冷やし過ぎはNG!おいしい水を飲むために最適な温度は?

冷やし過ぎはNG!おいしい水を飲むために最適な温度は?

毎日の水分補給や健康維持のためにお水を飲んでいる方は多いですよね。実はお水をおいしく飲むためには、温度も重要になってきます。例えば夏の暑い日には、ぬるま湯よりも冷たいお水の方が適度に体を冷やすことができておいしく感じませんか?

今回はお水をおいしく飲むために最適な温度についてご紹介するので、ぜひ日常生活に役立ててみてください。

 

美味しいと感じるお水の温度は?

冷蔵庫でキンキンに冷やされたお水が好きな方もいれば、冷たすぎない常温のお水が良い方など、人によって好みの温度は違いますよね。一般的に私たちがおいしいと感じるのは冷水で、5~12度が最も心地良い温度だといわれています。

 

お水の種類によって適切な温度が変わることも

お水は種類によって味が異なるのですが、温度を調節することで飲みやすくなったり飲みにくくなったりと変化します。

ミネラルウォーターを1つ例に挙げて解説しましょう。

ミネラルウォーターにはカリウムバナジウムカルシウムなどさまざまな体に良いとされるミネラルが含まれています。健康維持のために飲まれている方も多いですよね。その中にマグネシウムとよばれる成分があるのですが、これを豊富に含んでいるお水は冷たすぎると苦味を感じやすくなります。そのため、人によっては飲みにくくなってしまうことも。

この苦味を感じる「マグネシム」が豊富に含まれているお水は、硬度の高い「硬水」と呼ばれます。ボトルなどに「硬水」と記載されている場合は、2~3度ほど温度を高くしてみましょう。苦味が薄れて飲みやすくなります。
また、お水を飲むのが苦手だという方は、この苦味を感じやすくなっている場合もあります。硬水でなくても、キンキンに冷やすのではなく、少しぬるめの温度で飲むと飲みやすくなるかもしれません。

 

シーンに合わせて適した温度のお水を飲もう!

冒頭でも述べた通り、自分の体調や周囲の環境によって美味しく感じられるお水の温度が異なります。ここではその理由を、運動中と就寝前の2つの場合からご紹介します。

 

運動中の場合

ジョギングやスポーツなどで体を動かしていると、体内で熱が作られて体温が上昇するため、体を冷やそうとどんどん汗が出てきます。その働きを助けるためには、常温よりも少し低い温度のお水を飲むと良いとされています。

体を動かした時は、冷たいほうが美味しく感じられますよね。それに、冷水のほうが体への吸収率が高く、効率良く水分補給が行えるので、運動中には5~15度程度のお水がおすすめです。

 

就寝前の場合

反対に就寝前には冷水よりも常温、または温水のほうが適しているといわれています。

睡眠は体を休めるための大切な時間。そのため、刺激が強い冷たいお水を就寝前に飲むと、寝付きを悪くしてしまい、体を十分に休めることができない可能性があります。良質な睡眠を取るには体を温めておくことが大切になるので、就寝前には温度の高いお水を飲むようにしましょう。

 

水分補給にはウォーターサーバーが活躍

とはいえ、毎晩キッチンで沸かさなければならないのは面倒ですよね。ですが実は、寝室に居ながら飲料水を確保できる方法があるのです。

それはずばり、寝室にウォーターサーバーを設置すること。これなら就寝しようと思った時にすぐ温水を飲んで体を温められます。夜中喉が乾いて目が冷めた時や、朝起きてすぐお水が飲みたい時もサーバーがあれば、部屋から出ずにお水を飲むことが可能です。

また、冷水では冷たすぎるという方も、冷水と温水を割って飲めば常温水に。お湯を沸かしたあとに冷ましてから飲むのが面倒な白湯も、あっという間に完成します。

中でもおすすめはプレミアムウォーターのショートタイプサーバー。卓上型なのでとてもコンパクトです。部屋のちょっとしたスペースやデスクの上におけるので、床置型のように場所を取りません。

さらに、部屋の明るさに合わせて電力を調整するエコモードがあるので、消費電力を抑えることが可能。上手く利用すれば約30%もの電気代をカットすることができますよ。

 

プレミアムウォーターの詳しい情報はこちらから↓
プレミアムウォーターの詳細ページへ

 

おわりに

美味しいと感じるお水の温度は、一般的に5~12度の冷水であることがわかりました。しかし、好みやお水の種類、飲むシーンによって適切な温度は変わってきます。

なので、美味しいお水を飲むためには、自分のライフスタイルやその時の環境に合わせて温度を調整することがおすすめです。そして、美味しい冷水や温水を手軽に楽しみたい方は、ぜひウォーターサーバーの導入を検討してみてください。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP