なぜヨーロッパではミネラルウォーターの消費が多いのか?

mineralwater-in-europe_01

ミネラルウォーターの本場と言えばやはりヨーロッパです。日本にも近年では輸出が盛んですので、口にされた経験がある方も多いのではないでしょうか?欧州の人々がどのようにミネラルウォーターと付き合っているのかについて解説します。

1.ヨーロッパでのミネラルウォーターの役割

日本人が「水道水はおいしくないし、安全性も不安」という理由でミネラルウォーターを購入するのに対し、ヨーロッパでは「健康に良いから」という理由で人々はミネラルウォーターを口にします。

例えば、ヨーロッパの医師はカルシウムなどが必要な成長期の子供に対し、そうしたミネラル成分が豊富なミネラルウォーターを飲むことを勧めます。また、肥満気味の人にたいしても、硬度の高い水は利尿作用が強いため、たくさん飲むようにアドバイスを与えることもあるのだとか。

このように、ヨーロッパでは日常的にミネラルウォーターを飲むという習慣が古くから根付いており、実に日本人1人あたりの10倍の量を年間で消費するというデータまであります。

 

2.暮らしと健康に必要なミネラルウォーター

ヨーロッパには「アクアテラピー」という言葉が存在しており、医療効果を期待したミネラルウォーターを用いる療法があります。ベルギーのスパ(温泉)では、湯治医が温泉を利用したマッサージと併せて飲泉療法なども施しており、他にもヨーロッパに点在する温泉で同じような湯治が行われています。

また、フランスにおいては「テルマリズムセンター」と呼ばれるミネラルウォーターを使った病気知立を行う医療施設がなんと1000カ所以上もあり、専門医の指導によるジェットバスやシャワーバス、ジェットバスを用いた水治療が行われています。この治療には健康保険が適用されます。

さらに医療的根拠がしっかりしていれば、ミネラルウォーターのパッケージ等に医療効果の表示が認められています。日本では禁止されている行為ですので、それほどまでにヨーロッパではミネラルウォーターが体に良いということが認められているのでしょう。

ちなみにヨーロッパでのミネラルウォーターである基準は、源泉に汚染の影響が及んでおらず、直接採水されていること。そして飲用するのに加工・殺菌が不要であり、ミネラルバランスが優れ安定していることが条件となっています。

 

おわりに

このように、ヨーロッパにとってミネラルウォーターは人々の生活や健康になくてはならないものですので、国は水源の保護に注力をしています。水源は保護区域に指定され、豊かな自然が広がっているのです。ミネラルウォーターを深く理解し、愛着のあるヨーロッパならではの努力が実を結んだ結果と言えるでしょう。

日本とヨーロッパでは生活習慣や文化的背景が異なるため、今度日本でこれほどミネラルウォーターが普及するかどうかはわかりませんが、生きていくうえで欠かせな水とどう関わっていくのか参考になるかもしれませんね。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP