電気代を節約!エコ機能のあるウォーターサーバー10選

リスクなしで始めたい!解約金が無料のウォーターサーバー6選

月々のレンタル料やお水の料金、配送料・・・ウォーターサーバーを選ぶ時に気になるのがそれぞれにかかる費用ですよね。

そして、いつでも手軽に温水や冷水を使うために必要になる電気代ですが、各メーカー月々およそ1,000円前後のものがほとんど。そんな中、最近ではエコ機能を搭載したサーバーが続々と登場し、さらに安い電気代で利用できるようです。

そこで今回は、各メーカーが提供しているエコ機能付きのおすすめウォーターサーバーを10製品ご紹介したいと思います。ぜひ、ご自身に合ったサーバー選びの参考にしてみてください。

電気代を節約するならエコ機能がお得!

先ほど述べたように、ウォーターサーバーの1ヶ月にかかる電気代は平均して1,000円程度。ですが、エコ機能付きのものを選べば、月々300~700円程度で済んでしまうのをご存知でしょうか?

例えば、通常のサーバーが月1,000円の電気代と仮定した場合、1年間にかかる費用は10,000円です。しかし、エコ機能付きサーバーなら電気使用量を何%かカットすることが可能なので、その分電気代を安く済ませられます。

エコ機能って具体的にどんな機能?

就寝中や、お仕事、お出かけなどで長い時間自宅を空ける時など、サーバーを使わない間の電気代のことを考えるともったいないな、と感じますよね。

そういった時に活躍するのがエコ機能です。実はメーカーによって呼び方が異なり「省エネ」機能ともいわれています。

これには大きくわけて2種類あり、お部屋が暗くなると赤外線の光センサーが反応して節電モードに、明るくなると使用モードに自動で切り替わるタイプと、サーバーを使わない間、ECOボタンを押すだけで高温の設定温度が低くなり、消費電力を50~60%削減できるタイプです。

なので、サーバーを選ぶときには、どのエコ機能が自分の生活スタイルにより合っているかを考えて選択することがおすすめです。

月々の電気代とエコ機能をメーカー別に比較!

では、実際にどのタイプのエコ機能がどのサーバーに搭載されているのでしょうか?ここでは、人気メーカーごとの月々にかかる電気代も合わせてご紹介しますので見ていきましょう。

メーカー名 サーバー名 エコ・省エネ機能 エコ機能を使用した場合の月々の電気代
コスモウォーター らく楽スタイル ウォーターサーバー smart
らく楽スタイル ウォーターサーバー smart
・就寝前や外出前に「エコボタン」を押すだけで50~60%の消費電力を削減。 403円~
フレシャス dewo(デュオ)
dewo(デュオ)
・光センサー搭載。夜間はSLEEPモードになり、ヒーターの電源が自動オフ。
・エコモードを作動させることで、温水温度を15℃低く設定可能。
・温水と冷水を分けるデュアルタンク構造によって節電が可能。
3つの省エネ機能の使用で70%電気代をカット。
330円~
フレシャス FRECIOUS Slat
FRECIOUS Slat
・光センサー搭載。夜間はSLEEPモードになり、ヒーターの電源が自動オフ。
・温水と冷水を分けるデュアルタンク構造によって節電が可能。
2つの省エネ機能の使用で70%電気代をカット。
380円~
サントリー南アルプス天然水サーバー ホワイト/ブラック
ホワイト/ブラック
・「4段階温度設定」機能で弱温・弱冷モードの切り替えができ、節電が可能。 700円~
プレミアムウォーター ロングタイプサーバー
スタンダードサーバー
・光センサー搭載。部屋の明るさに応じて自動的に電力を調整。1日8時間消灯の場合30%の電気代をカット。 900円~
富士の湧水 冷・温水用ウォーターサーバー
冷・温水用ウォーターサーバー
・「省エネモード」の使用で最大25%電気代をカット。 1,000円~
富士おいしい水 買取サーバー買取サーバー ・「エコモード」の使用で通常時の約半額電気代をカット。 450円~
うるのん ウォーターサーバー Grande
ウォーターサーバー Grande
・「温調スイッチ」を押すことで電気代節約が可能。
・光センサー搭載。周囲が暗くなると、温水ヒーターがオフになる。
390円~
アクアクララ アクアアドバンス
アクアアドバンス
・使用しない時間帯は温水温度を低めに調節。年間電気代を約7,000円節約可能。 350円~

お得がいっぱいのコスモウォーターがおすすめ!

各メーカー、エコ機能が搭載されたサーバーを提供していますが、特におすすめなのがコスモウォーターの「らく楽スタイル ウォーターサーバー smart」。月々の電気代が安い上に、なんと、初期費用やサーバーレンタル料、お水の宅配料が無料なのです。

さらに、定期メンテナンスが不要なため、それにかかる費用も0円。メンテナンスが必要なサーバーですと、大体3,000円~5,000円ほどかかってくるのでとてもお得ですね。

コスモウォーターの基本情報と詳しい情報はこちらから↓
コスモウォーターの詳細ページへ

crecla-specifications

おわりに

いかがでしょうか。エコ機能搭載のサーバーならば月々の電気代が安く済むので、通常のサーバーよりもとてもお得な費用で維持できることがわかりますね。

電気代が安い代わりに、サーバーレンタル料が若干高めに設定されている場合がありますので、契約前にはその他にかかる費用もチェックすることが大切です。

ご家族の使用状況や家計のことも考えて、一番適したサーバーが選べるといいですね。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP