ウォーターサーバーが災害時の備蓄水になる理由

ウォーターサーバーが災害時の備蓄水になる理由

先日熊本で起きた大地震や5年前の東日本大震災など、日本はとにかく地震の多い国です。実際に被災された方は身を持って体験しているわけですが、懐中電灯やラジオ、そして何よりも食料と水など、万が一の事態で必要なものはたくさんあります。特に人間が生き延びる上でもっとも大切な水は、質の良い物を保管しておきたいところですよね。

今回はウォーターサーバーが災害時の備蓄水としても使える理由についてお話していきます。

 

大人一人で1日3Lの水が必要

国が定める基準では大人の場合、1日3Lの水が必要になるとされています。これは、成人が1日あたりに排出する水分量を目安に計算されたものです。

ご家族の場合は人数×3Lという量の水を確保する必要があるため、なかなか大変そうですね。しかし、ウォーターサーバーは注文時点で家族全体の消費量を計算して水を注文しています。まとまった量を確保するのに最適な方法のひとつであると言えるでしょう。

 

水の定期配送で常に新鮮な備蓄水を

ウォーターサーバーが備蓄水として使える大きな理由に、定期的にお水が配送されるので、常に新しい水を備蓄水として家に置ける点が挙げられると思います。災害が起きた際、飲料水の配給はありますが、被害の規模や交通状況によっては迅速に届けることが困難になります。

しかし、ウォーターサーバーは、今利用しているボトルの他にいくつか注文しておき、古いものから利用していくことで、配給が止まった時にも困りません。また、12Lなど大きめのボトルで届くため、保管しやすいという面もあります。これが例えば、500mlのペットボトルで12Lを用意すると、かなりの本数を用意しなければならず、とてもかさばって大変ですよね。

テレビなどでもよく言われていることですが、大規模災害の場合、被災地に給水車を派遣して水を行き渡らせるためにはおよそ3日という期間が必要になるそうです。ウォーターサーバーのお水の注文は、少し多めにして備蓄に回しておくと安心でしょう。

 

RO水は天然水よりも長持ち!

最近では、天然水とRO水を選択できるメーカーが徐々に増えてきています。二つの水はそれぞれ消費期限が異なり、天然水が約6カ月であるのに対しRO水はおよそ1年間持ちます。

その理由は水に含まれる不純物やミネラルの差。双方安全でおいしい水には変わりはないのですが、RO水は超微細なろ過フィルターを通していることから天然水よりも純水に近い状態であるため、長持ちするのです。

また、天然水の名水地というのは全国でも地域が限られてきますが、RO水は原水に水道水を利用しているメーカーも多く、全国に製造工場を所有している場合があります。天然水は、仮に採水地が被災してしまったとしたら水の供給がストップしてしまいますが、RO水ならそのような状況でも製造できるということが強みです。

 

停電時でも使える!

ウォーターサーバーは電化製品ですから停電してしまった場合は利用できないというイメージはありませんか?実は、最近のウォーターサーバーは進化していて停電時でも給水コックをひねれば水が出るものが多いです。

注意しないといけないのは、冷水や温水といった温度管理は電気によるものなので、出てくる水は常温であるということ。同時にサーバーに搭載されているクリーン機能なども停止するため、長期間の保存はできなくなります。ですが、災害時は発生から数日間といった直近の水分補給が重要になるため、これでも十分だと言えると思います。

もうひとつ注意点として、停電時にはウォーターサーバーの電源を切ってコンセントも抜いておきましょう。前述した通り、水自体は出ますがサーバーに付帯されている機能は利用できないため、電源を入れていても特に意味はありません。むしろ、そのまま電源を入れっぱなしにしておくと電気が復旧した際に大量の電流がウォーターサーバーに流れ込み、故障を誘発、火災の原因となってしまいます。こちらに関しては十分に気を付けてください。

 

ウォーターボックスなら直接水が使える!

ウォーターサーバーのお水はボトルに入っているものやパック式のものなど、さまざまタイプがあります。中でも災害時に適していると感じるのはウォーターボックスです。

ウォーターボックス自体に特別な仕掛けがあるわけではないのですが、メーカーによってはウォーターボックスに直接給水コックを取り付けることのできるタイプを用意しています。これがあれば場所も選ばず、いつでも好きな時に水を使うことができるので災害時には本当に重宝するでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか?今回はウォーターサーバーが災害時にどれほど活躍できるのかということを紹介してきました。ウォーターサーバーを導入している人、もしくは導入予定の方は万が一の事態に備えて水を多めに注文するなど、対策を講じてみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP