TDSって一体何?TDSと成分を知って自分にあった水を選びましょう!

TDSって一体何?TDSと成分を知って自分にあった水を選びましょう!

TDSという言葉をご存じでしょうか?TDSとは、水に溶け込んでいる物質を、濃度で示したもののことをいいます。

例えばミネラルウォーターには、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が溶け込んでいますが、TDSは溶け込んだ濃度を知ることができる指標なのです。

同じミネラルウォーターでも、味に違いや、体質に合う、合わないがありますが、TDSを知ることができれば「この濃度のミネラルウォーターがおいしく感じる、体質に合う」と分かり、ミネラルウォーター選びに役立ちます。あまり知られていないTDSについて解説いたします。

 

TDSとは、水に溶け込んでいる物質の濃度を表す

TDSは、Total Dissolved Solidの略称で、「総溶解固形分」といいます。難しい言葉ですが、要は物質がどのくらい水に溶けているかを示したもののことで、数値が低いほど、不純物が少ないといえます。

ミネラルウォーターには、基本的にカルシウムやマグネシウム、カリウム、ナトリウム等が、塩化物、硫酸塩、重炭酸塩、硝酸塩、ケイ酸塩といった形で溶け込んでいます。このミネラル分がどのくらい水に溶け込んでいるのか、といった総量は、「蒸発残留物」と「総溶解固形分」という2二つの方法で表されます。

まず「蒸発残留物」というのは、水を蒸発させた際に残る物質のこと。水中に溶け込んでいる物質と、溶けてはいないけれど混ざっている物質が分かります。
「蒸発残留物」で水を蒸発させている際に、重炭酸塩という物質は、性質が変わってしまう場合がありますので、計算によって補正する必要があります。

「蒸発残留物」と重炭酸塩の補正分を足したものが、「総溶解固形分(TDS)」となります。
難しい内容ではありますが、水をTDSメーターで計測すると、それぞれに溶け込んでいる物質が異なりますので、数値が変わってくる、ということです。

 

水道水とミネラルウォーターで異なる、TDS測定値の判断

TDSは測定器によって測ることができます。一般的に、ppmという単位で表示されることが多いようです。ppmとは、物質の容積に占める割合のことで、1000リットルの水に物質が1グラム入っている状態だと1ppmと表示されます。

水道水の場合は100〜160ppmの数値が平均的だと言われています。水道水の場合は浄水のために塩素が配合されていますので、どうしても微量の残留塩素や、塩素から発生するトリハロメタンという物質などが含まれてしまいます。また、古い水道管を通る場合は、鉛などがさらに水に含有されることになります。そのため、水道水の測定の場合は単純に「ミネラル分が多く含まれている」というように判断することはできません。

一方のミネラルウォーターの場合は、塩素による殺菌がおこなわれていませんので、水道水よりも安心してTDSの数値について判断することが可能です。ミネラルウォーターの基準はカルシウムとマグネシウムの濃度を合わせた硬度で示されることが一般的ですが、TDSの場合はさらにカリウムやナトリウムなども含まれてきますので、硬度と表示が変わってきます。

軟水のミネラルウォーターの場合は60〜70ppmが平均的となっていますが、硬水、超硬水となるとその値は大きく上回ります。

 

目的と体質で選ぶなら、TDSを目安にするのもおすすめ

ミネラルウォーターを選ぶ際に、硬度で判断することが多いと思いますが、最近ではTDS値が表示されているミネラルウォーターも増えてきているようです。これは、TDSのほうが硬度に比べて、水の個性が分かりやすい指標となるからのようです。

例えば似たような硬度の硬水でも、しょっぱい、飲みづらいなど味が大きく異なります。これは、水に含まれるミネラル分が影響していると考えられます。カルシウムは苦味と塩味が混ざった味がするといわれていて、マグネシウムは苦味が感じられます。ナトリウムは塩味が、カリウムは酸味があります。

いずれも微量な含有量ですのであまり違いが感じられないかも知れませんが、ナトリウムが多く含まれたミネラルウォーターなどは、特に分かりやすくしょっぱく感じられます。水は日常的に不可欠なものですので、自分の好みに合った味のミネラルウォーターを選ぶことがまず大切です。

多くのミネラルウォーターには、カルシウムやマグネシウム以外にもナトリウムやカリウムなどの含有量が表示されていることが多いですので、TDSの表示がない場合はそちらを参考にしましょう。また、表示があれば減塩が気になる方はナトリウムの少ないもの、ダイエット中の方はカルシウムやマグネシウムの多いもの、など体質や目的によっても選ぶことが可能になります。

 

おわりに

最近注目されるようになったTDSという水の測定基準ですが、水道水とミネラルウォーターが同じ判断基準とはならないこと、同じミネラルウォーターでもミネラル分の含有量によって値が大きく異なることが分かりました。

自分の好みや体質に合わせて、ベストな水を選ぶようにしましょう。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP