ペットにウォーターサーバーの水を与えても大丈夫?

ペットにウォーターサーバーの水を与えても大丈夫?

犬や猫といったペットも家族の一員。そんな大切な存在だからこそ「毎日おいしい食事を与えたい」と思う飼い主の方は多いでしょう。ペットのことを考えると、普段飲む水もできるだけ良いものを飲ませたいですよね。
そこで気になるのが、最近話題のウォーターサーバー。何かと不安な水道水よりも、おいしくて品質の高い水のほうが安全だろうと思いますよね。
とはいえ、「飲ませた後に何か起こるのではないか」という心配も拭えません。そこで今回は、動物にウォーターサーバーの水を与えても大丈夫なのかどうかの真相に迫りたいと思います。

 

ミネラルの含有量が少ない水ならOK!

ウォーターサーバーに使われている水はメーカーによってさまざま。その中で動物に飲ませても大丈夫なのは、比較的ミネラルが少ない水だと言われています。
とはいっても、どういった基準で判断すればいいのかわからない方も多いですよね。簡単に見極めるためには、水の硬度について知っておくと良いでしょう。
硬度とは何かというと、水1Lに対してミネラル成分であるカルシウムとマグネシウムがどれだけ溶けているかを表す数値のことです。一般的に硬度が120mg/L以下を「軟水」、120mg/L以上を「硬水」と呼びます。
つまり、硬度が低めの水とは、ミネラルの含有量が少ない「軟水」ということになります。ウォーターサーバーの水を選ぶ時には、この軟水を選択するようにしましょう。

 

ミネラルが多い水だとどうなるの?

ミネラルが多い水を与えると、動物の身体にはさまざまな悪影響が出るようです。そして、その一つであるのが「尿路結石」です。
尿路結石とは、尿路に石状のかたまりができる、腎臓や尿道をはじめとした泌尿器の病気。発症する原因はいくつかあるのですが、その中の一つに「マグネシウムやカルシウムの過剰摂取」があります。
動物は摂取したミネラル成分を体内で消化、吸収するのが難しいと言われているため、ミネラルが多い水を飲ませていると、尿路結石を引き起こすかもしれないのです。

 

RO水よりも天然水のほうがおすすめ

ウォーターサーバーの水には「RO水」と呼ばれる水もありますよね。これは、RO膜と呼ばれる特殊なフィルターを使って、ミネラルや不純物を取り除いた水のことです。ミネラルが入っていないので、RO水のほうが安全かと思われますが、実はそうでもないようです。
理由は主に二つ。一つ目は、原水に水道水を使用している場合が多いため、微量の塩素が混入している恐れがあること。二つ目は、メーカーによっては人工的にミネラル成分を添加している場合があることです。
こういった可能性を考慮すると、RO水よりも天然水を選択した方が安心度は高いと言えるでしょう。

 

ウォーターサーバーの水をあげる時のポイント

動物にはミネラルが少ない水を飲ませることが大切ですが、そのほかにも覚えておいてほしいポイントがあります。大事なペットの健康を害さないためにも、1度目を通しておきましょう。

 

ポイント1:水のくみ置きはしない

ウォーターサーバーの水は、塩素消毒がされておらず、残留塩素がありません。それにより、水道水よりも雑菌がわきやすくなっています。ですから、出張や旅行などで長い期間家を空ける場合は、水のくみ置きをしないよう注意しましょう。また、毎日生活する中でも、こまめに水を取り換えてあげてください。

 

ポイント2:冷たすぎる水はNG

冷たすぎる水だと、おなかを冷やしたり体調不良になったりする恐れがあります。ですから、温水と冷水を混ぜて温度を調節し、なるべく常温に近い温度の水を与えるようにしましょう。
とはいえ、毎日適温の水を作るのは大変ですよね。そこでおすすめしたいウォーターサーバーが、フレシャスの「slat」です。
このサーバーはなんと、温水・冷水に加え、常温水も利用することが可能。また、フレシャスが取り扱っている水の一つ「木曽の天然水」は、硬度が約20mg/Lの軟水となっています。これなら、ペットにも安心して飲ませることができますね。

 

「フレシャス」の詳しい情報はこちらから↓
フレシャスの詳細ページへ

 

おわりに

いかがでしょうか。ミネラルの含有量が多い水を飲ませてしまうと、尿路結石などの病気になる恐れがあることがわかりましたね。なので、ペットの飲み水にウォーターサーバーの水を使う場合は、ミネラルの少ない「軟水」を選択するようにしましょう。
また、ウォーターサーバーの水を長期間空気にさらすのは、雑菌を繁殖させる原因となるため、こまめに取り換えてあげることが大切です。身体を壊さないよう、水の温度はなるべく常温に近づけたものを与えてくださいね。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP