TOP > 軟水と硬水で効果が違う!ミネラルウォーターを使ったアンチエイジング

軟水と硬水で効果が違う!ミネラルウォーターを使ったアンチエイジング

軟水と硬水で効果が違う!ミネラルウォーターを使ったアンチエイジング

最近、お水が健康サポートや美容のためにいいことで、芸能人や人気モデルが愛飲しているのをよく見かけますよね。そこで「自分も飲みはじめてみようかな?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「軟水」と「硬水」がもつそれぞれのアンチエイジング効果についてご紹介するので、自分の体質や体調に合ったお水を見つけてみてください。

 

軟水と硬水ってどう違うの?

軟水と硬水

お水1Lに対してマグネシウムとカルシウムがどのくらいの量が含まれているかを表すための数値を「硬度」とよび、その値によって分けられたのが「軟水」と「硬水」です。世界保健機関(WHO)の基準では硬度120mg/L以下を軟水、120mg/L以上を硬水と定めています。

見た目は同じでも、それぞれ飲み口に特徴があったり、お料理で発揮する効果が異なったりなどします。

たとえば軟水の場合は、さっぱりした口当たりでやわらかい飲み心地が特徴。素材のうまみ成分をうまく引き出してくれるので、だしを取るのに適したお水です。

対して硬水は喉越しがよく飲みごたえバッチリ。お料理の場ではお肉のアク抜きを得意とし、臭みを抑えてくれる役割を持っています。

 

軟水と硬水のアンチエイジング効果

鏡を見る女性

軟水と硬水には健康や美容面に関するうれしい効果も期待できるといわれています。ここではそれぞれのアンチエイジングについてご紹介します。

 

軟水のアンチエイジング効果

軟水は主に美容効果が期待できるお水です。日本人に肌や髪がきれいな方が多いのは、日本の水のほとんどが軟水であることが理由ともいわれているのだとか。

老廃物の排出を促進する効果もあるため、乾燥肌や肌荒れでお悩みの方に最適なお水といえるでしょう。

軟水は人間の体のミネラルバランスと近いこともあり、硬水に比べると体内への吸収率が良く、水分補給にも適しているのだそうです。

また軟水はせっけんや洗剤の泡立ちをよくして、きめ細やかな泡を作るので、肌に負担をかけずに洗顔が行えます。寝癖直しのスプレー代わりに使うといった方法もあるようです。

このように日本人は、意識せずとも軟水を使う生活を送っていることがわかりますね。普段の飲み水は硬水派、という方も、アンチエイジングのために軟水を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

硬水のアンチエイジング効果

硬水には、体内環境をよくする働きがありあます。たとえば硬水に多く含まれるマグネシウムには、便を柔らかくする効果があるので、便秘気味の方は朝起きてすぐコップ1杯の硬水を飲みましょう。糖尿病の予防・改善にも期待できるといわれています。

さらにダイエットをしている方にも硬水が役立ちます。ミネラルには代謝を促進させる作用があるため、それを豊富に含む硬水を飲むことで、脂肪を燃焼しやすい体へ変化させられるのです。

年を重ねていくと、何かと健康面での心配事が増えていきますよね。朝起きてすぐや食事前などに硬水を飲む習慣をつけて、体質の改善を目指しましょう。

とはいえ毎日継続してお水を飲むとなると、ペットボトルのお水を何本も買わなければなりませんよね。

それに自宅まで運ぶのも重労働なので大変・・・そんな方はぜひウォーターサーバーを購入、もしくはレンタルしてみてください。サーバーを契約すれば、定期的にお水を自宅まで配達してくれるので、買いに行く手間も運ぶ大変さも一切ありません。

「費用って意外と高いのでは?」と思うかもしれませんが、コスモウォーターなら初期費用・レンタル料・配送料すべて無料!なんと、支払うのはお水の料金のみです!そして全国3カ所の名水地からお届けされる天然水は、どれもミネラルたっぷり、口当たりも良くておいしいので、毎日飲んでいくお水にピッタリですよ。

 

コスモウォーターの詳しい情報はこちらから↓
コスモウォーターの詳細ページへ

 

おわりに

軟水と硬水のアンチエイジング効果についてご紹介しました。

肌荒れの改善や美肌効果を期待したい場合は軟水を、ダイエットや糖尿病の予防などの健康維持を目指す方は、硬水を飲むとよいことがわかりましたね。

いつまでも若々しく健康でいるために自分の状態に合ったお水を飲んで、アンチエイジングライフをはじめていきましょう。

 

 

プライバシーマーク
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP