おいしい水道水の基礎知識-トリハロメタンを除去する方法

method-for-removing-trihalomethane_01

トリハロメタンという言葉をご存じでしょうか?トリハロメタンというのは、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムという四つの成分の総称で、人体に影響を与えるといわれている物質です。

毎日体に取り込むものだからこそ、家族の安全のために知っておきたいトリハロメタン除去の知識をまとめました。

普通に飲んでいたのに……水道水の何が怖いの?

トリハロメタンは天然の湧水では検出されませんが、水道水からは検出されます。

水道の蛇口をひねったときに出てくる水は、浄水場で消毒されたものです。その消毒の際に塩素を使用します。塩素はプールの消毒などでも使用される身近な消毒物質です。人間が安全に飲むことができるようにと消毒をしたうえで水道水として浄水場から送り出しているのです。

ところが塩素での消毒では、水の中にある成分が塩素と化学反応を起こしてトリハロメタンを作りだしてしまうのです。毎日使う水にトリハロメタンが含まれていることが、何か問題になるのでしょうか?

実はこのトリハロメタンというのは、発ガン性物質なのです。大量に摂取することで、中枢機能や肝臓機能に障害を起こすことがあります。疲労や無気力集中力の低下、流産率のアップにつながるという説もあります。実はトリハロメタンというのは非常に怖いものなのです。

 

トリハロメタンを除去しよう〜沸騰による除去〜

「水道水は沸騰させて飲めば大丈夫」とよく言われています。ただしこれだけでは十分とは言えません。実はトリハロメタンは気温の上昇と共に量が増加します。沸騰状態が最も発生量が多いのです。

実際には10分以上沸騰を続けることでようやくトリハロメタンを取り除くことができます。

電気ポットを使用する場合は、まず1度電気ポットでお湯を沸かします。お湯が沸いたらポットは沸騰を停止させてしまうので、そのままあと2度ほど沸騰を繰り返しましょう。温度が高い場合にはスイッチが入らないタイプのポットなどもありますので、一度電源を切るなどして再度沸騰ボタンを押せるように工夫してください。

コンロを使用する場合は、まずお水を沸騰させます。お湯が沸いた時点でコンロの火を消してしまわずに、そのまま15分程度沸騰状態を続けましょう。そうすることによってトリハロメタンを除去することができます。

 

トリハロメタンを除去しよう〜活性炭による除去〜

活性炭には小さな隙間が無数に開いており、その中にトリハロメタンなどの有害物質を取り込む性質があります。そのため浄水にはよく活性炭が取り入れられるのです。

値段も安く比較的簡単に取り入れられるのが、ポット型の活性炭浄水器です。冷蔵庫に入れられるサイズのものが販売されています。水道水をそのポットに入れておくだけでトリハロメタンを除去することができます。ただし活性炭を通した水は消毒用の塩素まで奪われているので、早めに使い切るように心がけましょう。

他には蛇口型の活性炭浄水器でトリハロメタンを除去する方法があります。蛇口型浄水器は、一般の方でも簡単に取り付けられるものも多く販売されています。水道の蛇口に活性炭入りの浄水器を取り付けるだけで、蛇口をひねればトリハロメタンが除去された水が出てきます。

ただし活性炭の吸着量には限度があります。カートリッジの交換目安を参考に適切な時期にカートリッジを取り換えるようにしましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

トリハロメタンは水道水に含まれる有害物質ですが、除去することも可能です。

家族が毎日体の中に取り込むものだからこそ、水の安全にはこだわってみてください。

 

 

Pocket

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP