ワンウェイ?リターナブル?ウォーターサーバーの水ボトルの特徴と違い

ワンウェイ?リターナブル?ウォーターサーバーの水ボトルの特徴と違い

現在はウォーターサーバーのかたちも実にさまざまです。スタイリッシュなものから使いやすいタイプ、卓上タイプなど、バリエーションも豊かにそろっています。それに伴って、ウォーターサーバーの「ボトル」のかたちもいろいろと取りそろえられています。今回は、ウォーターサーバーで使われている水ボトルの形式について見ていきましょう。

 

ワンウェイボトルのメリットとデメリット

ワンウェイボトルのメリット

ウォーターサーバーの水ボトルの形式には、大きく分けて、「ワンウェイボトル」と「リターナブルボトル」があります。

ワンウェイボトルというのは、「手元にボトルが届き、それを使い終わったら、そのままゴミとして捨てられる」といった形式です。

このワンウェイボトルの1番大きなメリットは、「ボトルをとっておく必要がない」ということでしょう。リターナブルボトルの場合は回収を待たなければなりませんが、ワンウェイボトルの場合はペットボトルなどと同じように、使い切ったらそのまま捨てられるという便利さがあります。

また、「リターナブルって、つまりは再利用でしょう? 一度使ったことのあるものは、たとえきれいにされていたのだとしても、使いまわしのように思えてちょっと……」といった生理的嫌悪感も抱かなくて済みます。

 

ワンウェイボトルのデメリット

一方で、ワンウェイタイプにはデメリットもあります。

「自分でゴミを捨てなければいけない」ということで、消費量が多い家庭などの場合は、ゴミ捨ての手間がかかります。また、ウォーターサーバーの水のボトルは意外なほど大きいもの。処分が少し面倒に感じられることもあるでしょう。加えて、「ゴミが出る」ということで、環境負荷が大きいとする見方もあります。

ワンウェイタイプを採用しているウォーターサーバーのメーカーとしては、3種類の天然水から選べるコスモウォーター、富士山で育まれた「富士の奏」「富士の恵」の二つの水を撃ちだしている恵ウォーター、業界でもトップレベルの美しくスタイリッシュなウォーターサーバーを取り扱っているプレミアムウォーターなどがあります。

 

リターナブルタイプのメリットとデメリット

リターナブルボトルのメリット

上では「ワンウェイボトルの水のボトル」について取り上げましたが、ここからはリターナブルボトルのウォーターサーバーの水ボトルについて取り上げましょう。

リターナブルボトルの水のボトルというのは、再利用することを前提として開発されたものです。基本的にはポリエチレンテレフタレートといった素材が使われています。これは、私たちが買う飲料水のペットボトルとしても使用されている素材であり、非常に安全性の高いものです。

リターナブルボトルのボトルは、業者が回収します。この回収の方法にはいくつかの方法があります。業者によって多少の違いはあるかもしれませんが、基本的には、使い終わった水のボトルをウォーターサーバーから外し、次回の配送のタイミングで業者に渡します。

リターナブルボトルのメリットとしては、「自分でゴミを捨てる必要がない」という点が挙げられるでしょう。業者によって回収してもらえるため、かさばるゴミを自分で処理する必要がありません。これは非常に大きなメリットです。
また、ゴミが出ないシステムであるため、環境への負荷が少ないというメリットもあります。

 

リターナブルボトルのデメリット

デメリットとしては、「使いまわし」であるため、精神的な抵抗感が大きいという点が挙げられます。また、回収のタイミングまで水のボトルを保管しておかなければいけないため、スペースが圧迫されます。家が広い人の場合はあまり気にならないかと思いますが、部屋が狭い! と悩んでいるご家庭だと、意外なほど圧迫感が感じられることも……。

リターナブルボトルのウォーターサーバーとしては、ユーザーとのつながりを重要視するアクアセレクト、非常に知名度が高いウォーターサーバー会社であるアクアクララ、業界でも最安値の価格帯で水を提供するアルピナウォーターなどが挙げられます。

ちなみに、ここでは「ボトル」を紹介しましたが、一部のウォーターサーバー会社では、パックに入った水を提供しています。これは、フレシャスの「dewo(デュオ)」や「carrio(キャリオ)」などのごく一部の商品に限られていますし、容量はかなり小さいものです。タイプとしてはワンウェイタイプに分類されるものの、パックであるため処分がしやすく、ひとり暮らしの人でも使いやすい形式です。

 

おわりに

ワンウェイタイプにもリターナブルタイプにも、それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらが良い・悪いということはありませんから、ライフスタイルや考え方によって選び分けるとよいでしょう。

ゴミ出しが苦にならないのであればワンウェイタイプに、部屋に空のボトルを保管しておくことが平気ならばリターナブルタイプに……というような選び方でもいいかと思います。また、ひとり暮らしなら、扱いやすいパックタイプのものも選択肢に入れたいところですね。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP