自分で簡単メンテナンス!~おいしい水を飲むために~

自分で簡単メンテナンス!~おいしい水を飲むために~

安全志向が強くなった現在、ウォーターサーバーの導入率は年々飛躍的に伸びています。自宅で美味しく、安全なお水が飲めるウォーターサーバーは本当に便利なマシーンですよね。メーカー側も新鮮なお水を清潔に飲み続けられるための工夫を細部に凝らしていますが、やはり毎日使用するものである以上、日々のメンテナンスはしっかり行いたいものです。今回は自宅で行うメンテナンスのポイントをおさらいしましょう。

メーカーの内部メンテナンスだけじゃダメなの?

ほとんどのウォーターサーバーでは、年に1回、もしくは2年に1回などのスパンで内部メンテナンスをしてくれます。日々の使用で消耗した細かいパーツの交換や洗浄殺菌処理といった自分ではできない部分をまとめてやってくれるサービスです。

もちろん、専門家が行うメンテナンスですから完璧な状態で戻ってきますし、また綺麗なウォーターサーバーを使うことはできますが、問題は年に1回、2年に1回という期間と、日々の外部的なメンテナンスは自分で行うしかないということです。蛇口付近や受け皿などは、常に水にさらされる部分なので、マメにお手入れをしないとあっという間に汚れてしまいます。メーカーのサービスでやってくれる定期メンテナンスだけでは、清潔なウォーターサーバーの運用は不可能です。

自宅でやるべきメンテナンス4つのポイント!

それでは本題。各家庭で簡単に実践できる日々のメンテナンスを紹介したいと思います。ウォーターサーバーがいくら綺麗で新鮮な水を使っているからと言って、使いっぱなしで放置してしまえば細菌や水垢などが生まれてしまいます。しっかりと手入れはしていきましょう。意識的には毎日のお掃除のついでに行うという感じで良いと思います。

蛇口付近

コックも含めた蛇口付近というのは、もっとも手が触れる機会が多く、水にもさらされる部分です。ウォーターサーバーの中でも細菌や汚れが付きやすい箇所なので、お水の質を大幅に損なう可能性があります。念入りにお手入れをしていきましょう。

蛇口付近は毎日こまめに水気を拭き取ることと、週に1度くらい台所用のアルコール洗剤で消毒できればより安心して使用することができます。

受け皿

蛇口下にある受け皿も、蛇口からこぼれる水滴が溜まっていくため極力清潔にしておいてください。放置すると細菌やヌメリなどが発生してしまうこともあります。受け皿は取り外しができる部分なので、台所用洗剤で洗い、よく乾かした上で再度ウォーターサーバーに設置するようにすると良いと思います。

本体の背面部分

ウォーターサーバーの背面には、冷却装置が組み込まれているタイプもあるなど、ホコリがたまりやすい部分になります。電源コード付近もまめに掃除をしないとすぐに汚れてしまうので気を付けましょう。

この清掃の目的は主にホコリ取りですから、自宅用掃除機を使うと効果的です。頻度としては、月に1回くらいで問題ないです。電源コード周辺の作業になるため、お手入れをする際には必ずコンセントからプラグを抜いて行うようにしてください。

全体の拭き掃除

最後にウォーターサーバー本体の清掃です。本体の外側はお水の質そのものに影響を与えるわけではありませんが、定期的に磨くことでより清潔に気持ちよく使用することができます。1週間に1回ほど、湿らせたスポンジで表面の汚れを綺麗に取り、仕上げに乾いたタオルなどでしっかりと水気を拭きとってください。

ここでも台所用洗剤を使用することは可能ですが、洗剤が残ることのないように拭き取ることが大切です。

自動クリーン機能搭載ならより安心!

外部的なメンテナンスは自分で行うとして、内部メンテナンスが年に1回、もしかしたら2年に1回というのは少し心もとない気もします。

そこで注目なのが、今流行りの内部自動クリーン機能を有しているウォーターサーバーです。ウォーターサーバー内に取り込む空地を事前にクリーン化するシステムや、蛇口付近に予め抗菌処理が施された素材を使用しているものもあります。

また、1日に1回熱水を循環させることでサーバー内の衛生環境を保つ「加熱型クリーンシステム」を搭載している機種も増えてきました。熱水循環洗浄の所要時間は、平均で3時間~4時間と若干時間を要しますが、毎日清潔な水を飲むことができると考えればぜひ利用したい機能です。日々のお手入れとサーバー自体の自動クリーン機能で、中も外も綺麗な状態で使用できれば最高ですよね。

自動クリーン機能搭載のウォーターサーバーはこちら!
コスモウォーター(天然水RO水
サントリー南アルプスの天然水サーバー(天然水)
プレミアムウォーター(天然水)

おわりに

いかがでしたか?今回は自分で簡単に行えるウォーターサーバーのメンテナンス方法を紹介しました。自動クリーン機能をはじめ、最近のウォーターサーバーは清潔に使用できる仕掛けがたくさん施されていますが、それでも日々のお手入れをしなければ完璧とは言えません。ぜひ紹介したやり方を参考に毎日のセルフメンテナンスを実践してみてください。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP