ミネラルウォーターのラベルにある「原材料」七つの違いを解説!

ミネラルウォーターのラベルにある「原材料」七つの違いを解説!

ミネラルウォーターを日常的に飲んでいる、という人も、少なくないのではないでしょうか。

この「ミネラルウォーター」ですが、食品であるため、当然のことながら、成分などについて書いたラベルが貼られています。特に意識なくミネラルウォーターを買っている人も多いかもしれませんが、実はこのラベルにはとてもたくさんの情報が詰め込まれているのです。

 

まずは知りたい、七つの「原材料」

ミネラルウォーターの原材料は、乱暴に言ってしまうと、「水」という一言で表されてしまいます。しかしミネラルウォーターのラベルには、「水(湧水)」などのように、()表記で追記がされているはずです。

この()の中身というのが、ミネラルウォーターにとっては非常に重要です。これは、農林水産省が出している「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によって分類されているのです。

少し難しい用語があるので、ここではわかりやすくかみ砕いて表記します。(※ここでは総称として「ミネラルウォーター」という呼称を用いていますが、下記でも述べる通り、分類上は「ミネラルウォーター」は違う意味を持ちます)

浅井戸水

浅井戸から、ポンプなどでくみ上げた地下水

深井戸水

深井戸から、ポンプなどを使ってくみ上げたもの

湧水

自分自身で噴き出している地下水

鉱泉水

湧水のうち、温度が25度を下回るもの。なおかつ、溶けている鉱物などで、その水に特徴が表れているもの

温泉水

湧水のうち、温度が25度を上回るもの。または、温泉法第2条によるように、水に溶けた物質があって、かつ飲用ができると判断されるもの

※温泉法第2条「地中からゆう出する温水、鉱水および水蒸気その他のガス(“炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度または物質を有するものをいう”」 出展:温泉法第2条
/簡単にいうと、「地中から出てくる温かい水や鉱水。水蒸気、その他のガスのなかで、25度以上のもので、かつ炭酸やリチウムイオンなどの物質が入っているもののこと」となり、温泉の定義について書いた法律です)

伏流水

とても浅い地下水のこと。川の水が、川床の下に入り込んだもの。一般的な「地下水」とは違い、川の流れの影響を強く受ける水

鉱水

ポンプなどでくみ上げた地下水のなかで、溶けだした物質によって特徴が出ているもの

一口に「ミネラルウォーター」と言っても、そこにはさまざまな違いがあるのです。

なお、「鉱水」は「こうすい」と読むため、しばしば「硬水」と混同されがちですが、この二つはまったく異なるものです。例えば、硬度は非常に低く「軟水」に分類されるけれども、七つの分類で言えば「鉱水」に分類されるというものも当然あります。

 

それ以外にもさまざまなことが読み取れる! ミネラルウォーター四つの分類

上では七つの分類に分けましたが、ほかにもラベルから読み取れるものがあります。

私たちは、当たり前のように「ミネラルウォーター」としていますが、実はミネラルウォーターという呼称にもさまざまな意味が込められています。

まず、「ナチュラルウォーター」という表記がされるもの。これは、「地下からくみ上げた水であり、ろ過や加熱殺菌、沈殿以外の化学処理を行わない水」を差します。

次に、「ナチュラルミネラルウォーター」。これは、ナチュラルウォーターのなかでも、「地表から地下に入り込んだもので、その地下にいる間、もしくは地下を移動している間に、無機塩類が溶け出した地下水」を指します。

この「ナチュラルミネラルウォーター」に、ミネラル分の調整をしたり、さまざまなところから採取した水を一緒にしたりしたもの を、「ミネラルウォーター」と言います。つまり、「ミネラルウォーター」という呼称は、総称として使われることがある一方で、分類分けのための言葉でもあるわけです。

ちなみに、「ボトルドウォーター」「飲用水」という言葉は、上に当てはまらない水を差しています。

私たちは通常、(総称としての)ミネラルウォーターを飲んだり買ったりするときというのは、あまりラベルを意識することはありません。硬度や採水地までは確認する人であったとしても、その分類分けにまでは目をやらない、という人が多いのではないでしょうか。

しかし、実はミネラルウォーターの区分は、非常に厳しく細分化されているのです。

もちろん、「ボトルドウォーターだから悪い」「温泉水が1番優れている」などのような単純比較はできません。ただ、購入する際に少し気を付けると面白いかもしれませんね。

 

おわりに

私たちが当たり前に買っている「ミネラルウォーター」ですが、実はこれがこんなに厳密に細分化されているということは、知らない人の方が多かったのではないでしょうか。「水」というのは、私たちにとってもっとも身近なものであるからこそ、このように細かく決められているのかもしれません。

こういう観点からミネラルウォーターを選んでいくのも、ちょっと面白そうですね。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP