どのくらい効果があるの?紫外線による殺菌効果とは

どのくらい効果があるの?紫外線による殺菌効果とは

太陽の光のひとつである紫外線に殺菌効果があることは広く知られています。

お天気のいい日にお布団を干している光景は日常的ですよね。なんとなく「天日干しすると菌がなくなる」と理解していても、どのような効果があるのかはよくご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では、紫外線の殺菌効果を利用した紫外線(UV)ランプを使っている施設も、よく見かけます。歯医者さんでブルーのライトに照らされているスリッパは、まさに殺菌中なのです!

古くから殺菌に利用されてきた紫外線ですが、その殺菌力はどのような効果があるのでしょうか?

今回は紫外線殺菌とその効果についてくわしくお伝えしていきます。

紫外線で殺菌ができる?

紫外線とは1801年にドイツの物理学者リッターによって発見された、太陽の光のひとつ。日焼けやシミ、そばかすの原因となるため「日焼けはイヤ!」と徹底的に対策している女性もよく見かけますよね。

肌に湿疹ができたりする紫外線アレルギーなど、ネガティブなイメージが多い紫外線。しかし、私たちは地球で生きている以上、多かれ少なかれ太陽の恵みを受けています。紫外線殺菌もそのうちのひとつではないでしょうか。

よく晴れた日に干された洗濯物は、清潔で気持ちがいいものです。おひさまの匂いがするタオルに顔をつけて、思わずうっとりしてしまった経験はありませんか?

では、お布団を天日干しするのはどうしてでしょうか?それは、太陽の光に含まれる紫外線が強い殺菌力をもち、ダニや雑菌を除去してくれるからです。

紫外線による殺菌のメカニズムには、まだ解明されていない部分があるそうです。ですが一般的には、紫外線は細菌のDNAがもつ情報を分解することで、菌を減らす、または増殖を防ぐとされています。

対象になる菌・温度・湿度などの条件によって効果は違ってきますが、あらゆる種類の菌にたいして効果があるとされています。 現在ではその効果を利用して紫外線ランプによる殺菌が、食品や医療などの分野で幅広く利用されているんです。

薬剤での殺菌とは違い紫外線殺菌は残留物が残らず、環境にやさしいとされています。また、対象物への影響もありません。そのため食品や日用品を殺菌するのに安全な方法だと考えられています。

あらゆる菌をランプで殺菌!紫外線の効果とは

紫外線殺菌は紫外線ランプの光をあてることで、あらゆる菌に効果を発揮します。菌によって所要時間は変わりますが、大腸菌なら15Wのランプを使用した場合、およそ1分で9割の殺菌ができるそうです。とても短時間で簡単に菌を取りのぞけるのです。

また薬剤のように耐性菌(殺菌するときに抵抗する細菌)の発生や、残留物の心配がありません。このような理由から、紫外線ランプを使用されているご家庭も多いのではないでしょうか。

食品やキッチン、日用品も紫外線ランプの光をあてると短時間で殺菌できます。気になる歯ブラシやまな板、ぬいぐるみや天日干しが難しいソファなどの布製品にも使えます。 また赤ちゃんのミルク用哺乳瓶も手軽に除菌ができます。忙しいママにはうれしいですよね。

くわえて厚生労働省は、卵の表面に付着したサルモネラ菌や、理美容室でのカミソリには紫外線殺菌を義務づけています。このように、国も認めている殺菌方法なのですね。 とても便利な紫外線ランプですが、殺菌したあとについた菌には効果がありません。また影になっているところには効果がないので、満遍なくランプの光をあててくださいね。

紫外線ランプの光を目に直接あてると、数時間後に目が痛くなる、涙が止まらないなどの症状が出ることも。ですから、絶対にランプの光を直接見ないようにしてください。また皮膚に当てると、日焼けや炎症の原因になるので避けるようにしましょう。

お水の殺菌も紫外線で!

私たちが口にする市販のミネラルウォーターは、必ず殺菌するように農林水産省のガイドラインで義務づけられています。定められた殺菌方法はいくつかありますが、そのうちのひとつとして取り入れられているのがこの紫外線殺菌法です。

紫外線殺菌は、水の中でもその原理は変わりません。ですから複数の紫外線ランプを組み込んだ配管に、水を流しながら光をあて殺菌されています。

ウォーターサーバー各社が取り扱っているRO水や非加熱の天然水では、この紫外線殺菌を行っているものも見受けられます。ただし、紫外線殺菌のみでなく、安全性を高めるために「高性能フィルター」「オゾン殺菌」などと併用されることが多いようです。 あらゆる菌に効果があり、水質が変化しないので、おいしさや栄養分もそのままに私たちの体に届きます。

そのほかにはプールや岩盤浴・スーパー銭湯、工場用水などの衛生管理にも使用されています。

紫外線で空気もクリーンに!さまざまな施設で活躍

紫外線ランプはなんと空気も殺菌できます。室内の空気をファンで対流させランプの光をあてて、空気中に浮遊している菌を除菌するそうです。ほかにも装置に空気を取り込んでランプをあて、再び外に送りだす方法もあります。

もちろん人にはあたらないように設計されているので、続けて使用しても大丈夫です。いつもクリーンな空気の中で過ごせるなんて良いですよね。 しかし、先ほどお伝えしたように、直接には目や皮膚に当てないなどの配慮をしてくださいね。

紫外線ランプでの空気中の殺菌は、食品工場や学校の調理室、病院などの空気の除菌や感染予防に幅広く活用されています。

おわりに

紫外線殺菌は、さまざまな分野や場所で利用されていることがわかりました。紫外線は薬品ではないので、人や対象になるもの、環境にも影響が少なく安全です。

もちろんひとつの方法だけで万全というわけではありません。ですが、比較的コストもかからないのでご家庭でも取り入れやすいのではないでしょうか?

紫外線による殺菌効果で清潔・快適な環境を整えていきたいですね!

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP