安全でおいしい水とは?

m_circulation-of-water

 

お水はおいしいことも大切ですが、安全であることも非常に重要です。現在、国が行っている安全基準や、おいしいお水の定義とはどんなものなのか?ということについて解説をしていきます。

1.水道水の安全性

毎日口にするものだから、お水の安全性というのは非常に大切です。例えば少量でも、それが長い期間続けば蓄積され、大きな悪影響が出る可能性だってあります。さらには生命の危険を脅かすことにもなりかねません。

日本では2004年、さまざまな環境問題が背景となり、水の安全性が叫ばれはじめました。以前の水質基準46項目の中から9項目が取り除かれ、そこに追加で大腸菌や全有機炭素、アルミニウムなど、13項目が加わりました。

さらに27項目に及ぶ水質管理目標設定項目と40項目に及ぶ要検討項目が導入され、水質に対しての基準は一気に厳しくなったのです。

 

2. ミネラルウォーターの安全基準

ミネラルウォーターであっても、基本的な安全基準というのは水道法の基準に則していますが、さらに追加として、界面活性剤やフェノール系、多環芳香族炭化水素や鉱油、そしてPCB累、農薬の6部室が検出されてはいけない、という決まりもあります。

 

3.お水のおいしさとは?

「おいしさ」は主観によるものですので、何を基準にするべきかに正解はありません。しかし一般的には味と香り、そして温度が重要であると言われています。

以下は「おいしい水研究回」(旧厚生省の訪問期間)が定義したおいしい水の条件です。

  • 3-1.水温

20度以下の水温が適切とされており、一番おいしいのは10~15度。特に夏は冷たい方がよりおいしく感じます。

  • 3-2.上流残留物

30~20mg/リットルが適度であり、量が多くなると渋みや苦みに繋がります。しかし逆に少ないと滋味がなくなってしまいます。

  • 3-3.硬度

ミネラルの量により左右される数値で、50ml/リットル前後が日本人から好まれています。

  • 3-4.遊離炭素

水中にある炭酸ガスの量です。適度ですとさわやかな味となりますが、量が多い場合は刺激が強くなってしまいます。

  • 3-5.臭気

3度以下が適切とされています。

  • 3-6.過マンガン酸カリウム消費量

有機物量を示しており、3mg/リットル以下が適切とされています。これが多いと苦みに繋がります。

  • 3-7.残留塩素

0.4mg/リットルが適切です。「カルキ臭さ」の原因となり、お水の味を損なわせます。

 

おわりに

安全でおいしいお水というものを目指し、国も努力を続けています。さらに民間レベルでも、さまざまなミネラルウォーターが発売され、消費者の喉を潤しています。

もしもおいしいお水に出会えたときは、それが安全基準に合格し、いろいろな成分が溶けているということを思い出してみてください。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP