アトピーに悩んでいる人が水道水の塩素に気をつけるべき理由

gf1940127261m-601x400

アトピーは「現代病」に含まれている疾患のひとつであり、日本でもアトピーに悩まされている患者は多くいます。アトピー患者に悪影響を与えるものとしては「ほこり」や「ダニ」などが挙げられますが、「水道水に含まれる塩素」も悪影響を与えると言われています。
ここでは、アトピー患者が水道水の塩素に気を付けるべき理由などについて紹介していきます。

塩素が身体に及ぼす悪影響

水道水に含まれている塩素には、「タンパク質を破壊する」という作用があります。この作用によって塩素は水に含まれる病原菌などを死滅させることができますが、私たちの身体のタンパク質も破壊してしまいます。飲むのはもちろんのこと、入浴などで水に含まれている塩素に触れるだけでも、タンパク質が破壊されてしまう可能性があります。
塩素が含まれた水を飲むと、その水は食道や胃、腸などの粘膜に触れることになるため、粘膜が壊されることによって体内のバリアー機能が低下をします。また、塩素が乳酸菌などの体内に必要な菌を死滅させてしまうこともあります。
粘膜が壊され、乳酸菌などが減少してしまうと人間は抵抗力が弱まり、ダニや有害な菌が体内に侵入しやすくなります。すると免疫細胞がこれらのものを排除するために活発に働き出し、それと同時に「ヒスタミン」と呼ばれる炎症物質が放出されます。このヒスタミンによって、アトピーの症状が悪化してしまうことがあるのです。

 

塩素を除去すると本当に改善される?

国内でアトピーの患者が増え始めたのは、1960年代の後半です。また、全国の水道水に塩素が投入され始めたのも同じ時期であることから、アトピーと塩素には因果関係があると考えている方が多く居ます。
塩素だけがアトピーの原因ではないとされていますが、実際に塩素を生活から除去することによって、アトピーの症状が改善されたという例もあります。そのため、医師がアトピーの患者に対して、「塩素を除去する治療法」を提案するようなケースもあります。
ただし、塩素を除去したからと言って確実にアトピーの症状が軽くなるというわけではありません。例えば「ストレス」や「睡眠不足」など、塩素以外のものがアトピーの原因である場合には、塩素を除去することが症状の改善につながらないこともあります。

 

どんな対策をするべきだろう?

塩素をできるだけ生活から切り離すためには、まず「飲み水」を変えることから始める必要があります。水道水を飲むと直接体内に塩素を取りいれることになりますし、その分塩素の影響を大きく受けることになります。
塩素が含まれていない飲み水としては、「天然水」や「ミネラルウォーター」などを挙げることができます。ただし、市販されている天然水やミネラルウォーターの中にも塩素が含まれている可能性はあるため、成分表示をきちんと確認することが大切です。また、天然水やミネラルウォーター自体が体質に合わないこともあるため、始めは少量ずつ使用して様子を見ることが大切です。
シャワーから出る水の塩素を除去したいのであれば、「専用のシャワーヘッド」を利用する方法が効率的です。市販されているシャワーヘッドの中には、塩素を排除できるタイプのものがあるため、そのような商品をチェックしてみましょう。
湯船の中の水に関しては、「ビタミンC」を入れることによって塩素を除去することができると言われています。また、「緑茶」や「炭」も塩素除去には効果があるとされています。

 

おわりに

ここまで、アトピーと塩素の関連性などについて紹介してきました。塩素を除去することによって確実に症状が軽くなるわけではありませんが、塩素除去を試せば改善される可能性はありますし、原因を特定することにもつながります。興味を持った方は、今回紹介した方法を参考にしながら塩素除去を試してみましょう。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP