比較ポイントはここ!ウォーターサーバーのコストをおさらい

比較ポイントはここ!ウォーターサーバーのコストをおさらい

おいしい水が自宅で気軽に飲めるという事でますます人気になっているウォーターサーバー。最近では、災害など緊急時にも役立つシステムということでも注目を集めています。今回はウォーターサーバーを導入するにあたってどんなコストがかかるのか、また比較すべきポイントはどこなのかということについてお話ししたいと思います。

 

ウォーターサーバーにかかる諸経費

比較をする前にそもそもウォーターサーバーにはどのようなコストがかかってくるのかということをおさらいしておきましょう。

 

お水代

ウォーターサーバーでは、注文するボトルの数で月々の料金が決まってきます。使用した分だけコストがかかるという仕組みなのでわかりやすいですよね。

現在はボトル1本12Lというのが主流で、ほとんどのメーカーでもメイン商品は12Lのものが多いです。価格は天然水なら1Lおよそ120~130円、RO水なら1L100円くらいというところでしょうか。最近では女性やシニア世代の方でも利用しやすいよう、小分けにした8Lボトルなんかも人気になっています。

ポイントは、1Lあたりまたは500mlあたりなど細かく計算してみることです。そうすることで、よりお得に利用できるウォーターサーバーを探すことができます。

 

お水の料金比較はこちらをご覧ください!
水の価格で比較する

 

サーバーレンタル代

ウォーターサーバーは、メーカーからサーバー本体をレンタルし家庭で利用するという方式になっています。メーカーによっては、買い取りのウォーターサーバーを提供しているところもあったりするのでこの限りではありませんが、ほとんどのウォーターサーバーはレンタル方式が主流です。

サーバーのレンタル費用に関しては、無料で提供しているメーカーも増えてきています。料金がかかるところでは、毎月500円~1000円ほどが相場ですので、こちらもよく確認してみてください。

 

サーバーの比較はこちらをご覧ください!
サーバーで比較する

 

配送費用

ウォーターサーバーサービスは、ボトルを定期的に自宅まで届けてくれます。たいてい配送間隔も自分で選択できる場合が多いので、ますます便利になってきています。ボトルの配送費用に関しては無料のメーカーも多いようですが、一部配送地域は送料がかかるところもあるため要確認です。

 

電気代

ウォーターサーバーは、いつでも冷水と温水を使い分けられるというところに大きな魅力があります。よって、電源は常に入れている状態にしておかなくてはなりません。平均で毎月800円~1000円くらいの電気代がかかります。

しかし、最近では省エネモードを搭載している次世代型ウォーターサーバーも登場してきていて、350円や400円といった激安の電気代を誇っているメーカーもあります。電気代は、ウォーターサーバーのコストの中でも大きな部分を占める項目なので、しっかり計算に入れてください。

 

電気代の比較はこちらをご覧ください!
サーバーで比較する

 

メンテナンス費用

ウォーターサーバーは家電製品であり、常に水を扱っている機械です。衛生的に利用するためにも定期的なメンテナンスは欠かせません。

このメンテナンス費用に関しては、メーカーによってさまざまなサービスの形があります。代表的なのは、通常時のサーバーレンタル代は無料で、年に1回のメンテナンス費用が5000円というメーカーと、毎月のサーバーレンタル費用はかかるがメンテナンスは無償で提供というメーカーで分かれるパターンです。この辺りは他のコスト、例えばお水代も含めて細かく計算しないとメーカー別にどこがお得であるかというのを導き出すのが難しいでしょう。

中には高性能の自動メンテナンス機能を兼ね備えたウォーターサーバーもあり、原則メンテナンスは不要としているメーカーもあります。

 

注意点まとめ

ウォーターサーバーにかかる費用は、おおむね先述した5項目が中心になるでしょう。問題はウォーターサーバーを選ぶ際に、どんな点に注意して比較したらよいのかというところですよね。

 

毎月どのくらいの水を使うのかを把握する

家族で使うのか、ひとり暮らしで利用するのか、はたまた飲み水だけで使うのか、料理にも使用するのかなど、各家庭によって水の使用量はまちまちです。

毎月どのくらいの水を使うのかを把握することというのはとても大切なポイントで、例えば気に入ったウォーターサーバーを見つけた時にサーバーレンタル代や電気代が高かったとします。ですが、あまりお水代がかからない人であれば、お水代を抑える代わりにそのような維持費に費用を割くという考え方もできますよね。その逆でお子さんが多いご家族であれば水の消費量も多くなりますから、とにかく水のお値段が安いところを選ぶということを考えるべきだと思います。

近頃はお水代初月無料というメーカーも多くなっているため、まずはどのくらい必要になるのかをそこで見極めるというのも良いかもしれません。

 

全てのコストを計算して月額費用を割り出す

先述したウォーターサーバーにかかる5項目のコストを計算して、総合的にどのくらいの費用がかかるのかという「月額費用」を導き出すのも大切です。各メーカーで、最低の注文本数も違えば、電気代、サーバーレンタル代など常にかかるランニングコストにも幅があります。気になるウォーターサーバーが見つかったら、いったん月額費用を調べてみるとよりどこがお得なのかということが明確になるでしょう。

ちなみに、料金がどこも似たようなものだったとしたら各メーカーが提示しているキャンペーン情報に注目してみてください。中には「ボトル4本プレゼント!」、「キャッシュバックキャンペーン実施中」というサービスを展開しているところもあります。迷ったら最後の決め手にするのもありだと思います。

 

月額費用の比較はこちらをご覧ください!
基本項目で比較する

キャンペーン情報はこちらをご覧ください!
キャンペーンで比較する

 

おわりに

いかがでしたか?今回はウォーターサーバーにかかるコストに付いて書いてみました。今はたくさんのウォーターサーバーが出ているため比較するのは大変ですが、ここだけは外せないというポイントを持って比べてみてください。

 

 

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP