ウォーターサーバーの音がうるさい!静かに使うコツは?

ウォーターサーバーの音がうるさい!静かに使うコツは?

ウォーターサーバーの利用者の中には、稼働音がうるさすぎてストレスに感じてしまっている方がいるようです。口コミサイトなどでこういった書き込みを見かけると、ウォーターサーバーが欲しくても導入を踏みとどまってしまいますよね。

そんな騒音の原因は、ウォーターサーバーの水を一定の温度に保つために稼働しているモーターや、その時に本体が振動してしまうことにあるようです。

しかし、使い方次第ではこの騒音を抑えることが可能だと言われているのを知っていますか?そこで今回は、ウォーターサーバーを静かに使うためのコツを三つご紹介します。購入を考えている方は1度目を通しておくと良いでしょう。

 

コツ1:ウォーターサーバーの下にマットやカーペットなどを敷く

実際の音はそこまで大きくなくても、床に直置きすることで本体の振動が床に響き、うるさく感じてしまう場合があります。ウォーターサーバーをフローリングに設置したい時は、直置きを避け、音を吸収する防音マットやカーペットなどを敷くと良いでしょう。

その際、ウォーターサーバーが斜めになって、一点に荷重が集中しないように注意してください。重さが偏っていると音が伝わりやすくなり、せっかく敷いたマットの効果も薄れてしまいます。音が分散しやすいよう、平らな面に設置しましょう。

とはいえ、防音マットは安いもので1000円、高い製品だと5,000~6000円程度するので、多かれ少なかれお金がかかってしまいますよね。そこで、「余計な出費はしたくない」という方におすすめなのが「アクアクララ」のウォーターサーバー。騒音を軽減するためのウォーターサーバートレーが標準装備されているので、わざわざ購入する手間がなく、余分な出費もしなくて済みますよ。

また、アクアクララは稼働中の音が気にならないことで人気があるメーカーの一つでもあります。「アクアアドバンス」と「アクアスリム」には、底面に防振ゴムを取り付けられる仕様になっているため、騒音が心配な方は念のために貼っておくと良いでしょう。

 

アクアクララの詳しい情報はこちらから↓
アクアクララの詳細ページへ

 

コツ2:ウォーターサーバーの周りに物を置かない

ウォーターサーバーの周りに物が隣接していたり、コンクリートやガラスなどの近くに設置していたりすると、稼働音が反響してうるさくなる場合があります。そのため、側面は家具から3cmほど、背面は放熱も考えて10~15cmほど離しておくと良いです。これは各製品の取扱説明書にも記載されていることなので、設置に関する注意事項をしっかりと読んでおきましょう。

 

コツ3:ワンウェイボトルのウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーのボトルには、回収方式の「リターナブルボトル」と、使い捨てができる「ワンウェイボトル」の2種類あります。そのうち、リターナブルボトルは、蛇口(コック)から水を出す時にボトル内へ空気を送り込むため「ゴボッゴボッ」という音がします。利用者の中には、この時の音が気になる方もいるようです。

この解決方法としては、空気が入りにくい仕様となっているワンウェイボトルの方を選択すると良いでしょう。ただし、ワンウェイボトルは使用後につぶしてゴミに出せるという特徴があるため、ボトルの構造によっては、水を使うたびにボトルが圧縮されて「ベコベコ」と音が出てしまうものも存在するようです。

 

おわりに

ウォーターサーバーを静かに使うには、「家具や壁からある程度離して設置する」「防音マットやカーペットを敷く」「ワンウェイボトルのウォーターサーバーを選ぶ」といったコツがあることがわかりましたね。今回ご紹介した方法を実践すれば、快適にウォーターサーバーを利用していけるはずです。

また、導入当初は聞き慣れない音に敏感になっていても、しばらく使っているうちに気にならなくなる方も多くいるようです。音に敏感な方は、静音性に特化しているアクアクララの製品を選択したり、無料お試しができるウォーターサーバーで実際の使い心地を体験してから契約したりすると良いかもしれません。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP