乾燥の季節!加湿器にはどんな水を使ったらいい?

乾燥の季節!加湿器にはどんな水を使ったらいい?

寒い季節は空気中の湿度が下がるので、部屋の中は乾燥しがちに。さらに、エアコンやストーブといった暖房器具を使うと、ますます湿度が低下して、乾燥に拍車がかる一方です。そんな部屋の乾燥を改善するために、加湿器を利用されている方は多いと思います。

そこで気になるのが、加湿器に入れるお水について。水道水でもミネラルウォーターでも、お水であればどのようなタイプでも関係なく使用できるのでしょうか?今回はそんな疑問を解決するために、加湿器にはどんなお水が適しているのかを解説していきます。

 

加湿器には水道水を使いましょう

結論から言うと、加湿器に適しているのは「水道水」です。なぜかというと、水道水は塩素で殺菌処理がされているため、加湿器のタンク内で雑菌が繁殖しにくいからです。

実際に、加湿器や空気清浄機といった製品を取り扱っているシャープやダイニチ工業株式会社からも、水道水を使うことが推奨されています。また、アロマオイル、香水・薬草・アルコール・薬・お茶といったものをお水に混ぜると機器が故障する恐れがあるため、絶対にやめましょう。

参考:http://cs.sharp.co.jp/

参考:http://www.dainichi-net.co.jp

 

水道水以外のお水を使うとどうなる?

水道水以外といいますと、ミネラルウォーターや、浄水器を通したお水、などが挙げられますね。これらのお水が水道水と大きく異なる点は、塩素が含まれていないということ。

ミネラルウォーターの場合、採水後にろ過や雑菌処理によって塩素などの不純物が取り除かれていますし、浄水器を通すことでも塩素は除去されます。

このような塩素を含まないお水を加湿器に利用すると、水道水よりもタンク内にカビを生えやすくしたり、イヤな臭いを発生させやすくなったりしてしまいます。さらに、加湿フィルターの寿命を縮めてしまうことにもつながるそうです。

不純物が混入していないお水のほうが加湿器から出る蒸気もキレイだと思われがちですが、塩素殺菌された水道水のほうが衛生的に良いことがわかりますね。日常生活の中で、ミネラルウォーターや浄水器のお水を使用している方は、加湿器にそういったお水を使わないように注意しましょう。

そのほかにも、アルカリイオン水や井戸水も雑菌が繁殖しやすい傾向にあるため、使用は避けてください。

 

加湿器のお水は毎日取り換えることが大切

加湿器には水道水が適していると言いましたが、いくら塩素で殺菌されていても時間が経過するとお水の中にカビなどの雑菌が混入し、繁殖を始めてしまいます。

すると、徐々に加湿フィルターにぬめりが出てきたり、黒ずんだりしてくることがあるようです。さらに、加湿器を稼働した際、タンク内で繁殖した雑菌がそのまま、空気中に拡散されてしまう可能性も。

なので、タンクのお水はできるだけ毎日取り換えることが大切です。また、加湿器本体のお手入れもかかさずに。加湿器を長く快適に使用していくために、常に清潔な状態を保っておくことを心がけましょう。

 

おわりに

いかがでしょうか。空気が乾燥した季節には無くてはならない加湿器。風邪予防や肌の乾燥を防ぐなど、いろいろな役割があるので、ぜひ活用したいところです。

そんな加湿器には、ミネラルウォーターや浄水器のお水よりも、水道水を使ったほうがいいことがわかりました。ろ過や雑菌処理を行って塩素が除去されたお水では、タンク内に雑菌を繁殖させやすくしたり、悪臭を発生させたりしてしまいます。加湿フィルターやタンク内のカビやぬめりの原因にもなりますから、加湿器には必ず水道水を利用しましょう。

また、雑菌がわきにくいとはいえ、時間がたつと水道水に含まれる塩素は徐々に抜けていってしまいます。加湿器を衛生的に使っていくために、タンク内のお水は毎日交換する、本体のお手入れもこまめに行いましょう。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP