衛生面も安心!自動クリーニング機能のあるウォーターサーバー5選

衛生面も安心!自動クリーニング機能のあるウォーターサーバー5選

オフィスや病院に限らず、一般家庭にも普及し始めているウォーターサーバー。最近は、デザインにこだわっているものや、さまざまな機能が搭載されたものまで数多くリリースされていますよね。もちろん見た目や機能性も大切ですが、飲み水を扱う機械のため、なによりも衛生面の良さを製品に求める方は多いのではないでしょうか。

そんなみなさんのために、今回は「自動クリーニング機能」のあるウォーターサーバーをピックアップしました。各製品の自動クリーニング機能の仕組みについてご紹介するので、それぞれ見ていきましょう。

 

コスモウォーター/smartプラス

基本的に、ウォーターサーバーは外気を内部に取り入れることで水が出せる仕様となっています。ただ、空気中には目に見えないホコリや雑菌が漂っているので、そのままの状態だとタンク内の水に混じってしまいますよね。

そこでコスモウォーターが独自に開発したのが、「クリーンエアシステム」です。これは、「取り込んだ外気をフィルターに通すことでキレイな空気へと変え、雑菌で水を汚してしまうのを防ぐ」というもの。この機能のおかげで、タンク内の水を衛生的に保つことが可能となっています。

また、48時間ごとに熱水を内部循環させてタンク内を消毒する「クリーンサイクルシステム」も搭載。二つの自動クリーニング機能による衛生管理のおかげで、業者によるメンテナンスや、製品の交換が不要な点も注目したいところです。

 

コスモウォーターの詳しい情報はこちらから↓
コスモウォーターの詳細ページへ

 

フレシャス/dewo

フレシャスdewoには、水をウォーターサーバー内に循環させる「オートピュアキープシステム」と呼ばれる自動クリーニング機能が搭載されています。

熱水ではなく常温の水を使用するため、クリーニングにかかる時間はわずか3分という驚きの短さ。クリーニングの頻度は5日に1回、電源プラグを電源に差した時間に開始される仕様になっています。任意の時間に作動させたい場合は、その時間帯に1度電源プラグを抜き差しする必要があります。

ちなみに、dewoには30日に1度手動でクリーニングを行う「フレッシュモード」も備わっているのもイチオシポイントです。「クリーニングの期間があきすぎて作動させるのを忘れそう・・・」と思う方もいるかと思いますが、その心配はいりません。30日ごとにFRESHランプが点滅してお知らせしてくれるので、毎月欠かさずメンテナンスを行っていけるはずです。

 

フレシャスの詳しい情報はこちらから↓
フレシャスの詳細ページへ

 

富士の湧水

安心の国産サーバーである富士の湧水のウォーターサーバーには、週に一度サーバー内部を高温水が循環し、衛生的に保つ「高温循環機能」が搭載されています。

富士の湧水の天然水は、「食品安全マネジメントシステム規格ISO22000」「食品安全の最高位規格FSSC22000」の認証を受賞した、徹底した衛生管理のもとでボトリングされています

その最高品質の天然水を最後までおいしく飲めるようにと開発されたD-パックを採用するなど、水の衛生面や品質を守るための取り組みがされています。

 

富士の湧水の詳しい情報はこちらから↓
富士の湧水の詳細ページへ

 

プレミアムウォーター/cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

こちらの製品の「加熱クリーンシステム」は、約70度の熱水を温水・冷水タンクに循環させて熱殺菌する機能です。開始から終了までに4時間ほどかかり、その間は温水・冷水の使用ができないので、ウォーターサーバーを使用しない時間帯を狙って稼働させる必要があります。

cadoは、外気がタンク内に入り込みにくい特殊構造のおかげで、空気中の雑菌で水が汚染するのを低減させることも可能となっています。さらに、水を使うごとに収縮するPET素材のボトルを採用していることにより、ボトル内も清潔に保(たも)てる仕様なのもメリットの一つです。

 

プレミアムウォーターの詳しい情報はこちらから↓
プレミアムウォーターの詳細ページへ

 

アクアクララ/アクアアドバンス

ウォーターサーバーの自動クリーンシステムは、熱水をタンク内に循環させて殺菌するものが一般的です。しかし、これらの中には電気代が大幅にかかったり、十分に殺菌できなかったりという問題を抱えた製品も存在するというウワサがあるようです。

そこで注目していただきたいのが、アクアクララのアクアアドバンス。こちらのウォーターサーバーはほかの製品とは一味違ったクリーンシステムを採用しているのです。

その仕組みは、冷水タンク内に除菌作用のある「紫外線(UV)除菌ランプ」を備え付けるというもの。たった30秒UVを照射するだけで、一般細菌を100%近くまで殺菌させられるほどの強い力があるそうなので、水の衛生面を保つには打ってつけの機能です。

また、アクアアドバンスはSIAAマーク(一般社団法人抗菌製品技術協議会)」が定める抗菌性と安全性の基準をクリアした製品でもあるため、非常に衛生面に優れたウォーターサーバーだと言えるでしょう。

 

アクアクララの詳しい情報はこちらから↓
アクアクララの詳細ページへ

 

おわりに

ウォーターサーバーの自動クリーンシステムには、熱水や常温水をタンク内に循環させて熱殺菌を行うものや、UV除菌ランプで細菌を殺菌するといったものがあることがわかりましたね。

また、これらの多くは、機能を開始する時間を設定できたり、クリーニングを行うタイミングをお知らせしてくれたりと、利便性にも特化した造りになっています。

今回ご紹介したことを参考に、ぜひ自分にとって使いやすそうなウォーターサーバーを見つけてみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP