますので、使用回数を調べておくことで、おおよその水の使用量がわかります。

食事にどのくらいの水が使用されているのかを厳密に調べるのは難しいですが、食材を洗う、煮る、など料理には多くの行程で水が使われていることを知ることができ、水の大切さが分かります。

調べたことをリポートにまとめるだけで、立派な自由研究となりますよ。

 

高学年のお子さまにおすすめの、水の自由研究テーマ

高学年になると、研究テーマに迷うこともあるかも知れません。低学年よりも一歩進んだ、知的好奇心が満足できるような自由研究をご紹介します。

涼しげで不思議、食べられるアクアボール

液体であるはずの水をぷるぷるとしたボールに変身させる、というテーマです。

ある成分二つを、それぞれ水に混ぜて水溶液を作り、一方をもう一方の水溶液に落とし込むだけで、ゼリー状の手で持てる水のボールが作れます。アクアボールを作るには、食用のアルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムを用意する必要があります。ドラッグストアやインターネットでも購入できますが、表示をきちんと確認して食用であることを調べておく必要があります。

作り方は簡単。まず、水200mlにアルギン酸ナトリウムを1g加えてしっかり溶かして水溶液を作り、小分けにして冷凍庫で凍らせます。次に、ボウルに水800mlと乳酸カルシウム5gを加えて混ぜた水溶液を作ります。凍らせたアルギン酸ナトリウムの水溶液をそっとボウルに入れ、3分ほど置くと、アクアボールの完成です。

カルシウムイオンと結合しやすいというアルギン酸の性質を生かした実験ですが、水道水やミネラルウォーターなどで作ると固さに変化はあるか、味に違いはあるかなど調べてみても面白いかも知れません。

水の大切さを知る、見学ツアーの参加リポート

水道の蛇口をひねると、いくらでもおいしい水が出てきますが、水道水はさまざまな工程を経て私たちのもとへ届いています。

各自治体の水道局では、定期的に浄水場の見学をおこなっていますので、参加してリポートを書いてみましょう。予約申し込みが必要なところがほとんどですので、事前に調べておくことをおすすめします。

水がどこから採水され、どんな工程を経ているのかを知ることで、水の大切さを再認識することができます。自治体の水道局だけでなく、ミネラルウォーターの国内メーカーなどでも見学ツアーをおこなっていることがありますので、いくつか行ってみるのも楽しいでしょう。

また、海洋深層水は、深度200mよりも深いところから採水された海水から作られていますので、海水からどのように飲用水が作られるのかを調べてみるのもおすすめです。お子さまだけではなく、親子で見学に行くのもおすすめですよ。

 

インターネットからテーマを探すのもおすすめ

自由研究のテーマに行き詰まったら、インターネットからヒントを得ることもおすすめです。

自由研究に大切なのは自分で実際に研究し、体感して考えることですので、無理に自分でテーマを考え出さなくてはならない、ということはありません。また、最近では自由研究に使えるキットなどもインターネット上で販売していますので、チェックしてみるのもひとつの手です。

 

おわりに

水を使った自由研究は数多くありますので、夏休みの間に親子でいろいろと試してみるのも楽しいのではないでしょうか。

私たちの生活に不可欠な存在である水をお子さまが知り、大切に感じてくれることこそが有意義な研究結果であるのかも知れませんね。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP