モンド・セレクションを受賞したウォーターサーバーのお水3選

モンド・セレクションを受賞したウォーターサーバーのお水3選

日本の水は、水道水でも高品質を誇っています。ただ、「よりおいしい水」を求めて、ウォーターサーバーに行きつく人も多いのではないでしょうか。
もちろん「自分好みの水」というのは、人によって異なります。しかし、ウォーターサーバーの会社も、そしてウォーターサーバーに設置する水も無数にあり、どれを選べばいいのかわからない人もいるかもしれません。

そんな人は、モンド・セレクションを受賞した水を選ぶのもいいですね。

 

そもそもモンド・セレクションっていったい何?

いろんなうわさがある「モンド・セレクション」ですが、そのシステムについてまずは見ていきましょう。

モンド・セレクションでは、毎年審査が行われます。70名の専門家が、世界から寄せられた商品を実際に確かめて、その品質が認められたと判断された場合、「モンド・セレクション」の称号を与えるというものです。
モンド・セレクションの歴史は1961年から始まっています。モンド・セレクションというと、お酒や食品に対して与えられるもの……という印象を持つ人も多いのですが、実際には、化粧品などにも与えられています。意外なところでは、トイレ用品などにも与えられることがあります。

さて、この「モンド・セレクション」は、当然のことながら、「天然水」も評価対象となります。
非常に多くの天然水がモンド・セレクションを受賞しているのですが、ここでは、そのなかの三つについて取り上げましょう。

 

プレミアムウォーターの水

PREMIUM WATER(以下「プレミアムウォーター」と表記)」の、富士吉田で採水された水は、「iTQi国際味覚審査機構」の「優秀味覚賞」を受賞しています。ちなみに同ウォーターサーバー会社の「南阿蘇の水」もこれに該当しています。
この賞は、だれもが知るミシュランのシェフなどによって行われている格付けであり、その評価として、「ニュートラルであり、飲みやすい」などの評価が与えられています。「飲みやすさ」に言及した評価が非常に多く、日常使いにぴったりのものと言えるでしょう。

このプレミアムウォーターの水は、もちろん、上で挙げた「モンド・セレクション」も受賞しています。2016年に金賞を受賞していて、その衛生管理技能も高く評価されています。

 

 

うるのんの評価も同じように! 富士の天然水

うるのん」というウォーターサーバーの業者が打ち出している、「富士の天然水 さらり」もまた、プレミアムウォーターの水と同じように、2016年のモンド・セレクションの金賞、そしてこれもまた同じようにiTQi国際味覚審査機構の「優秀味覚賞(三ツ星)」を受賞しています。

うるのんの打ち出している水は、プレミアムウォーターとは異なり、この「富士の天然水さらり」のみが天然水です。もう一つは、不純物をろ過してつくるRO水のみの展開となっています。

 

 

コスモウォーターはすべての水がモンド・セレクションを受賞している

ウォーターサーバーの会社としてかなり有名な「コスモウォーター」では、「<静岡>富士の響き」「<京都>古都の天然水」「<大分>日田の誉」の三つの天然水を扱っています。採水地がそれぞれ違う天然水であるため、それぞれに「好みの水」があることでしょう。

このコスモウォーターの打ち出している三つの天然水は、その全てが、モンド・セレクションの金賞を2016年に受賞している、という特徴があります。つまり、「どれをとっても、その品質の良さが、国際機関によって認められている」と言えるのです。

ちなみに値段については、「日田の誉」が1900円、「富士の響き」が1800円、「古都の天然水」が1760円となっています。同じようにモンド・セレクションを受賞しているのですが、「日田の誉」の方はちょっと高級品と言えるかもしれませんね。

 

 

その他にモンド・セレクションを受賞しているお水も

ここでは三つのウォーターサーバーメーカーの天然水を取り上げましたが、プレミアムウォーター」「アクアクララなども、モンド・セレクションを受賞しています。

「モンド・セレクションは、それほど権威のある賞ではない」「受賞の基準がよくわからない」「いろんなものについている」などというように、モンド・セレクションに対して懐疑的な見方があるのは事実です。
しかしながら、「どれを選ぶべきなのかよくわからない」「取りあえずの指標がほしい」という人は、これを基準に選ぶのも決して悪くはありません。

おわりに

今回の記事では、「モンド・セレクションを受賞したウォーターサーバーについて取り上げましたがいかがでしたでしょうか。こうしてみると、モンド・セレクションを受賞したウォーターサーバーの水というのは、とてもたくさんあるのですね。

もちろん、「モンド・セレクションを受賞していない商品が悪い」というわけではありません。
ただ、無数にあるウォーターサーバーメーカーと、そしてそこが打ち出す天然水のなかから一つを選びとろうとするとき、その指標として使える、というのは間違いのないことでしょう。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP