ウォーターサーバーの定額制を利用するメリット・デメリット

ウォーターサーバーの定額制を利用するメリット・デメリット

一般的にウォーターサーバーは、注文した水ボトルの本数分だけ料金が発生する「課金制」タイプがほとんどです。

しかし一方で、一定の月額料を支払いさえすれば、水が飲み放題になる「定額制」のウォーターサーバーもリリースされていることを知っていますか?使う環境や使い方次第で、課金制よりもお得に利用していけるかもしれません。
今回はそんな定額制のウォーターサーバーのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

定額制のウォーターサーバーって何?

>毎月決まった額のレンタル料をメーカーに支払うことで、水が飲み放題・使い放題になるのが「定額制」のウォーターサーバーです。

この料金プランを採用しているウォーターサーバーは、「自分で水道水を本体に注ぐタイプ」と「水道に直結させて自動的にウォーターサーバーに水が注がれるタイプ」の2種類あります。課金制と同じく、定額制のウォーターサーバーも温水・冷水をすぐに利用することが可能となっています。

定額制は水道水を原水としているので、水質を不安に思う方もいますよね。しかし、その心配は無用です。本体には、UV殺菌や熱殺菌、ろ過を行う機能が備わっているおかげで、水道水に含まれる有害物質を徹底的に除去することが可能となっているのです。水分補給だけでなく、普段の料理にも安心してお使いいただけるでしょう。

 

定額制を利用するメリット

定額制のメリットはなんといっても、安心・安全性の高い水を好きなだけ利用できることです。どれだけ水を使っても、かかる費用は毎月決まった額のウォーターサーバーレンタル料と水道水の料金のみ。

課金制ですと、注文した分だけボトルの料金を支払う必要があるため、普段から水をたくさん利用する方は、定額制のウォーターサーバーを利用した方がお得になります。

たとえば4人家族だと、ウォーターサーバーの1ヶ月の平均使用量は80L前後、12Lのボトルを6.5本注文する計算になります。ボトル1本分の費用が1,200円だとすると、7,000円は軽く超えてしまいます。

このほかに、ウォーターサーバーのレンタル料が加算される場合がほとんどですから、毎月かなりの額を支払うことになりますよね。

対して、定額制の月々のウォーターサーバー利用料は、大体3,000~4,000円程度。これに水道料金を追加したとしても、課金制の利用料を上回ることはないでしょう。

定額制は水道水から温水・冷水を作るので、水の注文をする手間や、ボトルの保管場所を気にかける必要が無いことも嬉しいポイントの1つですよ。

 

定額制を利用するデメリット

定額制のデメリットは、水の使用量が少ないと損をしてしまうことです。そのため、使う分だけ支払う課金制の料金システムの方が安く済むケースがあるのです。1人暮らしや夫婦だけなど、ウォーターサーバーを使う機会が少ない場合は、課金制が適しているかもしれません。

また、「ウォーターサーバーの水は料理には使わず、水分補給のみに利用したい」など、それほど多くの水を使わないと決めている方も、定額制よりも課金制を選択した方がウォーターサーバーにかかる費用を抑えられるでしょう。

 

おわりに

定額制のウォーターサーバーのメリット・デメリットについてご紹介しました。

定額制は、毎月決まった額のウォーターサーバーレンタル料をメーカーに支払うだけで、温水・冷水が使い放題というメリットがあります。家族の人数が多い家庭や、普段の料理にも安全な水を利用したいと考えている方は、使用量を気にせず使える定額制を選ぶと良いでしょう。

また、水道水に含まれる塩素やカルキといった有害物質は、本体にある殺菌システムやろ過装置によって取り除かれるため、安心してお使いいただけるのもポイントです。

しかし、水を使う機会が少ないと、かえって費用が高くなってしまうデメリットもあります。定額制のウォーターサーバーを契約する場合は、あらかじめ1ヶ月に使う大体の水量を把握したり、利用目的を決めたりして、課金制の料金と比較してみることがおすすめですよ。

診断コンテンツ
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP