ウォーターサーバー月額費用料金シュミレータの使い方

当サイトにある料金シミュレータの使い方をご説明いたします。

ご家族の人数や、用途、選ぶサーバーによって、一ヶ月にかかる費用は大きく変わってきます。ウォーターサーバーをご検討中の皆さまにとって、お水のおいしさはもちろんですが、月額費用も気になるところですよね。そこで、この料金シミュレータを使い、どのくらいの費用がかかるかを計算しておきましょう。

簡単便利な料金シミュレータの使い方

料金シュミレータ1

1.当サイトのTOPページを少しスクロールすると、料金シミュレータがあります。

 

料金シュミレータ2

2.赤枠で囲ったバナーが料金シミュレータです。このバナーをクリックして進みます。

 

料金シュミレータ3

3.料金シミュレータに進むと、利用人数や用途を入力する画面が表示されます。

 

料金シュミレータ4

4.自分の家族の人数を選択します。
おとなとこどもは各10人まで選択できますので、大家族でも安心です。

 

料金シュミレータ5

5.次に用途を選びます。
「飲料」「赤ちゃん用ミルク」「水・お湯割り」「ペット飲料」「炊飯」の5項目に分けられています。この中で、一番ウォーターサーバーを活用するという用途を選択します。

 

料金シュミレータ6

6.最後にメーカーを選びます。
メーカーは当サイトでご紹介しているウォーターサーバーの会社がすべて含まれています。
いろいろあって悩んでしまうかと思いますが、シミュレーション結果の画面で何回でも変更が可能なので、深く悩むことなく好きなものを選びましょう。

 

料金シュミレータ7

7.すべて選択し終わったら、「シミュレーションする」をクリックします。

 

料金シュミレータ8

8.すると、計算結果が表示されます。
この画面でも先ほど選択した項目を変更することが出来ます。
ひと月の利用目安は自分で変更することも可能ですが、人数を増やせば自動で本数が変更されます。また、メーカーによって、ウォーターボトル1つの容量が変更されるので、利用量と合わせて確認しておきましょう。
この画面では、メーカーの販売しているウォーターサーバーが最大3種類表示されるため、同じメーカーのウォーターサーバー同士を比較することが出来ます。
それぞれの月額利用料の下には電気代を含む料金も表示されますので、そちらも合わせてご参考にしましょう。

 

料金シュミレータ9

9.また、さらに下にスクロールすると、1日あたりの料金と水の種類ごとの料金が確認できます。

水の種類の横にある「情報」で、水の特徴も確認できるので、自分の好みの水と料金で比較することも可能です。
そしてさらに詳しいメーカー情報を知りたい場合は、「詳細と口コミはこちら」で商品詳細を見ることもできます。
購入したいウォーターサーバーが決まったら、「公式サイトはこちら」よりお申し込みへ進みましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP