水道水とウォーターサーバーの水に含まれる成分の違い

水道水とウォーターサーバーの水に含まれる成分の違い

コンビニやスーパーで購入できるミネラルウォーター、水道水、そしてウォーターサーバーの水など、私達が普段飲む水は、さまざまな種類があります。

生きていく上で必要不可欠な水ですが、それぞれ含まれている成分に違いがあるのを知っていますか?水に関する話題は昔も今も日常的に取り上げられているため、念のため覚えておくと良いでしょう。

今回は、水道水とウォーターサーバーを取り上げ、それぞれどのような違いがあるのかをご紹介します。

 

水道水には塩素やトリハロメタンが混入している

水道水とウォーターサーバーの水のどちらにも共通して含まれている基本の成分には、「カルシウム」「ナトリウム」「カリウム」「マグネシウム」の4つがあります。これらに加え、水道水には「塩素」や「トリハロメタン」といったものも混入しています。

水道水の元となっている水は、主に湖や川から汲み上げたものです。採水直後の水にはゴミや雑菌が混じっているので、そのままの状態で飲むことはできませんよね。そのため、浄水場でろ過したり殺菌したりする工程が必要になります。その時、消毒用の薬剤として塩素が使われることにより、水道水には微量ながらその成分が溶け込んでしまっているのです。

そして、その塩素殺菌の途中で発生する物質がトリハロメタンです。水が汚染されていればいるほど多くの塩素が投入されるため、その分トリハロメタンの含有量も増えます。また、古い水道管を使用している場合には、鉛や銅などの金属類も混入していることもあるようです。

 

水道水をそのまま飲むのは危険?

塩素やトリハロメタンが溶け込んでいる水道水を口にすることで、健康に害が出ないか不安になりますよね。しかし、厚生労働省の水道法で厳しい水質基準が設けられていることや、水道局の徹底した水質検査や管理があるおかげで、水道水が人間の身体に悪影響を与える可能性は無いと言われています。

WHOが定めている飲料水水質ガイドラインによると、生涯にわたって飲用しても問題ない塩素濃度の値は5mg/Lと定められています。東京都水道局では、この塩素濃度を1mg/L以下に保てるよう管理しているので、水道水の安全性は常に保たれていると言えるわけです。

ただ、健康被害はありませんが、人によっては塩素臭が気になったり、水道水を飲んだ時にまずいと感じたりする場合があるようです。

参考:厚生労働省

 

ウォーターサーバーの水には有害物質が含まれていない

ウォーターサーバーの水も水道水と同じように、ろ過や殺菌の過程を経てからボドリングされます。しかし、ウォーターサーバーの水はもとからキレイな地下水を原水としているので、水道水のような過度な消毒処理は必要としない場合がほとんどです。

基本的には、加熱処理とろ過を繰り返し行うことで不純物は取り除かれます。そのため、塩素やトリハロメタンといった人体に有害な物質は一切含まれていません。

さらに、ウォーターサーバーのメーカーごとに、徹底した品質管理や検査を行っていることから、確実に安心できる水だと言えるでしょう。

たとえば、6年連続でお客様満足度1位を獲得している「クリクラ」も、安全へのこだわりに重点を置いているメーカーの1つです。

品質管理や検査を行う、業界最大規模の専門研究施設を設けており、そこでは原材料から製品になる工程の分析をして安全性の確保に努めています。

また、厚生労働省大臣承認の食品衛生管理方式「HASSP」の認証を業界で初めて取得したプラントにて、水のボトリングを行っています。これらにより、クリクラは水の安全性を保証しているのです。

 

 

ウォーターサーバーの水にはミネラルを豊富に含む「天然水」が多い

ウォーターサーバーに利用される水は、地下から汲み上げられた「天然水」がほとんど。この天然水には、地中にあるミネラル分が溶け出しているため、水道水よりもミネラルの含有量が比較的多くなっています。

カルシウムやマグネシウムといったミネラルは、身体に必要な栄養素であり、便秘解消や脂肪燃焼をサポートするといったさまざまな効果があります。最近では健康維持や美容効果を期待して、自宅にウォーターサーバーを導入し、ミネラルを多く含んだ天然水を日常的に摂取する方が増えているようです。

 

ミネラル分やそのほかの不純物を取り除いたRO水も

ウォーターサーバーの水は、天然水のほかに、「RO水」と呼ばれるものも存在します。RO水とは、採水した水をRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる超微細孔のフィルターに通して製造されたものです。このRO膜は、一般的な浄水器ではろ過できない微小物質を徹底的に除去することが可能。不純物が一切混入されていない極めて安全な水です。

ただし、RO膜は水に含まれるミネラルも一緒に除去されてしまうため、水本来のうまみが失われてしまいます。なので、メーカーによっては人工的にミネラル分を投入し、人々の口に合いやすいよう調節しているところもあるようです。

 

おわりに

私たちが普段使用している水道水には、ごく僅かに塩素やトリハロメタンなどの成分が混入されており、ウォーターサーバーの水には、そのような有害物質は含まれていないといったことがわかりましたね。

水道水は、水道法によって定められた厳しい水質基準をクリアした上で各家庭に届けられているため、人体への影響は心配しなくても良いと言われています。

とはいっても、体内に取り込むのを不安に感じた方もいますよね。安全性を考慮した水を飲みたい方は、塩素やそのほかの不純物を含まないウォーターサーバーの導入をぜひ検討してみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP