TOP > ランキング > 電気代が安いおすすめのウォーターサーバー

電気代が安いウォーターサーバーランキング

電気代を節約したい...!

電気代が安いウォーターサーバー

電気代が安いウォーターサーバーランキング

いつでも冷水と温水が使える便利な機能がある反面、電気代が高いのではというイメージを持つ方も少なくありません。しかし、最近のウォーターサーバーには省エネ機能が搭載されているものも多く、使用しない時間帯は節電モードに切り替えることで、電気代を抑えることが可能です。

中でも人気のウォーターサーバー「FRECIOUS dewo」は、月々の電気代が330円~。家計への負担を最低限に、無理なくウォーターサーバーライフを送れるはずです!

ここでは、そんな省エネ機能が搭載されたウォーターサーバーのランキングをご紹介いたします。

総合評価:wp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings image
2.60

クチコミ125

フレシャス
水の価格
(500ml換算)
天然水 79円~
サーバーレンタル料0円~
月額費用※4,542円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

新規お申し込み特典

特典対象のウォーターサーバーをお申し込みの方全員に、初回の水1箱を無料0円でプレゼント!さらに抽選で100名様に、Amazonギフト券3,000円分をプレゼント!

期間2020年8月10日まで

総合評価:wp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings image
2.80

クチコミ258

アクアクララ
水の価格
(500ml換算)
RO水 50円~
サーバーレンタル料1,000円~
月額費用※4,100円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

新規お申し込み特典

特典新規お申込みでご入会月あんしんサポート料無料+当サイト限定12Lボトル4本(4,800円分)無料のボトルチケットをプレゼント!さらに、ウォーターボトル1本分の価格で、3本お届けいたします!
また、新規お申し込みいただいた方全員に、「レコルト エアーオーブン」もしくは「ソーダストリーム ジェネシスv2」のどちらかを必ずプレゼント!

期間2020年9月30日まで

総合評価:wp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings image
1.60

クチコミ24

シンプルウォーター(天然水)
水の価格
(500ml換算)
天然水 60円
サーバーレンタル料0円
月額費用※3,240円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

新規お申し込み特典

特典期間中のお申込みでウォーターサーバー10,780円相当(税込)を無料プレゼント!

期間2020年11月30日まで

総合評価:wp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings image
4.20

クチコミ228

コスモウォーター
水の価格
(500ml換算)
天然水 79円
サーバーレンタル料0円
月額費用※4,274円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

新規お申し込み特典

特典新規ご契約の方に「KINTO タンブラー2色セット」を抽選でプレゼント!また、クレジット決済をご利用された方には、抽選で「KINTO プレイタンブラー」が当たるWチャンス特典がついてきます。

期間2020年8月31日まで

総合評価:wp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings image
4.40

クチコミ94

プレミアムウォーター
水の価格
(500ml換算)
天然水 76円~
サーバーレンタル料0円~
月額費用※4,180円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

新規お申し込み特典

特典当サイト限定!新規お申込みの方に3,000円分のQUOカードをプレゼント!

期間2020年8月31日まで

総合評価:wp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings imagewp-postratings image
3.20

クチコミ76

アルピナウォーター
水の価格
(500ml換算)
RO水 43円~
サーバーレンタル料572円~
月額費用※3,516円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

新規お申し込み特典

特典スタート0円キャンペーン実施中!新規お申し込みで初回お届けボトル&開始月のサーバーレンタル料無料!さらに、「エコバッグ」をプレゼント!また、他社からのお乗り換えで現金5,000円をプレゼント!さらに当サイト限定で2回目の注文時のボトル2本が無料!当サイト限定キャンペーンにお申し込みされる方は、公式サイトのお申し込みフォームの連絡欄に「TCP001」と記載ください。記載されていない場合、限定キャンペーン対象外となってしまいますのでご了承ください。2回目のお届け本数は、ご利用のボトル、お住まいの地域により異なります。ボトル種別にかかわらず2本分が無料となり、それ以外のボトルは有料となります。

期間2020年9月30日まで

 

 

どれがお得?ウォーターサーバー・電気ケトル・ポットの電気代とメリット・デメリット

どれがお得?ウォーターサーバー・電気ケトル・ポットの電気代とメリット・デメリット

赤ちゃんのミルク作りやコーヒー、紅茶を入れる時に欠かせないお湯。普段のお料理にも使用する頻度は多いですよね。となれば沸かす時の費用が気になる方もいらっしゃるでしょう。

やかんやお鍋を利用するのも一つの手ですが、今回は「電気ケトル」「電気ポット」そして今はやりの「ウォーターサーバー」でお湯を使う時の電気代に着目しました。それぞれのメリットとデメリットも一緒にご紹介するので、どれが一番お得なのか見ていきましょう。

 

電気ケトルの電気代

電気ケトル

電気ケトルの消費電力は、大体1250Wのものが多くみられます。この場合、1Lを沸かすのにかかる時間は約5~6分。そして電気代は1回につき4円前後となります。数百円どころか、数十円にも満たないので、電気代はかなり抑えられるでしょう。1日に5回ほど利用したとしても、1カ月600円程度なのは助かりますね。

 

メリット:すぐにお湯を沸かせられる

電源につなぐだけで簡単にお湯を沸かせられるので、近頃では電気ケトルを利用する方が増えているようです。

また本体は小型で軽量なものが多いため、簡単に持ち運びができるのもメリット。自室に置いておけば、少し一息吐きたい時にコーヒーや紅茶が手軽に入れられて便利ですね。

 

デメリット:沸かしたお湯を長時間保温しておけない

電気ケトルは電気ポットやウォーターサーバーのように、お湯を長時間保温しておけない点がデメリットです。中には保温機能に優れた製品もありますが、時間がたつとどうしても沸かしたてよりも温度は下がってしまいます。

1日のうちでお湯を使う回数が多い方にとっては、沸かしなおすのが面倒に感じてしまうかもしれません。

 

電気ポットの電気代

電気ポット

電気ポットの消費電力は電気ケトルとさほど変わりありません。しかし一度沸かしたお湯を保温しておきたいとなると、その間ずっと電源を入れたままにする必要があり、その分電気の使用量がかさんできます。

たとえば2Lの製品の場合、1日およそ26円の電気代がかかります。1カ月にすると単純計算で780円ですが、日によって使わないこともあるかもしれません。そのため電気ポットの電気代は1カ月600~800円程度と考えてよいでしょう。

 

メリット:保温機能のおかげでいつでも温水を使用できる

電源さえ入っていれば、お湯の温度を常に一定に保っておけるのが、電気ポットの利点です。それに加え、お好みの温度で保温できる「温度調節機能」が付いていたり、「魔法瓶機能」によって保温時の消費電力を抑えられたりする製品も数多く登場しているのがうれしいところ。

お湯を使う回数が多い方は、4Lや5Lなど大容量の電気ポットを購入することで、お水を頻繁に継ぎ足す必要がなくなって楽になるでしょう。

 

デメリット:電気ケトルよりも電気代がかかる

同じ家電製品の電気ケトルと比べると、やはり1カ月にかかる電気代は少々高いのが目につきます。余計な電気代を発生させないために、長時間お湯を使わない時は電源を切るといった配慮をする必要があります。

 

ウォーターサーバーの電気代

水

ウォーターサーバーの電気代は、メーカーによりますが月々500~1000円程度と言われています。1カ月1000円ともなると少し高いと感じてしまう方もいらっしゃいますよね。

しかし最近では消費電力をおさえられる「エコ機能」付きのサーバーが数多くリリースされています。出掛けている間や就寝時といったサーバーを利用しない時間帯にエコ機能を作動させることで、330~400円くらいまで電気代を安くすることが可能だそうです。

 

メリット:常時温水・冷水を使用できる

ウォーターサーバーのメリットはなんといっても温水・冷水を常時使用できるところにあります。しかもボトル1本の容量は、電気ケトルや電気ポットの何倍にもあたるので、頻繁にお水を継ぎ足して沸かす手間がありません。

ちなみにウォーターサーバーのお水はどれも激選された採水地からくみ上げた、質のよいものばかりですから、品質や安全性は十分保証されています。普段水道水をそのまま飲むことに抵抗を感じていた方にも、ウォーターサーバーはオススメですよ。

 

デメリット:電気代以外にもレンタル料などの費用がかかる

便利なウォーターサーバーですが、維持するためにはサーバーレンタル量やお水の料金といった電気代以外の費用がかかってきます。またレンタル料は無料でも、その分お水の購入ノルマがあるメーカーも存在します。ウォーターサーバーを導入する場合は、総コストをしっかりと確認しておくことが大切です。

   

お好みのウォーターサーバーが見つからなかった方は検索!

プライバシーマーク
検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP